« ポール・ミドラー/サチコスミス訳「だまされて。 涙のメイド・イン・チャイナ」感想。
ルポっぽい自伝エッセイ?2014年
| トップページ | 森喜朗+聞き手:田原総一朗「日本政治のウラのウラ」感想。
政界裏話。2014年08月25日読了。 »

2014/10/13

藤井厳喜「アングラマネー タックスヘイブンから見た世界経済入門」感想。
経済入門書。2014年08月21日読了。

ブログ更新が滞っていましたが、本日から1日おきに連続更新します。


◆概要(amazonから引用)
世界各国の税収が極端に減少している。税金は表の経済にしか、かけられないからだ。タックスヘイブン(租税回避地)やシャドーバンキング(影の銀行)を使った、いわゆる脱税や資産隠し、麻薬や売春や賭博によって生まれ蓄えられた金をアングラマネーと呼ぶ。世界の年間総生産70兆ドルの約25%がタックスヘイブンに流れ、シャドーバンキングの規模は約67兆ドルにまで拡大。もはや中央銀行やIMFも制御できない闇資金の還流が世界経済を揺さぶっている。その歴史と仕組み、各国最新事情を詳細に解説した画期的な書。
◆概要終わり

2012年にタックス・ヘイブン(※)関連の本を何冊か読んだ。

橘玲「マネーロンダリング入門」2012年04月20日読了。9点

ニコラス・シャクソン「タックスヘイブンの闇」2012年07月2日読了。8点

平尾武史・村井正美「マネーロンダリング―国境を越えた闇金融ヤクザ資金」2012年09月08日読了。8点


本書は、おおむね上記の本と同じようなことが書かれている。アングラマネー全般を扱ってはいるが、メインはタックス・ヘイブンに関してである。

私にとって目新しかったのは、
第5章イタリアのアングラマネー
で、1986年、イタリアでは不法移民を合法化する法律が通過し、イタリアは不法移民に天国となった。特に中国からの不法移民が大量に流入した。その後1990年、1998年と更なる移民法の改悪が加えられ、チャイナタウンはイタリアの法を無視する中国人が大量に住み着き、警察官を脅す事態まで発生しているらしい。

イタリアに不法移民が多くいるというのは知らなかった。ヨーロッパで移民が大きく問題になっているのは、フランス、ドイツ、イギリス、スウェーデンあたりだと思っていたのだが、イタリアも深刻な移民問題を抱えているのだな。


7点/10点満点

タックス・ヘイブンのヘイブンは「haven」で、天国の「heaven」ではない。

|

« ポール・ミドラー/サチコスミス訳「だまされて。 涙のメイド・イン・チャイナ」感想。
ルポっぽい自伝エッセイ?2014年
| トップページ | 森喜朗+聞き手:田原総一朗「日本政治のウラのウラ」感想。
政界裏話。2014年08月25日読了。 »

◇ビジネス書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43036/60472809

この記事へのトラックバック一覧です: 藤井厳喜「アングラマネー タックスヘイブンから見た世界経済入門」感想。
経済入門書。2014年08月21日読了。
:

« ポール・ミドラー/サチコスミス訳「だまされて。 涙のメイド・イン・チャイナ」感想。
ルポっぽい自伝エッセイ?2014年
| トップページ | 森喜朗+聞き手:田原総一朗「日本政治のウラのウラ」感想。
政界裏話。2014年08月25日読了。 »