« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012/04/24

山田敏弘「モンスター 暗躍する次のアルカイダ」感想。
ルポ。2012年04月24日読了。

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。

モンスター―暗躍する次のアルカイダ

私的10点満点の本。

日本人ルポライターが書いたとは思えないくらい綿密な取材に基づいた、良質なルポ。


2008年、インドのムンバイで起きた同時多発テロ。日本人も一人犠牲になったことで、日本でもそれなりに報道された。

AFPニュースのWebサイトでは、こんな映像がまだ公開されている。

テロは11月26日の夜に始まり、

ムンバイ市内のターミナル駅で、駅舎が世界遺産のチャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅。
5ッ星ホテルのオベロイ・トライデント・ホテル。
同じく5ッ星ホテルのタージマハル・ホテル。
ユダヤ教の施設ナリマン・ハウス。
若者や外国人に人気のレストラン、レオポルド・カフェ。

これら混雑する場所で、テロリストは無差別に、そこにいる人間に向けて銃弾を発射し、手榴弾を投げつけ、普通の人々を殺しまくった。

そしてテロリストは人質を取り立て籠もり、事態が完全に収束するのは29日の朝、つまり3日もかかったのである。

(テロの詳細はwikipediaの「ムンバイ同時多発テロ」を参照されたし。但し、この感想文を書いている2012/4/24現在、日本語版wikipediaではテロの犯人は確定していないと書かれている)


本書によると、犯行グループは「ラシュカレ・トイバ」というイスラム過激派組織で、印パ戦争(※)の原因であるカシミール紛争を機に組織された過激派であると書かれている。

すごく大雑把に言うと、カシミールに駐留するインド軍が、カシミール住民(イスラム教徒)を誘拐したり拷問したり強姦したり殺したりしているとんでもない状況で、テロという手段を使ってインド軍に対抗すべく組織されたグループである。らしい。


本書は、ラシュカレ・トイバに属するテロリストが、どうやってムンバイ同時多発テロを実行したのか、見てきたかのような感じで状況を説明しつつ、

テロリストは10人で、2人ずつ小グループを作ってムンバイで同時多発テロを粛々と実行したことや、

ラシュカレ・トイバの背景についての詳細な説明が加えられ、それはつまり今のカシミール地方はインド軍のやりたい放題になってしまっていること、

ラシュカレ・トイバの創設者はオサマ・ビンラディンともつながりがあり、

それを辿ると、旧ソ連軍がアフガニスタンに侵攻した際、アメリカのCIAがアルカイダに資金援助していた話は今では有名だが、ラシュカレ・トイバも同様であること、

ラシュカレ・トイバはアメリカ国籍を持つパキスタン人のエリート層をも取り込んでいて、ムンバイ同時多発テロの事前準備で下見させていたこと、そのパキスタン系アメリカ人はデンマークでも下見を行っていて、コペンハーゲンでテロを行う準備中だったこと、

ラシュカレ・トイバは、現代文明を駆使しており、GPS、衛星携帯電話(インマルサットとかイリジウム)、無料で作れる捨てメアド、GoogleMapで予行演習、そういうことを当たり前のようにやってくること、


などなど、本書の帯に依れば1500日の取材、本書を読めば分かるがパキスタンのかなり危険なエリアあちこちや、インドのカシミール地方(外務省は退避勧告~渡航の延期をお勧めします。を出しいる地域)など様々名場所で取材を行い、本書を仕上げた。


本書は段組がそれほどきつくない250ページほどであり、文字数はそれほど多くない。

しかし、文字数以上に、内容がぎっしりと詰まっている。


素晴らしい! 皆、読め!


10点/10点満点


※カシミール地方はインドとパキスタンがイギリスから独立する際、領主はヒンドゥー教なのでインド帰属を、住民はイスラム教徒が多いのでパキスタン帰属を望んでいたが、インド政府とパキスタン政府の思惑が交差し、単純にどちらかの国に帰属するような問題ではなくなってしまい、今までに実質4回の印パ戦争を引き起こしている。

※カシミールは、インドにはまって何度もインドを旅して、しまいにゃインド人と結婚してしまって、今ではインドエッセイマンガばかり書いているマンガ家「流水りんこ」が、「カシミールって史上最高に美しい」というようなことをマンガに書いていたけど、その流水りんこも、印パ紛争のせいでカシミールには行けなくなって残念がっていた。

※そのカシミール州の州都スリナガル(シュリナガルとも言う)は、デリーをうろついていると、「スリナガルに行きませんかー」とバックパッカー初心者をやたらと勧誘することで有名。

※以下に紹介する動画は、ムンバイ同時多発テロは延べ3日間も続いたテロのため、あちこちの現場で生中継されていました。そのうち、Youtubeでさくっと検索して引っかかったものを以下に紹介。

どれもグロい部分があります。

こんな感じでテロが生中継されていたみたい。(ヒンドゥー語?)


