« 米川正子「世界最悪の紛争「コンゴ」」感想。
コンゴ分析。2011年12月12日読了。
| トップページ | 村上龍「半島を出よ(上)」感想。
架空戦記。2011年12月19日読了。 »

2011/12/23

下川裕治+桃井和馬「世界一周ビンボー大旅行」感想。
エッセイ。2011年12月14日読了。

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。

世界一周ビンボ-大旅行


下川裕治と桃井和馬がタッグを組んで書いた「12万円で世界を歩く」。この本は1988年に雑誌連載されていた。1988年というのはベルリンの壁崩壊前(1989年)であり、ソ連崩壊前(1991年)である。

この本では、当時12万円で行った幾つもの貧乏旅行ルートがあり、その中に世界一周が含まれている。

北京発ベルリン行き列車に乗り、28日で世界一周を果たす旅である。神戸から船で上海→北京→ウランバートル→イルクーツク→モスクワ→ワルシャワ→東ベルリン→西ベルリン→アムステルダム→ブリュッセル→パリ→ロンドン→飛行機でニューヨーク→バスでロサンゼルス→飛行機で東京。というルート。(このルートのみ12万円では収まらず、29万円かかったらしい)


本書はその「12万円で世界を歩く」の続編で、上記した北京発ベルリン行き列車での世界一周を1997年に再チャレンジしたものである。(NHK-BS番組の企画で同じルートで再び旅をすることになったのだとか)

冷戦終結前の中国・ロシア・ポーランド・東ドイツを旅した前回と、ベルリンの壁がなくなり東西ドイツが併合し、東側諸国はなくなり、ソ連も崩壊し、中国は驚くべき発展を遂げていた今回。

1988年の世界一周では国境通過でさんざんな目にあったのに、今回は拍子抜けするくらい簡単になっていたり、上海の街並みは昔の面影がなくなっていたり、たった9年で世界はこんなにも変わってしまうのか、という著者下川裕治の驚きが興味深く語られている。


1998年に出版された本なので、今(2011年)読むと、「今は更にとんでもないことになっているからなー」などと思ってしまう部分も多々あるが、ソ連崩壊前と後を同じ鉄道中心のルートで旅をし、前後を比較しているところに味わい深さがある。

や、なかなかに面白く読めましたですよ。


7点/10点満点


|

« 米川正子「世界最悪の紛争「コンゴ」」感想。
コンゴ分析。2011年12月12日読了。
| トップページ | 村上龍「半島を出よ(上)」感想。
架空戦記。2011年12月19日読了。 »

△下川裕治」カテゴリの記事

◇エッセイ・紀行文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43036/53551618

この記事へのトラックバック一覧です: 下川裕治+桃井和馬「世界一周ビンボー大旅行」感想。
エッセイ。2011年12月14日読了。
:

« 米川正子「世界最悪の紛争「コンゴ」」感想。
コンゴ分析。2011年12月12日読了。
| トップページ | 村上龍「半島を出よ(上)」感想。
架空戦記。2011年12月19日読了。 »