« サイモン・シン/青木薫訳「宇宙創生(上)」感想。
科学ノンフィクション。2016年02月16日読了。
| トップページ | 黒田龍之助「外国語を学ぶための 言語学の考え方」感想。
エッセイ?2016年02月27日読了。 »

2016/04/24

サイモン・シン/青木薫訳「宇宙創生(下)」感想。
科学ノンフィクション。2016年02月25日読了。


下巻も非常に面白かった。

本書は、各章末に「この章のまとめ」が載っている。これを引用しながら、本書上下巻の魅力について書きたい。


上巻、第1章

紀元前6世紀のギリシャで、哲学者が宇宙を(神話的なことではなく自然現象として)観測し始めた。

宗教との絡みもあり、当初は天動説(地球が宇宙の中心)だったが、16世紀にコペルニクスが地動説(地球が太陽のまわりを回っている)を唱え始めた。

コペルニクスは無名だったから世界的には無視された。しかし、ティコ・ブラーエの観測結果を基にケプラーが改良モデルを発表した。

ガリレオが望遠鏡を使って観測し、その結果を基に地動説を擁護したが、カトリックの総本山ローマから異端扱いされた


第2章

1670年代、レーマーが木星の衛星を観測し、光の速度が有限であることを証明した。

宇宙はエーテルで満たされているという説が主流だった(エーテルは古典SF小説にもよく出てきましたね)

1915年、アインシュタインは思考実験(頭の中で仮説を立て、それを検証する作業)を行い、光の速度は観測者に対して一定という特殊相対性理論を作り上げた

特殊相対性理論はニュートン力学と矛盾していた。1919年、木星の軌道や太陽のまわりの光の間借り方などの検証によって、アインシュタインが正しいと証明された。

フリードマンとルメートルが、ビッグバンの概念を考え出した。


第3章

天文学者は大きな望遠鏡を作って宇宙を観測していた。

1700年代、ハーシェルが、太陽系は銀河系の一部ではないか? という考えを持ち出した

1784年までに、メシエは望遠鏡で観測できる星雲をカタログ化した。その際、星雲は「別の銀河なのか?」という大論争に発展した

1912年、ヘンリエッタ・リーヴィットはケフィウス型変光星を調べ、変更周期が明るさの指標となり、距離を見積もれることを示した。

1923年、ハッブルは星雲の中にケフィウス型変光星を見つけ、その星雲は銀河系より遥か遠くにあることを示した。そして星の光(色んな波長の光が混ざっている)を分析すれば、それがドップラー効果によって遠ざかっていることが分かった

全ての星が地球から遠ざかっていることが分かった。数十億年逆算すると、全ての星は、一点に集まっていることになる。つまりビッグバン仮説が正しい?!


下巻、第4章以降は、

宇宙の始まりはひとつの点だった=ビッグバン理論と、

VS

宇宙は今も昔(数百億年前)もその姿を変えることなく、ずっと同じ姿でいる=宇宙は永遠で静的論


の各論者がどのような論戦を行い、そしてどのような経緯でビッグバン理論が主流になったのか、が下巻では書かれている。


私が子供の頃(1970年代)に読んだSF小説は、エーテルが出てきたり(E.E.スミスのレンズマンシリーズ等)、ビッグバンの欠片も欠片も出てこなかったりしていたが、いつの間にか全世界の天文学者の主流がビッグバン理論になっていた。

ビッグバン理論がどのような経緯で主流になったのか、が本書に書かれているメインテーマなのだが、でもまあなんというか、隅々まで手を抜くことなく丁寧に書かれているので、読者としても気を抜くことなく隅々まで読み尽くしたいという気分にさせてくれる素晴らしい科学ノンフィクションである。


9点/10点満点

|

« サイモン・シン/青木薫訳「宇宙創生(上)」感想。
科学ノンフィクション。2016年02月16日読了。
| トップページ | 黒田龍之助「外国語を学ぶための 言語学の考え方」感想。
エッセイ?2016年02月27日読了。 »

△サイモン・シン/青木薫訳」カテゴリの記事

◇科学」カテゴリの記事

●海外作品(原著英語)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43036/63398322

この記事へのトラックバック一覧です: サイモン・シン/青木薫訳「宇宙創生(下)」感想。
科学ノンフィクション。2016年02月25日読了。
:

« サイモン・シン/青木薫訳「宇宙創生(上)」感想。
科学ノンフィクション。2016年02月16日読了。
| トップページ | 黒田龍之助「外国語を学ぶための 言語学の考え方」感想。
エッセイ?2016年02月27日読了。 »