« エリック・シュローサー/布施由紀子訳「核は暴走する(下)」感想。
ルポ。2018年11月06日読了。
| トップページ | 鈴木智彦「サカナとヤクザ」感想。<br />ルポ。2018年11月17日読了。 »

2019/01/05

小泉宏之「宇宙はどこまで行けるか」感想。
サイエンス。2018年11月12日読了。

人工衛星のエンジン・エンジニア(東京大学大学院准教授)である著者が、ロケットの仕組みと人工衛星のエンジンの仕組みを詳しく解説し、今の技術で人工衛星はどこまで行けるのか、これからの技術でどこまで行けるのか、を解説した本。ブルーバックスじゃなく、中公新書である(珍しい)

私的10点満点。

但しこれは、私の興味の対象にドンピシャに当てはまったからであり、宇宙に関心がないが読んでもそれほど面白くないかもしれない。

文章はうまいので、宇宙に関心がある人なら結構楽しめると思う。


10点/10点満点

|

« エリック・シュローサー/布施由紀子訳「核は暴走する(下)」感想。
ルポ。2018年11月06日読了。
| トップページ | 鈴木智彦「サカナとヤクザ」感想。<br />ルポ。2018年11月17日読了。 »

◇科学」カテゴリの記事

☆私的10点満点」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43036/67559639

この記事へのトラックバック一覧です: 小泉宏之「宇宙はどこまで行けるか」感想。
サイエンス。2018年11月12日読了。
:

« エリック・シュローサー/布施由紀子訳「核は暴走する(下)」感想。
ルポ。2018年11月06日読了。
| トップページ | 鈴木智彦「サカナとヤクザ」感想。<br />ルポ。2018年11月17日読了。 »