« 中嶋猪久生「石油と日本 苦難と挫折の資源外交史」感想。
歴史。2015年06月19日読了。
| トップページ | 学研教育出版編「美しい元素」感想。
図鑑。2015年06月27日読了。 »

2015/08/04

ビル・ブライソン/楡井浩一訳「人類が知っていることすべての短い歴史(上)」感想。
科学ノンフィクション。2015年06月24日読了。


宇宙の始まりから現在に至るまでのすべてを書いた短い歴史!


読み始めたらやめられない。上巻の200ページくらいまで、一晩で一気に読んだ。


宇宙物理学に興味がある人は、上巻の前半はすごく面白く読める。私がそうだった。


本書302ページには、なぜ有鉛ガソリンが普及したのかについての話。鉛は危険物という認識は1921年に既に分かっていたけど、鉛入りガソリンを使うとエンジンノックが激減することを、ゼネラルモータース・リサーチ社に務めている人が発見し、ゼネラルモータース、デュポン、スタンダードオイルが合弁企業を作って、鉛は悪いイメージがありすぎるのでエチルという名を使って有鉛ガソリンを普及させた。

なるほど。


とにもかくにも、宇宙物理学に興味がある人は、本書は読んで損はない。


8点/10点満点

|

« 中嶋猪久生「石油と日本 苦難と挫折の資源外交史」感想。
歴史。2015年06月19日読了。
| トップページ | 学研教育出版編「美しい元素」感想。
図鑑。2015年06月27日読了。 »

◇ノンフィクション」カテゴリの記事

●海外作品(原著英語)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43036/61955545

この記事へのトラックバック一覧です: ビル・ブライソン/楡井浩一訳「人類が知っていることすべての短い歴史(上)」感想。
科学ノンフィクション。2015年06月24日読了。
:

« 中嶋猪久生「石油と日本 苦難と挫折の資源外交史」感想。
歴史。2015年06月19日読了。
| トップページ | 学研教育出版編「美しい元素」感想。
図鑑。2015年06月27日読了。 »