« ジャレド・ダイアモンド/倉骨彰訳「銃・病原菌・鉄(下)」感想。
世界史。2014年02月22日読了。
| トップページ | アクセスカウンター30万突破に感謝。 »

2014/03/12

船戸与一「南冥の雫 満州国演義8」感想。
歴史冒険小説。2014年02月28日読了。

高野秀行のブログ「ムベンベ」で、船戸与一がガンであることを知った。それも余命1年を宣告されるレベルなのだとか。

本書「満州国演義」シリーズは、全10巻の予定で書かれている。第7巻の販売が2012年6月、本作第8巻が2013年12月。未完で逝かれてしまうと困るので、なんとか書き終わってほしい。

本作第8巻は、第二次世界大戦が泥沼化し、日本の敗戦が明確になっていく時代背景である。

敷島四兄弟は、日本の運命に引きずられるように、泥沼に陥っていく。このあたりの展開はいつもの船戸与一。ラストでちょっとした衝撃が走る。そのせいで、引き締まった展開になった。

残り2冊、期待が持てる。


が、逢坂剛のイベリアシリーズと同じで、過度の期待は禁物である。

9点(ファンのひいき目)/10点満点

最新第8巻

第1巻

第2巻

第3巻

第4巻

第5巻

第6巻

第7巻

|

« ジャレド・ダイアモンド/倉骨彰訳「銃・病原菌・鉄(下)」感想。
世界史。2014年02月22日読了。
| トップページ | アクセスカウンター30万突破に感謝。 »

◆小説・冒険小説」カテゴリの記事

◆小説・時代小説・歴史小説」カテゴリの記事

▲船戸与一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 船戸与一「南冥の雫 満州国演義8」感想。
歴史冒険小説。2014年02月28日読了。
:

« ジャレド・ダイアモンド/倉骨彰訳「銃・病原菌・鉄(下)」感想。
世界史。2014年02月22日読了。
| トップページ | アクセスカウンター30万突破に感謝。 »