« ティエリ・クルタン(フランス人)/上瀬倫子訳「世界のマフィア 越境犯罪組織の現況と見通し」感想。
マフィア研究書。2014年11月21日読了。
| トップページ | 早坂隆「祖父の戦争」感想。
徴兵記。2014年11月27日読了。 »

2014/12/30

熊谷達也「銀狼王」感想。
時代小説。2014年11月23日読了。

明治20年、東北から北海道に移り住んだ老マタギ(猟師)が、ニホンオオカミを狩る話。

登場人物はほぼ老マタギ二瓶のみ。他に犬と熊とニホンオオカミ。

文庫本で200ページちょっとなので、中編に分類される小説。

悪くはないけど、絶賛するほどでもない。個人的にはラストが気にくわないので6点。ラストが気に入る人ならもっと高評価をつけることでしょう。

6点/10点満点

|

« ティエリ・クルタン(フランス人)/上瀬倫子訳「世界のマフィア 越境犯罪組織の現況と見通し」感想。
マフィア研究書。2014年11月21日読了。
| トップページ | 早坂隆「祖父の戦争」感想。
徴兵記。2014年11月27日読了。 »

◆小説・時代小説・歴史小説」カテゴリの記事

▲熊谷達也」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熊谷達也「銀狼王」感想。
時代小説。2014年11月23日読了。
:

« ティエリ・クルタン(フランス人)/上瀬倫子訳「世界のマフィア 越境犯罪組織の現況と見通し」感想。
マフィア研究書。2014年11月21日読了。
| トップページ | 早坂隆「祖父の戦争」感想。
徴兵記。2014年11月27日読了。 »