« アクセスカウンター12万突破に感謝。 | トップページ | 備忘録。東シティモールのサンタクルス事件。 »

2010/11/23

高野秀行「腰痛探検家」感想。
エッセイ。2010年11月23日読了。

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。


腰痛探検家


本書は高野秀行が腰痛と闘う物語である。

出たばっかりの新刊本(文庫オリジナル)だから細かな感想は差し控えるが、本に挟み込まれている「集英社新刊案内」に高野秀行(と角幡唯介)の顔写真が載っているくらいなので、今月の集英社一押しの本なのかも知れない。と書いておこう。


本書の感想とは別で、腰痛歴15年の私から著者高野秀行に一言申し上げたい。

「歳取ったら病気は治りにくくなるんだよ」


7点/10点満点


|

« アクセスカウンター12万突破に感謝。 | トップページ | 備忘録。東シティモールのサンタクルス事件。 »

△高野秀行」カテゴリの記事

◇エッセイ・紀行文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43036/50113195

この記事へのトラックバック一覧です: 高野秀行「腰痛探検家」感想。
エッセイ。2010年11月23日読了。
:

« アクセスカウンター12万突破に感謝。 | トップページ | 備忘録。東シティモールのサンタクルス事件。 »