« 伊藤正孝「アフリカ ふたつの革命」。
ルポ。2014年05月20日読了。
| トップページ | 服部正也「ルワンダ中央銀行総裁日記(増補版)」感想。
偉大な記録。2014年05月30日読了。 »

2014/06/23

蔵前仁一「バルカンの花、コーカサスの虹」感想。
旧ユーゴ旅行記。2014年05月23日読了。

私が大好きな紀行作家、蔵前仁一さんの最新作。

第1章が、旧ユーゴの7カ国のうちスロベニアを除く6カ国(セルビア、クロアチア、ボスニアヘルツェゴビナ、マケドニア、モンテネグロ、コソボ)と、つい最近まで鎖国していて全人口の8割がネズミ講に引っかかってヨーロッパ一の貧乏国であるアルバニア。

第2章は優しい人たちが多く住む大いなる田舎町のルーマニア。

第3章はコーカサス地域の旧ソ連国家、グルジア、アゼルバイジャン、アルメニア。ついでにトルコ。


蔵前さんはわりと、建築物や模様(布地の刺繍や建物の外壁など)に興味があり、しばしば著書で取り上げる。私は人為的に作ったものにはあまり興味がなく、大自然が作り上げる景色一辺倒なので、そういう意味では私が蔵前さんのファンである理由は見当たらない。


私が蔵前さんのファンなのは、蔵前さんが書く暖かみのある文章が好きだから。もひとつ言えば、よくもまあこんなマイナーな国のさらに辺鄙な場所まで行くなあ(例えばセルビアのピロトという4万人くらいの町にキリムという織物を探しに行く)、という根っからの旅人である部分が好きなのである。


本書は全体の2/5くらいが写真なので、本屋で見かけたら手にとって見てくれると、本書の面白さの一端が伝わるかもしれない。


とはいえ、旧ユーゴの国々や、コーカサスの国々に興味がなかったら、まずそもそも手に取ることもないだろうけど。


8点/10点満点

|

« 伊藤正孝「アフリカ ふたつの革命」。
ルポ。2014年05月20日読了。
| トップページ | 服部正也「ルワンダ中央銀行総裁日記(増補版)」感想。
偉大な記録。2014年05月30日読了。 »

△蔵前仁一」カテゴリの記事

◇エッセイ・紀行文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43036/59777141

この記事へのトラックバック一覧です: 蔵前仁一「バルカンの花、コーカサスの虹」感想。
旧ユーゴ旅行記。2014年05月23日読了。
:

« 伊藤正孝「アフリカ ふたつの革命」。
ルポ。2014年05月20日読了。
| トップページ | 服部正也「ルワンダ中央銀行総裁日記(増補版)」感想。
偉大な記録。2014年05月30日読了。 »