« 太勇次郎「10年目の真実 9・11からアラブの春へ」感想。
ルポ。2014年08月15日読了。
| トップページ | 藤井厳喜「アングラマネー タックスヘイブンから見た世界経済入門」感想。
経済入門書。2014年08月21日読了。 »

2014/09/30

ポール・ミドラー/サチコスミス訳「だまされて。 涙のメイド・イン・チャイナ」感想。
ルポっぽい自伝エッセイ?2014年

本書は上質な紙を使っている。323ページもあるとは思えない薄さ。だが、税抜き2200円である。高い。

本書は、アメリカ(の大学)で中国語と中国史を学んだ著者ポール・ミドラー氏が、1990年代初頭に中国に移住し、のち一時帰国してMBAと修士号をとって中国に戻り、中国語が喋れるアメリカ人として、中国の製造業とアメリカの小売業をつなぐ仲介業者として活躍した自身の経験を、ちょっと物語チックに綴ったビジネスエッセイ。

話の主軸(というか8割)は、中国の帝王化成という石鹸メーカーの社長夫人兼敏腕マネージャー陳姉さんと、アメリカの1ドルショップにボディシャンプーなどを下ろしているバーニー社長率いるジョンソン・カーター社の、工場VS小売りの攻防戦である。

原著は2009年に出て、日本語版は2012年3月に出ている。2014年の今、ちょっと旬が過ぎている部分もあるが、内容は非常に面白い。


本書はとても読みやすい。


一つ一つのエピソードは、日経ビジネスや現代オンラインなどのWeb媒体で読む「中国企業の実態」的なものと大差ない。最初これは内容が薄いせいなのかと感じていたが、読み進めるうちに、300ページを超えているのに飽きることなく一気に読めるのは、話の作り方がとても上手いからだと分かった。

読みやすいといっても、読み応えがないのではない。既読感のあるような話がぞくぞくと出てくるが、これだけまとまっていると、中国に数多ある工場経営者の思考がとてもよく分かる。


良書。


7点(値段が高い&原著の出版が2009年とちょっと古い→新刊だと思って買った)/10点満点


2014/10/13追記。本書は
1行41文字×1ページ17行×323ページ=約22万文字、400字詰め原稿用紙560枚である。

|

« 太勇次郎「10年目の真実 9・11からアラブの春へ」感想。
ルポ。2014年08月15日読了。
| トップページ | 藤井厳喜「アングラマネー タックスヘイブンから見た世界経済入門」感想。
経済入門書。2014年08月21日読了。 »

◇ルポ・ドキュメンタリー」カテゴリの記事

●海外作品(原著英語)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43036/60166006

この記事へのトラックバック一覧です: ポール・ミドラー/サチコスミス訳「だまされて。 涙のメイド・イン・チャイナ」感想。
ルポっぽい自伝エッセイ?2014年
:

« 太勇次郎「10年目の真実 9・11からアラブの春へ」感想。
ルポ。2014年08月15日読了。
| トップページ | 藤井厳喜「アングラマネー タックスヘイブンから見た世界経済入門」感想。
経済入門書。2014年08月21日読了。 »