« 大津司郎「アフリカン・ブラッド・レアメタル」感想。
ルワンダルポ。2010年11月19日読了。
| トップページ | 富坂聰「中国官僚覆面座談会」感想。
中国ルポ。2010年11月20日読了。 »

2010/11/19

ルワンダ・ブルンジ・コンゴ(旧ザイール)のまとめ。

「アフリカンブラッドレアメタル」を読み、気になったのでまとめる。
片山正人「現代アフリカクーデター全史」も参照。


ルワンダは北(地図上の上)にウガンダ、西(左)にザイールコンゴ、南(下)にブルンジ、東(右)にタンザニアと、四方を他国に囲まれた内陸国家である。


大きな地図で見る

△フツ族=農耕民族。ルワンダの多数派(人口の84%)。ブルンジの多数派(85%)。
△ツチ族=遊牧民族。ルワンダの少数派(人口の15%)。ブルンジの少数派(14%)。

◆ルワンダ
 15~16世紀頃にはツチ族が支配するルワンダ王国が成立していた。1884年ドイツ侵攻、支配下。以降第一次世界対戦終了までドイツ領。戦後ベルギー委任統治領。第二次世界大戦後ベルギー信託統治領。1962年、共和国として独立。2009年英国連邦に加盟。

◆ブルンジ
 15~16世紀頃にはツチ族が支配するブルンジ王国が成立していた。1884年ドイツ侵攻、支配下。以降第一次世界大戦終了までドイツ領。戦後ベルギー委任統治領。第二次世界大戦後ベルギー信託統治領。1962年、王国として独立。

◆ウガンダ
 イギリス、ドイツ、フランスの権益争いの後、1890年にイギリス勢力圏。1962年英国連邦の一員として独立。

◆コンゴ民主共和国(ザイールコンゴ・キンシャサコンゴとも言われる)
 1885年、ベルギー国王が私有地化。1908年ベルギー政府に委譲され、ベルギー植民地。1960年独立。

◆タンザニア
 大陸側はドイツ領、ザンジバル島はイギリス領。第一次世界大戦後、大陸側もイギリス領。1961年大陸側独立、1963年ザンジバル独立、1964年現在のタンザニア成立。


ベルギーはフランス語で統治(ベルギーの公用語は、南部はフランス語+一部ドイツ語、北部はオランダ語)。

「アフリカン・ブラッド・レアメタル」に書かれていた内容を中心に、ルワンダおよびザイールコンゴの簡単な歴史。補足として「現代アフリカ・クーデター全史」

・ベルギー支配下時代はツチ族が支配側(ベルギーの傀儡)
・1959年、フツ族反乱の兆しに、ベルギーはツチ族を見捨てフツ族を大統領に据える
・ツチ族に難民発生、ウガンダ(やコンゴ)に逃げる
・1987年、ウガンダに逃げたツチ族難民がRPF(ルワンダ愛国戦線)結成
・RPFは何度となくルワンダ(フツ族政権)に対し攻撃を仕掛ける(内戦状態)
・1993年、ルワンダ政府とRPFで停戦合意
・1994年4月、ルワンダ大統領とブルンジ大統領(共にフツ族)の乗った飛行機が撃墜される
・ツチ族のクーデターだ、ツチ族を皆殺しにしろ、とフツ族の大虐殺が始まる
・フツ族によるツチ族大虐殺の真っ最中、RPFはルワンダの首都キガリに侵攻、首都陥落、フツ族政権は壊走
・1994年7月、RPF(ツチ族)が新政府樹立、フツ族(虐殺してた方)はコンゴのゴマ(自衛隊が人道支援に行った先)に逃げ込み難民キャンプを作る
・ゴマに逃げ込んだフツ族(旧ルワンダ政権)は、フツ族難民を兵士に仕立て上げ、ルワンダ奪還のため首都キガリへ攻め込もうとする。
・RPF(ルワンダ政権)は、利害の一致したウガンダ軍、ADFL(コンゴ・ザイール解放民主勢力連合)と共同戦線を張り、コンゴにいるフツ族旧政権勢力(虐殺を指示した過激派)殲滅作戦を開始。難民キャンプを襲撃
・フツ族旧政権勢力は、難民共々壊走(難民キャンプを追い出された)。兵士と難民はコンゴのジャングルの中をさまよい続ける。
・1997年、ADFLはコンゴの独裁大統領モブツを倒すべくキンシャサに侵攻、コンゴ政権奪取。ほどなくADFLは、RPFおよびウガンダ軍をコンゴから追い出す
・1998年、RPFとウガンダ軍は、反ADFL組織のRCD(コンゴ民主連合)を支援しコンゴに侵攻、鉱山の要衝や主要な町を攻め落とす。
・対するADFLは、ジンバブウェ、アンゴラ、ナミビアを味方に付け、コンゴ政権(ADFL+ジンバブウェアンゴラナミビア)対反政府勢力(RCD+ルワンダウガンダ)の第二次コンゴ戦争の始まり
・1999年、停戦合意。300万人が犠牲になった(注:犠牲者数は諸説ある)
・2000年、コンゴで散り散りになったツチ族フツ族が再びまとまりFDLR(ルワンダ民主解放軍)結成、コンゴの武装グループマイマイ(MaiMai)と共闘しルワンダ侵攻を画策
・2001年、ADFL創設者が暗殺され、その息子がコンゴ大統領に就任
・2003年、コンゴ暫定政府発足(ADFL)
・2004年、元ADFLの将校(コンゴに住むツチ族)がコンゴ政府を襲撃、新たなツチ族対フツ族の図式が生まれる(ADFLはルワンダ政府=RPFと仲違いした時点で反ツチ族)
・2006年、先の将校が反コンゴ政府組織CNDP(人民防衛国民会議)を結成し、 CNDP 対 FDLR+コンゴ政府(ADFL)+反ツチ族コンゴ武装勢力 という対立の構図が出来る。コンゴにて選挙実施、息子大統領に再選。
・2008年、FDLRがルワンダ侵攻、失敗。30万人以上が住処を奪われた


ふう。

|

« 大津司郎「アフリカン・ブラッド・レアメタル」感想。
ルワンダルポ。2010年11月19日読了。
| トップページ | 富坂聰「中国官僚覆面座談会」感想。
中国ルポ。2010年11月20日読了。 »

■アフリカ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43036/49876062

この記事へのトラックバック一覧です: ルワンダ・ブルンジ・コンゴ(旧ザイール)のまとめ。:

« 大津司郎「アフリカン・ブラッド・レアメタル」感想。
ルワンダルポ。2010年11月19日読了。
| トップページ | 富坂聰「中国官僚覆面座談会」感想。
中国ルポ。2010年11月20日読了。 »