50分の特集番組(再現もの+実際の映像アリ)(英語)


静止画で、(たぶん)時系列に構成されている。一般人が編集した感じ。

こっちの方がビデオとしての完成度が高いかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/23

アクセスカウンター19万突破に感謝。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ←バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極。


※またしばらく更新が滞りがちになります(1週間くらい)


トップに設置している忍者Toolsアクセスカウンターが19万を突破しました。
お読み下さっている皆様に感謝です。

2005年12月15日 ブログ始める
2006年11月23日 アクセス01万突破 (344日) 一日平均 29
2007年10月09日 アクセス02万突破 (321日) 一日平均 31
2008年06月21日 アクセス03万突破 (255日) 一日平均 39
2009年01月19日 アクセス04万突破 (212日) 一日平均 47
2009年05月28日 アクセス05万突破 (129日) 一日平均 77
2009年09月06日 アクセス06万突破 (101日) 一日平均 99→11月に世界一周開始
2010年01月06日 アクセス07万突破 (122日) 一日平均 82
2010年02月22日 アクセス08万突破 ( 47日) 一日平均212
2010年04月27日 アクセス09万突破 ( 65日) 一日平均154→5月末に世界一周終了
2010年07月01日 アクセス10万突破 ( 65日) 一日平均154
2010年09月02日 アクセス11万突破 ( 62日) 一日平均161
2010年11月21日 アクセス12万突破 ( 80日) 一日平均125
2011年02月01日 アクセス13万突破 ( 72日) 一日平均139
2011年04月26日 アクセス14万突破 ( 86日) 一日平均116
2011年07月08日 アクセス15万突破 ( 73日) 一日平均137
2011年09月07日 アクセス16万突破 ( 60日) 一日平均167→フィリピン留学記
2011年11月25日 アクセス17万突破 ( 80日) 一日平均125
2012年01月30日 アクセス18万突破 ( 66日) 一日平均152
2012年04月23日 アクセス19万突破 ( 83日) 一日平均120


※合計2321日で19万アクセス突破です。通算平均で一日81.9アクセスということになります。

※ここ数ヶ月、1年近く前に書いた一つの記事(読書感想文に非ず)に、アクセスの4~5%が集中していましたが、そんな状態が解消されたので、アクセス数の伸びが鈍化してきました。

※このブログですが、現在までアクセスアップ対策はまったくと言っていいくらい、何もやっていません。掲載読書感想分の量が多くなり、検索でヒットする確率が上がったので、多くの方に読まれているのだと思います。

※とはいえ、現在の仕事の関係から、これからアクセスアップ対策(SEOと言うヤツですね)を行う可能性があります。


そんな当ブログですが、今後ともご贔屓にどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/20

橘玲「マネーロンダリング入門」感想。
金融関連新書。2012年04月20日読了。

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。

マネーロンダリング入門―国際金融詐欺からテロ資金まで

◆内容(紀伊國屋Bookwebより)
マネーロンダリング(資金洗浄)とは、テロ資金や麻薬・武器密売・人身売買などの犯罪で得た収益を、海外の複数の金融機関を使って隠匿する行為をいう。
本書ではカシオ詐欺事件、五菱会事件、ライブドア事件などの具体的な事例をもとに、初心者にもマネロンの現場が体験できるよう案内した。
専門知識はなにひとつ必要ない。
グローバル化、大衆化したマネロンによって、いまや世界の仕組みが変わりつつあることを読者は知るだろう。

◆感想
著者の橘玲は「たちばな・あきら」と読む。

つい先日、この著者が書いたミステリ仕立ての脱税指南小説「永遠の旅行者(上・下)」を読んだ。

小説自体は個人的にスカタンに近かったが、小説内に出てくる海外送金や合法的脱税テクニックに関する解説部分は驚くほどリアリティがあり、この著者の持っている知識は生半可なものではない、と感じさせるに十分な内容だった。

それで橘玲に興味が湧き、著書をamazonで検索した。

橘玲が書いているのは、小説よりも経済書や生き方指南書のような本が多いことを知った。

中でも本書「マネーロンダリング入門」のamazonレビューが突出して高かった。

で、古本で買ってしまった(恥だ)


古本で買ってしまった本なので細かな感想は書かない。


本書は凄い!


