« Hiroyuki Hal Shibata「20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ」感想。
英語学習指南書。2011年12月7日読了。
| トップページ | 米川正子「世界最悪の紛争「コンゴ」」感想。
コンゴ分析。2011年12月12日読了。 »

2011/12/12

星野道夫「アフリカ旅日記」感想。
写真エッセイ。2011年12月8日読了。

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。

アフリカ旅日記―ゴンベの森へ


アラスカに住み、アラスカの動物写真を撮る星野道夫。氏はグリズリーに襲われ亡くなられてしまった。何の雑誌で見たのか覚えていないけど(ナショナルジオグラフィックかなあ?)、氏の写真はとにかく上手い。

名前は知っていたけど、写真集というのは、きっかけがなければなかなか買わない。私は星野道夫の写真集は持っていない。何気なく本屋をのぞき込んだとき、本書が平積みされていた。文庫(620円)なのにカラー写真が豊富で、テーマがアフリカだから買った。


本書は、アラスカを拠点とする星野道夫が、チンパンジー研究者の世界的権威ジェーン・グドールとともに、タンザニアの奥地ゴンベで、ジェーンと一緒に過ごした10日間の出来事を綴ったフォトエッセイである。


本書の写真を見ていると、星野道夫の専門であったアラスカの写真集が欲しくなってしまった。


6点/10点満点


|

« Hiroyuki Hal Shibata「20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ」感想。
英語学習指南書。2011年12月7日読了。
| トップページ | 米川正子「世界最悪の紛争「コンゴ」」感想。
コンゴ分析。2011年12月12日読了。 »

■アフリカ」カテゴリの記事

◇エッセイ・紀行文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43036/53436897

この記事へのトラックバック一覧です: 星野道夫「アフリカ旅日記」感想。
写真エッセイ。2011年12月8日読了。
:

« Hiroyuki Hal Shibata「20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ」感想。
英語学習指南書。2011年12月7日読了。
| トップページ | 米川正子「世界最悪の紛争「コンゴ」」感想。
コンゴ分析。2011年12月12日読了。 »