« 野口悠紀雄「入門 ビットコインとブロックチェーン」感想。
新書。2018年01月05日読了。
| トップページ | ジョビー・ウォリック/伊藤真訳「ブラック・フラッグス(上) 「イスラム国」台頭の軌跡」感想。
ルポ。2018年01月26日読了。 »

2018/06/18

神林長平「敵は海賊・海賊の敵」感想。
SF小説。2018年01月12日読了。

「敵は海賊」シリーズは、やっぱり長編の方が良い。

海賊・匋冥(ヨーメイ)が本人の与り知らぬところで宗教の教祖になってしまっている、という話。神林長平の宗教考察が鋭くて、その部分はとても面白い。

話自体はシリーズ物の宿命、予定調和で進んでいくので、飽きたといえば飽きた展開。

しかしまあ、匋冥は相変わらず無敵すぎる。


7点/10点満点

|

« 野口悠紀雄「入門 ビットコインとブロックチェーン」感想。
新書。2018年01月05日読了。
| トップページ | ジョビー・ウォリック/伊藤真訳「ブラック・フラッグス(上) 「イスラム国」台頭の軌跡」感想。
ルポ。2018年01月26日読了。 »

◆小説・SFホラーファンタジー」カテゴリの記事

▲神林長平」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神林長平「敵は海賊・海賊の敵」感想。
SF小説。2018年01月12日読了。
:

« 野口悠紀雄「入門 ビットコインとブロックチェーン」感想。
新書。2018年01月05日読了。
| トップページ | ジョビー・ウォリック/伊藤真訳「ブラック・フラッグス(上) 「イスラム国」台頭の軌跡」感想。
ルポ。2018年01月26日読了。 »