「マネーロンダリング入門」の書名の通り、実際に書かれている内容はかなり単純なことばかりである。しかし、オフショアの知識や、国際株購入や、国際キャッシュカードを海外で使ったことのない人にはさっぱりわけわからない話ばかりである(※)。

単純な話も、幾十にも組み合わさると複雑に見えるのである。

複雑に見える話をシンプルに解説する。


本書は凄い!


9点/10点満点


……10点満点じゃないのは、本書が2006年に出版され、金融情勢的には古くなってしまって今では役にたたない部分があるから。


※私は香港株・タイ株・ロシア株の現物購入や、ドバイやシンガポールの証券会社に口座を開こうと画策したり(キャッシュ不足で口座開けず=最低で100万円以上の事前入金が必要)、世界一周旅行の時は一番効率の良いキャッシュの引き出し方法を研究した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/18

蔵前仁一「わけいっても、わけいっても、インド」感想。
インドアート探求紀行エッセイ。2012年04月17日読了。

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。

わけいっても、わけいっても、インド

インドの奥地に住む先住民アディヴァシが描くミティラー画。
それを見るため、観光地じゃないインド各地を旅する蔵前仁一夫妻。蔵前氏は出版社「旅行人」の経営者で、雑誌「旅行人」の編集長で、イラスト紀行エッセイスト。

出版社「旅行人」に掲載されている本書の案内

日本にある「ミティラー美術館」公式ホームページ。そこに掲載されているミティラー画と、もう一つの先住民アートワルリー画


世界一周旅行に出発する前に買った本なのに、2年半もほったらかしの積ん読。ようやく読んだ。

本書は半分が写真で、半分がミティラー画のルーツを辿ったりする紀行エッセイ。

インドのコルカタから列車に乗ってビハール州のサマステプルという街に行き、リキシャでバス停に行って、マドゥバニ行きのバスに乗ったけど、川が増水でバスは渡れないから小さなフェリーボートに乗り変え川を渡り、対岸で待っていた乗り合いオートリキシャでラリアスリという街に行き、ここからまたバスに乗ってマドゥバニと言う、ミティラー画発祥の地に着いたのだった。コルカタから19時間の旅だった。

なんていうのを最初の2ページでさらりと書いている。

ビハール州というのはインドの中でも貧しい地域で、マドゥパニでは電線が切れて停電になっても数ヶ月は放っておかれるらしい。でもマドゥパニは停電になれるだけましな地域ともいえる。

と、マドゥパニの人は言っていた。

という、ユーモア溢れる感じで、蔵前夫妻はインドの奥地を「ずんずんずんずん」進んでいく。


本書自体は、インド旅の達人蔵前仁一ですら知らなかった新たなインド(勝手に道案内をしてチップを受け取らない親切なインド人がいるインド)を、魅力たっぷりに紹介されていて、とても面白かったのである。

ただ私はミティラー画という絵画自体にあまり興味を持てなかったため(個人的にはアフリカンアートの方が好みである)、点数をちょっとだけマイナスしてしまったが、インドが好きな人なら堪能できるだろう。


8点/10点満点


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/16

竹内健「世界で勝負する仕事術」感想。
自伝エッセイ。2012年04月11日読了。

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。

世界で勝負する仕事術―最先端ITに挑むエンジニアの激走記


◆著者紹介(紀伊國屋Bookwebより)
竹内健[タケウチケン]
1967年東京都生まれ。東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻修士課程修了。工学博士。93年、(株)東芝に入社。フラッシュメモリの開発に携わる。2003年、スタンフォード大学ビジネススクール経営学修士課程修了(MBA)。帰国後は、フラッシュメモリ事業の製品開発のプロジェクトマネジメントや企業間交渉ならびにマーケティングに従事。07年、東芝を退社し、東京大学工学系研究科准教授。フラッシュメモリ、次世代メモリの研究で世界的に知られる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


◆感想

エルピーダが会社更生法を申請した前後、日経BPネットかJBPressかダイヤモンドオンラインかWEDGEか誠Bizか、そこら辺りのビジネスサイト(要は忘れた)に著者のコラムが載っていて、元東芝でフラッシュメモリ開発の最前線にいた著者のそのコラムはやたらと面白く、そういう理由で本書を買いました。

