« モイセス・ナイム/加藤万里子訳「権力の終焉」感想。
政治・近未来。2017年04月08日読了
| トップページ | トーマス・フリードマン/マイケル・マンデルバウム/伏見威蕃訳「かつての超大国アメリカ」感想。
アメリカ分析。2017年04月23日読了。 »

2017/06/04

坪田一男「あなたのこども、そのままだと近視になります。」感想。
医学。2017年04月12日読了。

近視は眼鏡で矯正できるし、LASIKなどの外科手術でも矯正できるので、眼科医は近視の原因を調べることに手を出してはいけないのだそうだ(暗黙の了解事項)。

慶応大学医学部眼科教授の著者は、いろいろあって近視の原因の調査に乗り出した。

医学的に明確な根拠があるのは、「毎日屋外で2時間以上遊んでいる子供は近視になりづらい」

これを動物実験で調べていったところ、「紫外線に近い波長の可視光線」を浴びると近視になりづらい、というところまでわかってきた。

この「紫外線に近い波長の可視光線」は、メガネにコーティングされているUVカット機能で、カットされてしまう波長。なので、ちょっとだけ近視の子供がメガネをかけて毎日屋外で2時間遊んでも、近視は進んでしまう。

へえー、なるほどなあ。

と思うのだけれども、本書はやっつけ仕事で書かれた感じがありありとしていて、まとまりが無さ過ぎ。残念な本。


3点/10点満点

|

« モイセス・ナイム/加藤万里子訳「権力の終焉」感想。
政治・近未来。2017年04月08日読了
| トップページ | トーマス・フリードマン/マイケル・マンデルバウム/伏見威蕃訳「かつての超大国アメリカ」感想。
アメリカ分析。2017年04月23日読了。 »

◇科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43036/65153125

この記事へのトラックバック一覧です: 坪田一男「あなたのこども、そのままだと近視になります。」感想。
医学。2017年04月12日読了。
:

« モイセス・ナイム/加藤万里子訳「権力の終焉」感想。
政治・近未来。2017年04月08日読了
| トップページ | トーマス・フリードマン/マイケル・マンデルバウム/伏見威蕃訳「かつての超大国アメリカ」感想。
アメリカ分析。2017年04月23日読了。 »