« アクセスカウンター37万突破に感謝。 | トップページ | リチャード・コーフィールド/水谷淳訳「太陽系はここまでわかった」感想。
宇宙。2015年11月28日読了。 »

2016/01/23

吉岡正興・松田素二編「新書アフリカ史」感想。
歴史。2015年11月21日読了。

長らく更新をサボっていましたが、適当に再開します。


有史以前、人類が最初に誕生したのはアフリカだといわれている(異説多数あり)。

アフリカで発見された原人はどのような経緯で世界中に拡散していったのか、から始まり、文字を持たないアフリカ先住民はどのように暮らしていたのか(文字がない→口頭伝承と遺跡で考古学者が解釈解明している)、他地域の文明が入り込んできた西暦0-1500年頃はどのような暮らしだったのか、そして近代-現代はどのように形成されたのか。

を、本書が出版された1997年までに分かっていることを、570ページにわたって事細かに書いたのが本書。

私が持っているのは2004年の第10刷。買ってから10年以上経って、ようやく読んだ。


アフリカに興味がある人は読んで損のない充実した本。


9点/10点満点

|

« アクセスカウンター37万突破に感謝。 | トップページ | リチャード・コーフィールド/水谷淳訳「太陽系はここまでわかった」感想。
宇宙。2015年11月28日読了。 »

■アフリカ」カテゴリの記事

◇歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43036/63108493

この記事へのトラックバック一覧です: 吉岡正興・松田素二編「新書アフリカ史」感想。
歴史。2015年11月21日読了。
:

« アクセスカウンター37万突破に感謝。 | トップページ | リチャード・コーフィールド/水谷淳訳「太陽系はここまでわかった」感想。
宇宙。2015年11月28日読了。 »