« 春日孝之「イランはこれからどうなるのか」感想。
イランルポ。2012年02月18日読了。
| トップページ | 木村元彦「終わらぬ「民族浄化」 セルビア・モンテネグロ」感想。
ルポ。2012年02月26日読了。 »

2012/02/23

伊藤正孝「南ア共和国の内幕 アパルトヘイトの終焉まで(増補改訂版)」感想。
南アルポ。2012年02月21日読了。

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。

南ア共和国の内幕―アパルトヘイトの終焉まで (増補改訂版)

私的10点満点の本。

40年も前に取材した内容が中心なのだが、アパルトヘイトにまみれた南アに滞在した黄色人種。そのリアルな体験は、アパルトヘイトとはなんぞや、と思わずにいられない。

これぞ不朽の名作となるであろう

本書は、朝日新聞ダルエスサラーム特派員、カイロ特派員を歴任した著者が、1970年4月から3ヶ月、アパルトヘイト政策まっただ中の南アフリカに滞在し、その実態をルポした本で、初版は1971年に出版された。

本書の初版を書いたことにより、著者は南アフリカ政府から「好ましからざる人物(反アパルトヘイト)」に指定され、南アフリカのビザが下りなくなってしまった。

私が読んだ改訂増補版は、アパルトヘイト政策に行き詰まってきた1989年11月(※)にようやく南アフリカへの再訪を果たした著者が、潜入から20年後の状況を付け加え1992年に出版された本である。

※アパルトヘイト政策をやめる決断を下したデクラーク大統領就任したのが1898年5月、ネルソン・マンデラが釈放された&デクラーク政権がアパルトヘイト法を全廃したのが1990年2月。


本書の存在は、白戸圭一「ルポ資源大陸アフリカ」に記載されていた参考文献によって知った。現在は絶版みたいなので、古本で買った。


◆感想
アパルトヘイトは、国家が一丸となって人種差別をしていることである。という知識はあった。
アパルトヘイト下の南アフリカで、日本人は名誉白人と呼ばれ、有色人種でありながら白人と同等である。という知識はあった。

本書を読んだら、南アフリカは私が新聞やテレビニュースで得た知識より遙かに上をいっている国だった。

アパルトヘイトを可能にした法律が幾つもある。
・背徳法…白人と非白人は性交してはならない
・パス法…非白人はパス(身分証明書)を持たずに外出すると逮捕される
・職業確保の法や条例…白人しか就けない職業がある。白人と非白人の比率が抑えられた職業もある
・共産主義抑圧法…白人と非白人の敵対感情を助長する行為は全て共産主義とみなし、共産主義者の集会への参加や書物の出版は禁止
・サボタージュ法…法務大臣は、共産主義者と見なされる者をいつでも自宅拘禁する権限がある
・ノートライアル法…共産主義者並びにそれに関する情報を持っている者を、裁判無しで90日または180日拘禁できる
・テロリズム法…治安を乱す者は逮捕状が無くても拘禁でき、無罪の証明は被告にある

日本人は名誉白人というのは、貿易のための便宜。実際は差別がすごい。ホテルに泊めてくれない、レストランに入れてくれないなどは当たり前。(※末尾に雑感あり)

1970年というのは、モザンビークはポルトガル領であり、国境はポルトガル軍が守っていた。ジンバブウェはまだローデシアであり、ナミビアも独立前である。

そんな中、著者は観光旅行を装い、3ヶ月も滞在した。そこでの実体験を元に本書が書かれている。


また、何故南アフリカがアパルトヘイトを実行するに至ったのか、歴史を踏まえた解説はとても分かり易い。

1652年に、オランダ東インド会社が中継拠点としてケープタウンに上陸。
オランダ東インド会社の社員が辞めてケープタウンに定住。
移民開始初期、男性の数が多く、現地住民を妻にする白人多数。
労働力の不足を解消するため、定住したオランダ人はマダガスカル、モザンビーク、インド、インドネシアなどから奴隷を連れて来る。(南アフリカの白人のルーツを辿ると、そのほとんどに奴隷の血が混ざっている)
1792-99年のフランス革命でオランダは植民地支配力が無くなり、ケープタウン放棄。定住者を見捨てる。
1815年ナポレオン戦争の勝者イギリスが南アフリカ経営に乗り出す。
オランダ人定住者(アフリカーナー)とイギリスの間で奴隷をめぐる摩擦発生。
1853年、定住者は内陸部に移住、自分たちの国(オレンジ自由国とトランスバール共和国)を造る。
1886年、トランスバールで金鉱脈発見。
イギリスが支配に乗り出す。
第二次ボーア戦争勃発。
1900-02年、定住者のアフリカーナー敗退。
敗戦後アフリカーナーは困窮。
1913年、アフリカーナーに手こずったイギリスは、黒人を差別することで、白人(イギリス人とアフリカーナー)融和を図り、原住民土地法を制定。国土の87%を白人領と決める。

こうして人種差別が生まれていくのであった。


世の中には私が知らないだけで素晴らしい本がたくさんあるのだなあ。10点満点。


10点/10点満点

※以前、ケープタウンに何度も行ったことのあるマグロ漁船の漁師と仲良くなり、その彼から聞いた話は、アパルトヘイト下のケープタウンでは、日本人漁師は指定されたキャバレー(売春宿兼務)以外には行けなかったそうだ。死んでも知らないよ、と言われたとか。日本人漁師は気前が良いので、キャバレーでは大もてだったそうだ。

※南アフリカに関する本では、平野克己「南アフリカの衝撃」も良かった。

|

« 春日孝之「イランはこれからどうなるのか」感想。
イランルポ。2012年02月18日読了。
| トップページ | 木村元彦「終わらぬ「民族浄化」 セルビア・モンテネグロ」感想。
ルポ。2012年02月26日読了。 »

■アフリカ」カテゴリの記事

◇ルポ・ドキュメンタリー」カテゴリの記事

☆私的10点満点」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43036/54035255

この記事へのトラックバック一覧です: 伊藤正孝「南ア共和国の内幕 アパルトヘイトの終焉まで(増補改訂版)」感想。
南アルポ。2012年02月21日読了。
:

« 春日孝之「イランはこれからどうなるのか」感想。
イランルポ。2012年02月18日読了。
| トップページ | 木村元彦「終わらぬ「民族浄化」 セルビア・モンテネグロ」感想。
ルポ。2012年02月26日読了。 »