« 吉田友和「3日もあれば海外旅行」感想。
旅テク。2013年08月06日読了。
| トップページ | 池永孝「ロシア連邦の迷走」感想。
ロシア解説書。2013年08月15日読了。 »

2013/08/22

トーマス・フリードマン/伏見威蕃訳「フラット化する世界・増補改訂版(上)」感想。
グローバリゼーション解説書。2013年08月13日読了。

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。

フラット化する世界 [増補改訂版] (上)

Web系の経済コラムを読んでいて、この本が取り上げられていた。読みたくなった。

最近の私は、人生の終了を意識しなければならない程度の金欠なので、本書はamazonから古本で買った。
なので、本書のよいところを取り上げる。


本書を平たく言えば、21世紀はグローバリゼーションの時代ですよ。と言う解説書である。
ただし、テレビや雑誌やWebコラムが書いているのは本質を突いていない、そんな薄っぺらな話ではない、もっともっと本質的なグローバリゼーションの時代なのですよ。と言う内容。

下巻読了後に詳細を記します。


7点/10点満点


|

« 吉田友和「3日もあれば海外旅行」感想。
旅テク。2013年08月06日読了。
| トップページ | 池永孝「ロシア連邦の迷走」感想。
ロシア解説書。2013年08月15日読了。 »

◇ビジネス書」カテゴリの記事

●海外作品(原著英語)」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

最近、『オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史』を読みましたが、その続きと位置付けて、現在、天野さんが以前感想を書かれていた『<中東>の考え方』を読んでいます。

アメリカ人がアメリカを描いた本の後、直接にアメリカを扱うのではなく中東を題材にした本が違った光の当て方で違うアメリカを浮かび上がらせてくれるかなと思い、一緒に購入していました。

このような試みができるのも天野さんのおかげです。ありがとうございます。

投稿: rascal | 2013/08/24 08:45

rascalさま

いつも感想を書いてくださりありがとうございます(今回はniftyから「あんたのブログにコメントが書かれたよ!」通知が来なかったので、ちょっと返事が遅れてしまいました)。

最近、私はイスラムに興味があって、イスラム関係の本を何冊も読んでいます。その中でも「<中東>の考え方」はかなり分かり易い本で、かといって浅くもないので、とても有益な本です。

私のような読書感想文ブログ(書評と言えるほどの完成度ではないので)を読んで下さってありがとうございます。固定読者がいるというのは、とても励みになります。

これからもご愛顧のほどよろしくどうぞ!

(最近、感想文すら書けていないような気がしているので、ちょっと気を引き締めて、これからは少しでもブログ読者の皆様の役にたつような文章を書くよう心掛けます)

投稿: 天野才蔵 | 2013/08/28 23:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43036/58043246

この記事へのトラックバック一覧です: トーマス・フリードマン/伏見威蕃訳「フラット化する世界・増補改訂版(上)」感想。
グローバリゼーション解説書。2013年08月13日読了。
:

« 吉田友和「3日もあれば海外旅行」感想。
旅テク。2013年08月06日読了。
| トップページ | 池永孝「ロシア連邦の迷走」感想。
ロシア解説書。2013年08月15日読了。 »