« アクセスカウンター26万突破に感謝。 | トップページ | 高野秀行「移民の宴」感想。
在日外国人の食事ルポ。2013年07月02日読了。 »

2013/07/21

瀬谷ルミ子「職業は武装解除」感想。
国際貢献自伝。2013年06月27日読了。

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。

職業は武装解除

国際平和貢献活動である「武装解除」を職業としていて、今はNPO法人「日本紛争予防センター」事務局長(執筆当時・現在は理事長)を務めている瀬谷ルミ子氏の自伝。と言っても1977年生まれなので、私より一回り若い人。

日本紛争予防センターは、顧問に近衛忠煇(日本赤十字社社長→細川護煕元総理の弟)、明石康(国連カンボジア暫定統治機構(UNTAC)事務総長)など、そうそうたるメンバーが名を連ねているので、そんじょそこいらの怪しいNPOとは一線を画しております。


「武装解除」って何でしょう?
・どこかの国で内戦(例:政府軍vs反政府軍)や紛争(例:国vs国じゃない武装組織)や大きな揉め事(例:武装組織vs武装組織)が発生する。ちなみに戦争(国vs国)の場合はちょっと違う。
2013年7月の現状では、内戦はシリア、紛争はアフガニスタンやメキシコ、揉め事はソマリア(※)、などが挙げられる。なお、紛争や揉め事という言葉には明確な定義がなく、その言葉を使う人次第です、私を筆頭に。

・どうにかこうにか内戦や紛争や揉め事が終結する。
・せっかく平和になったはずなのに、国内に武器を持った国民が大量に存在する状況になる。

・国内の治安を安定化させるため、武器を持っている国民に、武器と引き替えにお金を渡したり職業訓練を施してあげますよ、ついでに内戦や紛争で起こした犯罪行為については(多少)目をつぶってあげますよ。と言って武器を回収する。
・街中に出回る武器が減ると、治安は回復していく。
・紛争が起きた当事国の政府がやっても、「お前はどこの勢力だ!?」となってしまうので、第三者的な組織=代表的なのは国連が武器回収(=武装解除)を実行する。

・武装勢力が幾つもある場合は、「俺らから武器を回収するのか? 俺らが武器を渡した瞬間に、対抗勢力が襲って来たらどうする!」と言うことになるので、幾つもの勢力から同時期に武器を回収しなければならない。

・また、武装勢力が自分たちの持っている全部の武器を素直に渡すはずもなく、「他に武器を隠していないか」を確認するのも重要。

武装解除のスペシャリストは、世界的にそう多くない。全世界でせいぜい数百人しかいない(らしい)。第一人者の一人が伊勢崎賢治氏(1957年生)で、氏は「武装解除」という本を書いている。

本書を書いた瀬谷ルミ子氏は、伊勢崎賢治氏の授業を受けたことがあるとのことで、伊勢崎氏の教え子の一人になるのだろう。


瀬谷氏の自伝の端緒を紹介すると、
・高校3年の時、ルワンダ大虐殺の新聞記事と写真を見た。
・ショックを受けた。紛争解決に携わることが目標となった。
・中央大学 総合政策学部に進学した。
・そこは、TOEFLの点数でクラス分けされる学部だった。
・大学2年でルワンダに行ったが、何も出来ず、ただの野次馬だった。
・打ちのめされたので、NGOでインターンを始めた。
・紛争解決には大学院に行った方が良い、のでイギリスのブラッドフォード大学平和学部で「紛争解決の修士号」を取ろうと思った。
・大学を卒業(3月)してから、大学院入学(10月)までの間、NGOの活動でインドネシアの選挙監視などを手伝った。

という感じで、どんどんどんどん自分のやりたいことを実現するため、「自分に出来ることをとにかくやる」姿勢で、何のコネクションもないNPOやNGOに飛び込んで行き、(給料は少ないけど)なんらかの仕事をもらって、そこで得た知識と経験を武器に、気付いたら世界有数の「武装解除」のプロフェッショナルとなっていた。


という自伝です。


自分の人生を切り開くのは自分次第、という点で、とても良く書けている自伝です。

国際貢献に携わる仕事をしたいと考えている高校生は、必読すべき本です。

7点/10点満点


※ソマリアは、高野秀行「謎の独立国家ソマリランド― そして海賊国家プントランドと戦国南部ソマリア」などの本を参考にすると、一応ソマリア暫定政権があるにはあるが、ソマリア国民からはほとんど信頼されていない。今はエチオピア軍のバックアップを得ている暫定政権側(エチオピアはキリスト教=エチオピア正教)と、ドンパチで優勢になったり負けたりのイスラム法廷会議が連立政権を組んでいる状態なのかな? よくわからん。

|

« アクセスカウンター26万突破に感謝。 | トップページ | 高野秀行「移民の宴」感想。
在日外国人の食事ルポ。2013年07月02日読了。 »

■アフリカ」カテゴリの記事

◇世界についての本」カテゴリの記事

コメント

そうですか。今度読んでみます!

投稿: 紅茶通販の茶専科ティチャイチャイ | 2013/07/21 21:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43036/57797432

この記事へのトラックバック一覧です: 瀬谷ルミ子「職業は武装解除」感想。
国際貢献自伝。2013年06月27日読了。
:

« アクセスカウンター26万突破に感謝。 | トップページ | 高野秀行「移民の宴」感想。
在日外国人の食事ルポ。2013年07月02日読了。 »