一浪して東大に入って、
大学院に進んで、
研究者になるつもりだったけど東芝に入社して、
当時は冷遇されていたフラッシュメモリの開発に勤しみ、
フラッシュメモリの根幹技術の論文を何本も出し、
東芝社内の留学制度を使ってハーバード大学のMBAを取得して、
iPodのおかげでフラッシュメモリは東芝の半導体の屋台骨になり、
開発チームリーダーになって何千億円もの設備投資を含むプロジェクトを任されて、
でも東芝の社内体質を変えることが出来ず、
そんなとき東大に研究者にならないかと誘われて、
思い切って東芝を辞めて、
東大の准教授になった所までは良かったけど、
研究者ってのは自分で研究費を獲得しなければならないことが分かり、
ぬぬぬ、それならば1年以内に世界で最も権威のある学会に論文を採用させてやると意気込み、
その通り論文が採用され、
そういう努力の甲斐もあり国からプロジェクトが認められ予算がおり、
今は7つの産学協同プロジェクトを手がけているぜ!

って感じのお話。

まあ言ってしまえば自伝です。

大学生あたりが読むと、努力すればグローバルに活躍するなんて意外と簡単、と思ってしまうかもしれない内容です。(※)

良書だと思いますよ。


5点/10点満点

※著者は私より1歳若いんだよね。

※私は大学に行かず高専卒でNECの子会社に入り、私の入ったNECの子会社というのはNEC本社の福利厚生制度が殆ど使えなくて、NEC本社社員は無料で受けられる英語や技術の研修制度も、私の入った子会社には研修制度そのものが無く、ましてや留学制度なんぞ無い。社外の有料セミナーすら行かせてもらえず、スキルを伸ばす手段は皆無。

※初任給こそNEC本社と同じだったけど、入社数ヶ月後の最初の昇給で早くも親子会社間で差が付き(当然子会社の方が低い給料になる)、入社4年後の自分の給料は本社の大学院卒新入社員よりはるかに下だった。

※結局のところ、本書の著者は東大卒&大学院卒の時点で成功者であり、著者の体験談は優秀な学生にのみ通用する話(トレース可能な話)じゃないかな、と思う。

※ま、私が言っているのは負け犬の遠吠えってやつです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/14

橘玲「永遠の旅行者(下)」感想。
経済冒険ミステリ。2012年04月07日読了。

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。

永遠の旅行者〈下〉


下巻はうんちくの量が少なくなってしまった。

ハワイの会社は登記もインターネット化されているから、ハワイ州の法人検索サイトで会社の名前を入れれば、役員の名前も一発で分かる。

アメリカには5つの貧困地区がある。
アリゾナ、コロラド、ニューメキシコ、ユタの4州に跨がる南西部(ネイティブアメリカン)
南北ダコタ州に跨がる中西部(ネイティブアメリカン)
テキサス州とメキシコを分かつリオグランデ川沿い(ヒスパニック)
ミシシッピ川周辺州に跨がる南部(アフリカン・アメリカン)
ケンタッキーとテネシー州に跨がるアパラチア山脈一帯(プア・ホワイト)


なるほどなー。


とか言いつつ。
本書は小説です。


肝心の小説部分は……

ハワイやニューヨークの観光案内説明文が満載、中途半端なニーチェの引用、ミステリの重要な部分がいつの間にかあっさりと分かってしまう、登場人物に魅力がない、

などなど、欠点しかない小説です。


節税うんちくを披露するのに、ミステリ小説仕立てにする必要あったのかな?


5点/10点満点


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/13

橘玲「永遠の旅行者(上)」感想。
経済冒険ミステリ。2012年04月07日読了。

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。

永遠の旅行者〈上〉


何かの書評で褒めちぎっていたので、平成20年に買った。そのまま積ん読。積ん読本を消化するのである。


相続税を如何に払わないようにするか。
そもそも、税金を如何に払わないようにするか。
そんなテクニックがいろいろ書かれている。

トラベラーズチェックを使えば、海外送金扱いにならないので、国内で儲けた金を(国税局にばれずに)海外に持ち出せる。

日本とアメリカは租税条約を締結しており、アメリカの内国歳入庁(IRS)に依頼すればアメリカ国内での金の動きは捕まれてしまうが、アメリカの税収にならないから、日本からIRSに依頼しても、IRSは真面目に仕事しない。

贈与税の納税義務は5年で時効!(悪質と見なされても7年で時効)

金融機関の不良債権は破綻先、実質破綻先、破綻懸念先、要管理先の4つに分類される。このうち破綻先、実質破綻先は損失の全額を引当金として引き当てなければならない。

全ての税金をちゃんと払った後、10億円持っている男がいる。この男が10億円全額を散在しても、既に税金は払い終わっているので追加で税金を取られることはない。しかし、子供(など)に相続させた瞬間に、最大50%の相続税が発生する。「国家は国民に放蕩を勧め、家族を愛することを罰しているのである」

中国政府はカジノ育成を名目に、マカオに限って人民元の持ち出しを自由化している(いつの話?今も?)


