« 宮脇俊三「中国火車旅行」感想。
紀行文。2014年04月16日読了。
| トップページ | 吉田友和「10日もあれば世界一周」感想。
旅行テク。2014年04月19日読了。 »

2014/04/30

平田伊都子・写真川名生十「赤いラクダ」感想。
ルポ。2014年04月16日読了。

アフリカのモロッコとモーリタニアに挟まれた地域は、通称「西サハラ」と呼ばれている。

スペイン領だったが、スペインが手放した。

モロッコとモーリタニアが領有権を主張した。西サハラの住民は、ポリサリオ解放戦線という組織を作って、独立戦争を行った。

モーリタニアは諦めた。

モロッコは諦めなかった。

モロッコとポリサリオ解放戦線の戦いが続いた。

ポリサリオ解放戦線が概ね勝った。独立を宣言した。日本は承認していないが、国連加盟国の2/5くらいの国々(wikipediaによると85カ国)から承認されている。

※旧ユーゴスラビアのコソボも中途半端な独立国で、国連加盟国の3/5くらい(106カ国)にしか承認されていない。日本は独立を承認した。


モロッコは足掻いている。2014年の今でも足掻いている。西サハラの道路のいくつかは、モロッコ軍に占拠されている。


このような西サハラの状況を、私が10点満点を付けた「カダフィ正伝」の著者、平田伊都子+写真川名生十が取材したルポ本である。

………構成が酷い。

酷い。


西サハラの地理的特長や歴史に関しても、明らかにどこかの本からの引用なのに、引用元が明記されていない。そういうあやふやなのが100頁くらい続く。


うーん。


1点/10点満点

私的10点満点をつけた平田伊都子・川名生十の「カダフィ正伝」

|

« 宮脇俊三「中国火車旅行」感想。
紀行文。2014年04月16日読了。
| トップページ | 吉田友和「10日もあれば世界一周」感想。
旅行テク。2014年04月19日読了。 »

■アフリカ」カテゴリの記事

◇ルポ・ドキュメンタリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43036/59541162

この記事へのトラックバック一覧です: 平田伊都子・写真川名生十「赤いラクダ」感想。
ルポ。2014年04月16日読了。
:

« 宮脇俊三「中国火車旅行」感想。
紀行文。2014年04月16日読了。
| トップページ | 吉田友和「10日もあれば世界一周」感想。
旅行テク。2014年04月19日読了。 »