« マイケル・T・クレア/柴田裕之訳「血と油 アメリカの石油獲得戦争」感想。
ルポ。2015年09月23日読了。
| トップページ | ロレッタ・ナポリオーニ /村井章子訳「イスラム国 テロリストが国家を作る時」感想。
分析。2015年09月27日読了。 »

2015/10/18

天野浩・福田大展「天野先生の「青色LEDの世界」」感想。
半生記。2015年09月24日読了。

去年(2014年)ノーベル物理学賞を受賞した天野浩博士の半生記。

青色LEDを作るに至るまでの苦労話を、サイエンスライター福田大展氏が書籍化した。


本書では、青色LEDを作る元となるn型半導体、p型半導体、エネルギーバンド、フェルミ準位などの話を豊富なイラストで分かり易く説明しているらしいのだが、ぜんぜん分かり易くない。

説明も下手だし、イラストも下手。

(私は高専在学時、半導体を作る研究室に所属していたので、シリコンに酸化膜を作って、マスクを作って、フォトレジストを塗って感光させ、レジストと酸化膜を洗い流して、アルミを真空蒸着させて、を繰り返してトランジスタを作った)


これじゃあ、青色LEDの原理はわけがわからないと思う。


4点/10点満点

|

« マイケル・T・クレア/柴田裕之訳「血と油 アメリカの石油獲得戦争」感想。
ルポ。2015年09月23日読了。
| トップページ | ロレッタ・ナポリオーニ /村井章子訳「イスラム国 テロリストが国家を作る時」感想。
分析。2015年09月27日読了。 »

◇エッセイ・紀行文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43036/62448735

この記事へのトラックバック一覧です: 天野浩・福田大展「天野先生の「青色LEDの世界」」感想。
半生記。2015年09月24日読了。
:

« マイケル・T・クレア/柴田裕之訳「血と油 アメリカの石油獲得戦争」感想。
ルポ。2015年09月23日読了。
| トップページ | ロレッタ・ナポリオーニ /村井章子訳「イスラム国 テロリストが国家を作る時」感想。
分析。2015年09月27日読了。 »