« 蔵前仁一「ゴーゴー・アフリカ(上)」感想。
旅行記。2012年05月13日読了。
| トップページ | 曇っていたけど、金環食&ダイアモンドリング »

2012/05/19

蔵前仁一「ゴーゴー・アフリカ(下)」感想。
旅行記。2012年05月14日読了。

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。

ゴーゴー・アフリカ〈下〉

下巻は、1991年~1992年に旅したケニア、ウガンダ、タンザニア、ジンバブエ、南アの話が書かれている。

本書に記されている旅は1989年11月にスタートし、、アジア1年(これがゴーゴー・アジアの元になった旅らしい)、アフリカ1年半、合計2年半の超長旅のアフリカ部分である。しかしまあバックパッカーという人達はホントによくもまあこんな長旅が出来るなあ、と感心したり呆れたり。

ケニアの首都ナイロビから、ウガンダ国境付近のブンゴマからミニバスで1時間くらいの所にあるビスヌという村に住む海外青年協力隊員(の日本人)を訪ねていったり(下図参照)、


大きな地図で見る

ナイロビからウガンダの首都カンパラまで列車で移動し、旧ザイールのコンゴに行こうとしたけど過労でダウンしてザイール行きを諦め、ナイロビの安宿で3ヶ月休養、その後タンザニアに向けて出発。

タンザニアではキルワマソコという世界遺産の村(島)に行ったり、


大きな地図で見る

ジンバブエではキャンプ場がキレイに整備されていましたとか、南アではまだ黒人独立国(ホームランド)が残っている頃で、とはいえ南ア本国よりもホームランドの方が人々が親切で物価も安くて過ごしやすかった、なんてことも書かれている。

旅をしている間にナミビアが独立し、イラクがクウェートに侵攻し、東西ドイツが一つになり、ソ連が崩壊した。と、「あとがき」に書いてある。

「あとがき」には、(p207~208より引用)
 また「貧困」と一言でいっても、その有り様はいろいろだ。
<中略>
 西アフリカの人々の生活が豊かであると僕はいいはしないが、だからといって、われわれの生活と引き較べた上で単純に貧しいということもできない。
 われわれは、あまりにも簡単に「アフリカの飢餓」「アフリカの貧困」と言い過ぎているのではないかと、アフリカに来てあらためて自省を込めつつ感じたのだった。

とも書かれている。

この辺りの感覚は、ロバート・ゲスト「アフリカ 苦悩する大陸」や、ヴィジャイ・マハジャン「アフリカ 動きだす9億人市場」でも指摘されていたことに似通っている。

ソ連が崩壊して20年経った今、本書に書かれているような度は殆ど出来ないだろう。何故かというと、アフリカ諸国に暮らす人々だってバカじゃないんだから、インターネットくらい普通に使っているし、高校卒業レベルの連中なら英語くらい読み書き出来るし(自分もそうだけど高卒で6年も英語勉強して英語がちっとも出来ない日本の教育って変だよ)、だからちょっとしたビジネスマンなら世界情勢をよく知っているし(それが自分の利益に直結することならより詳しく)、アフリカ諸国に住んでいる人達だって経済的に豊かになりたいと思っているし、そのために努力もしている。

現代においてアフリカを一括りにするのは無理があり、国全体が一丸となって経済発展を目指している国家もあれば(代表的なのはボツワナ)、石油が見つかってヒャッハーで独裁体制な国もあれば(アンゴラや赤道ギニア)、相変わらず部族の利権争いが血みどろで続いている国(コンゴやスーダン)もある。

そんなこんなで、本書は、わずか20年前のアフリカ諸国ってこんな感じだったんだよ! と教えてくれる貴重な本なのかもしれない。

それよりもなによりも蔵前節(世間の評判なんてどこ吹く風で、つまらないものはつまらないと言い切る価値観)が面白いから堪能できました。


8点/10点満点

参考:2010年に行ったナミビアの首都ウィントフックはけっこう発展しています。

|

« 蔵前仁一「ゴーゴー・アフリカ(上)」感想。
旅行記。2012年05月13日読了。
| トップページ | 曇っていたけど、金環食&ダイアモンドリング »

■アフリカ」カテゴリの記事

△蔵前仁一」カテゴリの記事

◇エッセイ・紀行文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43036/54708606

この記事へのトラックバック一覧です: 蔵前仁一「ゴーゴー・アフリカ(下)」感想。
旅行記。2012年05月14日読了。
:

« 蔵前仁一「ゴーゴー・アフリカ(上)」感想。
旅行記。2012年05月13日読了。
| トップページ | 曇っていたけど、金環食&ダイアモンドリング »