« 2020年12月 | トップページ | 2022年1月 »

2021/01/31

坂口安紀「ベネズエラ 溶解する民主主義、破綻する経済」感想。調査。2021年01月31日読了

 

著者は女性で、1964年生まれ、奈良県出身。88年国際基督教大学(ICU)教養学部卒。90年米カリフォルニア大学ロスアンジェルス校(UCLA)修士号(MA)取得。同年アジア経済研究所入所、同地域研究センター/ラテンアメリカ研究グループ長を経て、2018年より主任調査研究員。専門/ベネズエラ地域研究。
ベネズエラには2回、合計4年住んで研究していたとのこと。

 

日本でベネズエラと言えば、野球選手である。ロベルト・ペタジーニ(ヤクルト・巨人)、アレックス・カブレラ(西武・オリックス・SB)、アレックス・ラミレス(ヤクルト・巨人・DeNA)、エルネスト・メヒア(西武)、ホセ・ロペス(巨人・DeNA)、ロベルト・スアレス(SB・阪神)、そしてMLBの三冠王ミゲル・カブレラ。ということもあり、ベネズエラにネガティブな印象を持つ日本人は割と少ない(たぶん)。

 

しかし今のベネズエラは政治も治安も経済も、どれもこれも最悪である。
ちなみにハイパーインフレが起きており、通貨は紙くず。リンク先のwikipedia(英語)に記載ある通り、2018年度のインフレ率は130,000%(13万%)。1年間でモノの値段が1300倍になったということである(正確には、通貨の価値が下がった)。
インフレになった理由は単純。紙幣を刷りまくったからである。

 

ベネズエラは世界最大の石油埋蔵国である。サウジアラビアより多くの石油が眠っている。しかし前大統領チャベス時代(1999年に初当選、2013年在任中に死去)に、石油収入を当てにして貧困層に対するバラマキ政治を行った。チャベス在任時の石油価格は1バレル80ドル~100ドル。その利益をチャベス政権の収入にしてしまい(国庫ではない。政権の収入。従って支出に議会のチェックが働かない)、貧困層に無料で住宅や家電を配布し、無料の医療サービスや、無料の学校なども作った。すべてチャベス支持者だけが利用できる。

 

その頃、反チャベス派の勢いが増し、たった2日間であるがチャベスは国外に脱出する羽目になった。それ以降、チャベスはどんどんバラマキを加速させる。石油の利益を全てバラマキに使った。国債の返済にも石油の利益を使った。結果、石油会社は新技術への投資どころか、メインテナンス費用も捻出できなくなってしまった。
だがチャベスは、石油会社の言い分に聞く耳を持たず、石油会社そのものを国家接収した。(その後、ありとあらゆる企業を国家接収し、競争力を失わせ、従業員のやる気をなくさせ、ベネズエラはありとあらゆる産業の生産性が極端に落ちた)

 

ベネズエラの石油は、普通の石油が採れるマラカイボ油田と、超重質油(アスファルトのように粘度が高く、軽質油を混ぜないと採掘できない)しか採れないオリノコ油田がある。オリノコ油田の採掘コストは1バレル70ドルとも言われており、石油価格が1バレル80ドルだとほとんど利益が出ない状況にある(2021年の今は50ドルを切ることもある)。だがベネズエラの石油にアクセスしたい欧米企業は、合弁企業という形態ではなく、単なるサービス提供企業としてしか認められなくなっていった。

 

チャベスは就任直後は反米ではなかったが、次第に反米色を増していった。しかしベネズエラの石油の半分以上はアメリカに輸出されていた。アメリカ依存度を下げるため、石油価格がイケイケだった時、ベネズエラはキューバに石油を無償提供した(その代わりに、医者や軍人を呼び寄せた)。中国やロシア、イランや北朝鮮にも接触した。

 

なぜこんなことになったのか、を著者はチャベス時代、およびそれより以前の政治に答えを見出す。
歴代のベネズエラ大統領は、石油会社に都合の良い条件で採掘させていた。それが故に外資がどんどん入り込み、ベネズエラの石油産業は発展した。しかし、石油という資源を持ち石油会社は巨額の利益を出しながら、国民には還元されない。それに怒った国民の力により政権が交代し、石油は国民の共有財産であるという合意が形成された。それ以降、ベネズエラ政治にとって、石油はアンタッチャブルな聖域になってしまった。

 

 

現在の大統領はマドゥロである。無能極まりない人物である。しかしマドゥロもかわいそうな一面がある。石油の値段が高かった時代にチャベスがばらまいた金(=借金)を支払っているのである。石油価格が下落したので財源がないにもかかわらず、ただ借金を返済しているのである。

 

ありとあらゆる産業を国有化したツケは重く、GDPが3年で半減してしまった。

 

というようなことが書かれている(註:上記は要約ではない。本書はもっと細かく丁寧な解説がなされている)。

 

極めて良い本。

8点/10点満点

| | コメント (0)

灯油価格の推移(千葉県柏市・1997-2020年11月) 追記:エアコン暖房だと?

