« R.D.ウィングフィールド/芹澤恵訳「フロスト始末(下)」感想。
多重発生事件解決ミステリ。2017年07月16日読了。
| トップページ | 顔伯鈞/安田峰俊(編訳)「「暗黒・中国」からの脱出 逃亡・逮捕・拷問・脱獄」感想。
中国政府からの逃走。2017年07月22日読了。 »

2017/09/03

橘玲「「リベラル」がうさんくさいのには理由がある」感想。
思想分析エッセイ。2017年07月19日読了。

著者の橘玲(たちばなあきら)氏は、ここ数年、私が最も面白いと感じている作家(タックスヘイブン研究家)。氏の書く内容は、興味の対象が私と似ているので、とても参考になる。

氏はオンラインコラムを複数連載しており、私が読んでいるのは下記。
・ZaiONLINE「橘玲の日々刻々」(週刊プレイボーイの転載)
・ZaiONLINE「橘玲の世界投資見聞録」


本書は、日本のリベラルは「戦争反対」「自衛隊は違憲」「脱原発」などと叫んでいるけど、結構自己矛盾しているよ、という内容。

なかなか面白かったのだが、既視感がものすごくあり、奥付を読んだら週刊プレイボーイ連載+加筆で構成されているとのこと。なるほど、すでにオンラインコラムで読んだ話だったのか。


8点/10点満点

|

« R.D.ウィングフィールド/芹澤恵訳「フロスト始末(下)」感想。
多重発生事件解決ミステリ。2017年07月16日読了。
| トップページ | 顔伯鈞/安田峰俊(編訳)「「暗黒・中国」からの脱出 逃亡・逮捕・拷問・脱獄」感想。
中国政府からの逃走。2017年07月22日読了。 »

◇国際政治・地政学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43036/65603941

この記事へのトラックバック一覧です: 橘玲「「リベラル」がうさんくさいのには理由がある」感想。
思想分析エッセイ。2017年07月19日読了。
:

« R.D.ウィングフィールド/芹澤恵訳「フロスト始末(下)」感想。
多重発生事件解決ミステリ。2017年07月16日読了。
| トップページ | 顔伯鈞/安田峰俊(編訳)「「暗黒・中国」からの脱出 逃亡・逮捕・拷問・脱獄」感想。
中国政府からの逃走。2017年07月22日読了。 »