« 田中真知「へんな毒 すごい毒」感想。
毒の解説。2017年03月27日読了。
| トップページ | 坪田一男「あなたのこども、そのままだと近視になります。」感想。
医学。2017年04月12日読了。 »

2017/06/03

モイセス・ナイム/加藤万里子訳「権力の終焉」感想。
政治・近未来。2017年04月08日読了

世界中のいたるところで、権力は衰えてきている。

政治の世界では、国連はもうあまり機能していない。
国の最高権力者(大統領や首相)も、かつて(第二次世界大戦の頃)ほどの権力はない。
上場企業の経営者は、四半期決算、年度決算、配当に縛られ、かつて(オイルショックの頃か?)ほど自由に商売ができなくなっている。

民主主義が行き過ぎると、小さな主張だけを取り上げる小さな政党が多数生まれ、絶対多数が生まれにくくなる(例として、2009年のインドでは実に35もの政党が議席を得ていたとのこと)

資本主義が行き過ぎると、株主の言うがまま利益を求める無分別な企業が増える。(例外はいる。Amazonのジェフ・ベゾスやテスラのイーロン・マスクなど)

そういうような趣旨のことを膨大な傍証とともに描かれたのが本書であるが、いまいちピンとこなかった。


6点/10点満点

|

« 田中真知「へんな毒 すごい毒」感想。
毒の解説。2017年03月27日読了。
| トップページ | 坪田一男「あなたのこども、そのままだと近視になります。」感想。
医学。2017年04月12日読了。 »

◇国際政治・地政学」カテゴリの記事

●海外作品(原著英語)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43036/65153118

この記事へのトラックバック一覧です: モイセス・ナイム/加藤万里子訳「権力の終焉」感想。
政治・近未来。2017年04月08日読了
:

« 田中真知「へんな毒 すごい毒」感想。
毒の解説。2017年03月27日読了。
| トップページ | 坪田一男「あなたのこども、そのままだと近視になります。」感想。
医学。2017年04月12日読了。 »