« 梶谷懐「中国経済講義」感想。
経済。2018年12月03日読了。
| トップページ | 神林長平「鏡像の敵」感想。
SF短編集。2018年12月08日読了。 »

2019/01/05

堤未果「日本が売られる」感想。
いわゆる新書。2018年12月06日読了。

著者は「ルポ貧困大国アメリカ」を書いた人で、信頼できるジャーナリストと私は認識している。

タイトルも内容も、なんというかウケ狙いな部分を感じなくもないが、一気に読ませる面白さがある。

とりあえず著者は竹中平蔵とパソナが嫌いみたいだ。


7点/10点満点

|

« 梶谷懐「中国経済講義」感想。
経済。2018年12月03日読了。
| トップページ | 神林長平「鏡像の敵」感想。
SF短編集。2018年12月08日読了。 »

◇いわゆる新書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43036/67559733

この記事へのトラックバック一覧です: 堤未果「日本が売られる」感想。
いわゆる新書。2018年12月06日読了。
:

« 梶谷懐「中国経済講義」感想。
経済。2018年12月03日読了。
| トップページ | 神林長平「鏡像の敵」感想。
SF短編集。2018年12月08日読了。 »