« R.D.ウィングフィールド/芹澤恵訳「冬のフロスト(上)」感想。
ミステリ。2014年04月07日読了。
| トップページ | ドン・ウィンズロウ/東江一紀訳「犬の力・上」感想。
メキシコ麻薬戦争小説。2014年04月13日読了。 »

2014/04/19

R.D.ウィングフィールド/芹澤恵訳「冬のフロスト(下)」感想。
ミステリ。2014年04月08日読了。


※保存ボタンを押すと、エラーが出て書いた内容が全部吹っ飛ぶ。ココログ死になさい。ああ、ちくしょう。


モーガンという出来の悪い刑事(?)が出てくる。本当に出来が悪い。フロスト警部は部下を庇うのだが、モーガンに関しては、なぜ庇うのか理解できなかった。

リズという女性警部(補?)が出てくる。ラスト間際、リズ警部の扱いが、あまりにもひどい。

ラストが私好みではなかった。すっきりしない。


等々のモンクはあるけど、下巻は1日で一気読み。


(些細な?)モンクはあったけど、一気読みするくらいの面白さだった。


相変わらず直感だけで動くフロスト警部と、そのフロスト警部を信用している部下たちと、フロスト警部を全く信用していないマレット署長。これらが繰り広げるドタバタノンストップ劇場は、読んでいて十分な満足感を得られた。


面白かったよ。


8点/10点満点

シリーズ第1作「クリスマスのフロスト」 原著1984年、日本語版1994年

シリーズ第2作「フロスト日和」 原著1987年、日本語版1997年

シリーズ第3作「夜のフロスト」 原著1992年、日本語版2001年

シリーズ短編2作目「夜明けのフロスト」 原著2001年、日本語版2005年
注:いろんな作家の短編アンソロジー。フロストシリーズは1本だけ

シリーズ第4作「フロスト気質・上」 原著1995年、日本語版2008年

シリーズ第4作「フロスト気質・下」 原著1995年、日本語版2008年


シリーズ第5作「冬のフロスト・上」 原著1999年、日本語版2013年

残すところはシリーズ第6作「A Killing Frost」 原著2008年のみ

|

« R.D.ウィングフィールド/芹澤恵訳「冬のフロスト(上)」感想。
ミステリ。2014年04月07日読了。
| トップページ | ドン・ウィンズロウ/東江一紀訳「犬の力・上」感想。
メキシコ麻薬戦争小説。2014年04月13日読了。 »

◆小説・ミステリ系統」カテゴリの記事

●海外作品(原著英語)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43036/59179890

この記事へのトラックバック一覧です: R.D.ウィングフィールド/芹澤恵訳「冬のフロスト(下)」感想。
ミステリ。2014年04月08日読了。
:

« R.D.ウィングフィールド/芹澤恵訳「冬のフロスト(上)」感想。
ミステリ。2014年04月07日読了。
| トップページ | ドン・ウィンズロウ/東江一紀訳「犬の力・上」感想。
メキシコ麻薬戦争小説。2014年04月13日読了。 »