« パラグ・カンナ/尼丁千津子・木村高子訳「「接続性」の地政学(上)」感想。
地政学。2017年09月12日読了。
| トップページ | 加藤文元「物語 数学の歴史」感想。
数学史。2017年09月26日読了。 »

2018/06/06

パラグ・カンナ/尼丁千津子・木村高子訳「「接続性」の地政学(下)」感想。
地政学。2017年09月21日読了。

・砂は戦略物資である。砂はコンクリートの主要原料である。質の良い砂(=シリカ=二酸化ケイ素)は、オーストラリアから(皮肉なことに)砂漠の国ドバイに輸出されている。

・海上油田の掘削には、GPSを利用した「自動船位保持システム」を用いているので、安定して掘削できる。

・オマーンはアラブ世界で唯一、信仰の自由を保証している。

・マッキンゼーによると、世界の都市のうち、すべてのカテゴリ(物資、サービス、金融、人間、データ)に関して「主要なハブ」と呼べるのはわずか6都市。ニューヨーク、ロンドン、香港、東京、シンガポール、ドバイ

・パキスタンの首相だったブット一族はドバイに亡命していた。


というようなことが次から次へと書かれていて、私は注目ポイントをメモする(付箋を貼る)のに大忙しだった。

本書における著者の主張は、私が勘違いしていなければ次のようなことである。

「国家の枠組みはもう必要ない。グローバルな経済活動が国家を凌駕した。いま重要なのは「場所」である。グローバルな経済活動を行うのに最も重要なのは、(残念ながら)その都市が位置する「場所」なのである。重要な「場所」には、国連の規制、国家間の規制、国の規制など様々な要因があったとしても、それを乗り越えるだけのパワーが働く。それがグローバル経済である。」


的な内容であった。違うかもしれんが。


8点/10点満点

|

« パラグ・カンナ/尼丁千津子・木村高子訳「「接続性」の地政学(上)」感想。
地政学。2017年09月12日読了。
| トップページ | 加藤文元「物語 数学の歴史」感想。
数学史。2017年09月26日読了。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43036/65801369

この記事へのトラックバック一覧です: パラグ・カンナ/尼丁千津子・木村高子訳「「接続性」の地政学(下)」感想。
地政学。2017年09月21日読了。
:

« パラグ・カンナ/尼丁千津子・木村高子訳「「接続性」の地政学(上)」感想。
地政学。2017年09月12日読了。
| トップページ | 加藤文元「物語 数学の歴史」感想。
数学史。2017年09月26日読了。 »