« ローレンス・クラウス/青木薫訳「宇宙が始まる前には何があったのか?」感想。
宇宙物理学。2014年02月13日読了。
| トップページ | おがわかずよし「天下太平洋物語」感想。
えっへっへの元本。2014年02月18日読了。 »

2014/02/26

おがわかずよし「南の島で えっへっへ」感想。
太平洋の島国旅行記。2014年02月15日読了。


北海道でラジオ番組を作っていたが、会社を辞めて旅に出ることを決意した著者。

「人食いワニのたぐいがおらず、伝染病もなく、治安もいいという三拍子揃った南太平洋に狙いを定め」、いちばん物価が安いという理由でサモアに行った。

本書には、トンガ、サモア、キリバス、チューク(ミクロネシア連邦)、バヌアツ、パプアニューギニア、ヤップ(ミクロネシア連邦)への旅が収められている。

観光案内的な旅行記は一切無い。

現地に行き、無職ゆえの気楽さで何週間も滞在し、だからといって観光資源がそれほどあるわけでもない南太平洋の島国なので適当に島の人たちと仲よくなって、毎日現地の人たちが集まる集会所で現地酒を飲む飲み会に参加していました。的な事ばかり書かれている。

しかし、むちゃくちゃ面白い。

文章の上手さが圧倒的である。


著者は、本書が出た2012年の段階で、南太平洋以外は香港にしか行ったことがないそうである。ここまで徹底しているとすごいな。

蔵前仁一さんが解説を書いているが、本書は旅行人から1997年に出た「天下太平洋物語」の文庫化で、14年も経ってから違う出版社で文庫化されるのは極めて異例らしい。そりゃそうだろうなあ。

で、本書には「天下太平洋物語」で書かれていたエピソードのうち、幾つか削っているそうである。(逆に新たに増えているのもある)


私が今までに読んだ日本人著者の旅行記では、かなり上位に来る。

文句なく面白い。


8点/10点満点

|

« ローレンス・クラウス/青木薫訳「宇宙が始まる前には何があったのか?」感想。
宇宙物理学。2014年02月13日読了。
| トップページ | おがわかずよし「天下太平洋物語」感想。
えっへっへの元本。2014年02月18日読了。 »

◇エッセイ・紀行文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43036/59179752

この記事へのトラックバック一覧です: おがわかずよし「南の島で えっへっへ」感想。
太平洋の島国旅行記。2014年02月15日読了。
:

« ローレンス・クラウス/青木薫訳「宇宙が始まる前には何があったのか?」感想。
宇宙物理学。2014年02月13日読了。
| トップページ | おがわかずよし「天下太平洋物語」感想。
えっへっへの元本。2014年02月18日読了。 »