うーむ、参考になる経済うんちくが多数出てくる。


4点/10点満点


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/12

高野秀行「未来国家ブータン」感想。
探検記。2012年04月04日読了。

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。

未来国家ブータン


2週間ほど当ブログの更新が滞っていましたが、再開します。


◆本書の紹介(紀伊國屋Bookwebより)
GNPよりGNH、生物多様性、環境立国…今世界が注目する「世界でいちばん幸せな国」の秘密を解き明かす。

第1章 ブータン雪男白書(政府の公式プロジェクトで雪男調査;雪男を捕まえた話 ほか)
第2章 謎の動物チュレイ(天国にいちばん近い村;謎の動物チュレイ ほか)
第3章 ラムジャム淵の謎(遠野は生きている;ラムジャム淵の謎 ほか)
第4章 ブータン最奥秘境の罠(雪男のための保護区;幽霊を怖がってはいけない ほか)
第5章 幸福大国に隠された秘密(未来国家への道;「自由」に苦しまないブータン人 ほか)
ブータン政府公認プロジェクトで雪男探し!!
「あの国には雪男がいるんですよ!」。そのひと言に乗せられて高野氏はブータンヘ飛んだ。雪男を探しながらも、「世界最高の環境立国」「世界で一番幸せな国」と呼ばれる本当の理由にたどりつく。


◆感想

私のイチオシ紀行作家、高野秀行の新刊である。

禁煙国家であるブータンは、本書を読む前まで、GNH=国民総幸福量の話と、民族衣装をまとって農業中心で最近まで鎖国をしていてその姿は古き良き昔の日本みたいな国、という取り上げられ方ばかりで、ヘビースモーカーの私的にはイマイチ魅力のない国であった。(実態の一例として、ブータンでは民族差別を行い、ネパール系ブータン人は難民と化している(ブータン難民を参照))


個人的にはブータンに行くこともないだろうし、ブータンの本は読んだことがないし読む気もなかったけど、高野秀行が書いた本なら別だ。読まなきゃ。


マレーシアでバイオベンチャーの会社を経営している友達の要請で、ブータンで生物資源の調査をすることになった高野秀行。当初はそれほど興味はなかった。

だがしかし、ブータン国立生物多様性センターのプロジェクト主任が「ブータンには謎の生物などいません。でも雪男ならいますよ」という衝撃の告白をさらりと言ってしまったことから、未確認動物(UMA)ハンター高野秀行の心は大きく動かされるのだった。


という出だしからして、高野秀行ファンの心を鷲掴みにする展開である。


空港のあるパロに着き、首都ティンプーへ行き、プナカ、ガサ、ラヤと行き、プナカに戻って、ジャカル、タシガン、ランジュン、メラ、サクテンと行って、ティンプーに戻る。

すげえ、GoogleMapで道も出てないような場所ばかりだ。

ガサ(A)とタシガン(B)だけピンを打ったGoogleMapを作ってみた。

大きな地図で見る


本書に出てくるブータンの人々や暮らしは、ちょっと想像を超えていた。

想像以上に、昔話の日本人みたいな生活をしていた。

そこかしこに民話みたいな話が転がっている。「精霊がいる」「不思議な生き物(チュレイ)がいる」「役場の職員が数年前に雪男に攫われた」

ヒマラヤ山脈の真ん中に位置するブータンの田舎町に行くには、道なき山道を、標高3000m超級の山道を何日も歩かないと行けない。車が通れる道はないから、歩き+荷役動物(馬など)でなければ行けない。そんな場所があちこちにある。

それで(現代の世界経済の中で)生活できていた(例えば山の中に冬虫夏草が採れるので、それを取って中国人と取引している)。


高野秀行の本の面白さは、高野秀行が書くユーモア溢れる文体にあるので、私はその魅力を伝えることはなかなか出来ないのだが、それはさておき、本書は日本で出版されている数少ないブータン本の中でも出色の出来であるとの書評もある(らしい)ので、

いや、実際に読んで、この本は今までの高野本の中でも相当完成度が高いぞ!

と思うのである。

堪能。


9点/10点満点


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/01

ちょっとお休みのお知らせ

ここ1ヶ月ほど2日に1回のペースで更新し続けてきましたが、読んだ本のストックが無くなってしまったので、しばらく更新が滞ります。(それなりに読み貯まるまで)

よしなに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »