« ヒュー・シンクレア/大田直子訳「世界は貧困を食いものにしている」感想。
マイクロファイナンスの腐った実態内部告発。2013年04月
| トップページ | ダウド・ハリ/山内あゆ子訳「ダルフールの通訳」感想。
虐殺体験記。2013年04月20日読了。 »

2013/04/28

エリック・シュローサー/宇丹貴代実訳「巨大化するアメリカの地下経済」感想。
ルポ。2013年04月15日読了。

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。

巨大化するアメリカの地下経済

エリック・シュローサーのルポ・ドキュメンタリーは2冊読んでいる。
「ファストフードが世界を食いつくす」2005年04月27日読了。9点
「ファストフードと狂牛病」2005年08月08日読了。3点

「ファストフードが世界を食いつくす」はかなり強烈なルポだった。それ故、エリック・シュローサーを注目し、他著も購入した。


本書は、2003年に原著が、2004年に翻訳版が出版されたちょっと古い本で、アメリカの地下経済に関して書かれた本である

……のだが、麻薬売買とか人身売買とか、そういうヘビーな話を期待すると肩すかしを食らう。

本書が取り上げているのはわずか3つ。
アメリカはマリファナ(大麻)取り締まりが異常に厳しい、
アメリカの農家(特にイチゴ農家)は中米の不法移民を安く使うから成り立っている、
ポルノがここまでおおっぴらになったのは比較的最近で、ルーベン・スターマンという男が作り上げた、
これだけである。

アメリカのマリファナ取り締まりは極めて厳しく、逮捕時の条件次第で、売買だけで終身刑をくらうこともある。昨今、アメリカのいくつかの州でマリファナ合法化の動きが出ているが、例えば合法の州でマリファナを吸って、隣の州に行き、隣の州がマリファナ厳禁州だった場合、マリファナ検査で吸引の事実が発覚したら、それだけで逮捕されてしまうのだとか。
マリファナの吸引痕跡(吐息検査かな?)は数日から数週間残るらしいので、合法化されているオランダで吸って、その後アメリカに行った場合、アメリカで吸っていないのに逮捕されるかもしれない。

うーん、そうなのか。

アメリカのポルノは、1953年に「プレイボーイ」創刊とともに始まった。それ以前は、今のアメリカからは想像もつかないが、エロい小説が発禁処分をくらうような保守的な環境だった(本書によると、1964年にエロっぽい表現が部分的に書かれている文芸小説が押収されたとある)。

その後、ルーベン・スターマンという男が、出版社に返品され断裁されるコミックを出版社から安く仕入れ、販売する会社を興した。これが大当たりし、1950年代後半には8つの州に流通網を拡げていた。

そして、ルーベン・スターマンは、単にビジネスとして、ポルノを取り扱うようになる。

なかでも、フィルム映写機とプレハブ個室を組み合わせた「のぞきボックス」は大ヒットした。

警察やFBIは、ルーベン・スターマンをポルノ流通の容疑で逮捕したくて逮捕したくて、何度も逮捕するが、その度に優秀な弁護士を雇って、ルーベン・スターマンは保釈される。

ルーベン・スターマンは、自分を逮捕しようとする組織(警察)に資金を与えたくない、という理由で、一切税金を払っていなかった。しかし、脱税およびマネーロンダリングのテクニックが巧妙で、しっぽを掴むことができなかった。

最終的には、10年以上の歳月をかけ、執念深く世界中の銀行口座を追跡した税務署捜査官が脱税の証拠を見つけ、ルーベン・スターマンは逮捕された。

そのような話が載っている。


現場を駆け回り、足で稼いだルポとは異なり、公的記録(裁判記録など)を丹念に拾い集めて書かれた本である。

3つのテーマしか取り上げていないので肩すかしを食らった気分なってしまったが、ルーベン・スターマンというポルノの帝王の話が面白かったので、相対的には満足。


7点/10点満点


|

« ヒュー・シンクレア/大田直子訳「世界は貧困を食いものにしている」感想。
マイクロファイナンスの腐った実態内部告発。2013年04月
| トップページ | ダウド・ハリ/山内あゆ子訳「ダルフールの通訳」感想。
虐殺体験記。2013年04月20日読了。 »

◇ルポ・ドキュメンタリー」カテゴリの記事

●海外作品(原著英語)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43036/57263876

この記事へのトラックバック一覧です: エリック・シュローサー/宇丹貴代実訳「巨大化するアメリカの地下経済」感想。
ルポ。2013年04月15日読了。
:

« ヒュー・シンクレア/大田直子訳「世界は貧困を食いものにしている」感想。
マイクロファイナンスの腐った実態内部告発。2013年04月
| トップページ | ダウド・ハリ/山内あゆ子訳「ダルフールの通訳」感想。
虐殺体験記。2013年04月20日読了。 »