« 白石隆「崩壊 インドネシアはどこへ行く」感想。
近代史。2016年11月19日読了。
| トップページ | モハメド・オマル・アブディン「わが盲想」感想。
自伝エッセイ。2016年11月28日読了。 »

2017/01/20

池内恵「中東 危機の震源を読む」感想
中東分析。2016年11月27日読了。

2009年に出版された本。イスラム研究家としての池内センセの知名度が上がり、ISISが台頭してきた2015年に増刷になった。この手の本が出版から6年もたって増刷ってのは珍しいんじゃなかろうか。

本書は、新潮社の月刊誌フォーサイトに2004年から連載されていた「中東・危機の震源を読む」の53回分(約4年半)の原稿を連載順に並べたもの。フォーサイトは以前定期購読をしていたが、今は紙媒体はやめてしまってWebマガジン(基本有料、一部無料記事あり)になっている。国際情勢のエキスパートが数多く執筆していて、日本有数の優れた情報源。

本書を出版にあたって内容を再構成するなどは一切なく、単純に連載順に並んでいる。そのため前半部(書かれた時期が古い)(は「この先、○○国の政権は厳しい局面を迎えるだろう」的な文言が出てくるのだが、後の章(書かれた時期が新しい)で「やはりこのように事が進んだ」的な解説が出てくる。結果が分かっていることなので、読んでいてちょっとムズムズした。

全体的には、池内センセの目線を知る本、という印象。悪くはないんですけど、ムズムズするのです。


6点/10点満点

|

« 白石隆「崩壊 インドネシアはどこへ行く」感想。
近代史。2016年11月19日読了。
| トップページ | モハメド・オマル・アブディン「わが盲想」感想。
自伝エッセイ。2016年11月28日読了。 »

◇国際政治・地政学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43036/64771044

この記事へのトラックバック一覧です: 池内恵「中東 危機の震源を読む」感想
中東分析。2016年11月27日読了。
:

« 白石隆「崩壊 インドネシアはどこへ行く」感想。
近代史。2016年11月19日読了。
| トップページ | モハメド・オマル・アブディン「わが盲想」感想。
自伝エッセイ。2016年11月28日読了。 »