千葉県柏市豊四季→柏市柏に移り住んだ柏在住30年の一人暮らし男の暖房費推移(1997-2020NOW)
備忘録として過去の灯油18リットルの価格推移を記す。(千葉県柏市在住)

※さらに近況を延々毎年更新(2021年1月現在更新中)

 

◆2DK鉄骨モルタルアパート暮らし(6畳+4畳半+DK4畳半) だった頃
石油ファンヒーターは4リットルタンクの小型のもの。

◆1997-98シーズン
1997年11月24日(祝) ・ 800円
1997年12月27日(土) ・ 800円
1998年02月08日(日) ・ 800円
1998年03月07日(土) ・ 800円

シーズン計4回購入3,200円

◆1998-99シーズン
1998年11月22日(日) ・ 760円
1998年12月12日(土) ・ 670円
1998年12月30日(水) ・ 660円
1999年01月15日(祝) ・ 660円
1999年02月07日(日) ・ 660円
1999年02月28日(日) ・ 670円

シーズン計6回購入4,080円

◆1999-2000シーズン
1999年12月04日(土) ・ 735円
1999年12月25日(土) ・ 570円
2000年01月09日(日) ・ 680円
2000年01月29日(土) ・ 740円
2000年02月05日(土) ・ 610円
2000年03月11日(土) ・ 740円

シーズン計6回購入4,075円

◆2000-01シーズン
2000年11月07日(祝) ・ 950円
2000年11月25日(土) ・ 890円
2000年12月16日(土) ・ 870円
2001年01月10日(祝) ・ 950円
2001年01月20日(土) ・ 700円
2001年02月03日(土) ・ 840円
2001年02月17日(土) ・ 830円
2001年03月04日(祝) ・ 950円

シーズン計8回購入6,980円

◆2001-02シーズン
2001年11月24日(土) ・ 790円
2001年12月22日(土) ・ 700円
2002年01月12日(土) ・ 680円

シーズン計3回購入2,170円

◆2002-03シーズン
※石油ファンヒーターを9リットルの中型に買い換える。
2002年11月10日(日) ・ 880円
2002年12月07日(土) ・ 780円
2002年12月21日(土) ・ 750円
2002年12月28日(土) ・ 790円
2003年01月11日(土) ・ 790円
2003年01月25日(土) ・ 790円
2003年02月08日(土) ・ 790円
2003年02月22日(土) ・ 800円
2003年03月15日(土) ・ 790円

シーズン計9回購入7,160円

◆2003-04シーズン
2003年11月15日(土) ・ 900円
2003年11月29日(土) ・ 820円
2003年12月20日(土) ・ 790円
2003年12月30日(火) ・ 850円
2004年01月10日(土) ・ 780円
2004年01月24日(土) ・ 750円
2004年02月07日(土) ・ 750円
2004年02月21日(土) ・ 700円
2004年03月20日(土) ・ 750円

シーズン計9回購入7,090円

◆2004-05シーズン
2004年11月20日(土) ・ 1080円
2004年12月11日(土) ・ 1080円
2004年12月30日(木) ・ 1080円
2005年01月15日(土) ・ 1000円
2005年01月29日(土) ・ 1050円
2005年02月12日(土) ・ 1050円

※3月・3LDKマンションに引っ越し(10畳リビング+6畳和室+6畳+4畳半)
※石油ファンヒーターは相変わらず9リットルタイプを使用中。

2005年03月06日(日) ・ 850円

シーズン計7回購入7,190円

◆2005-06シーズン
2005年12月18日(日) ・ 1170円
2005年12月25日(日) ・ 1260円
2006年01月08日(日) ・ 1350円
2006年01月29日(日) ・ 1390円
2006年02月11日(土) ・ 1390円
2006年03月04日(土) ・ 1386円

シーズン計6回購入7,946円

◆2006-07シーズン
2006年11月23日(祝) ・ 1350円
2006年12月10日(日) ・ 1350円
2006年12月30日(土) ・ 1350円
2007年01月06日(土) ・ 1350円
2007年01月27日(土) ・ 1350円

シーズン計5回購入6,750円

◆2007-08シーズン
2007年11月17日(土) ・ 1530円
2007年12月08日(土) ・ 1710円
2007年12月22日(土) ・ 1710円
2008年01月12日(土) ・ 1710円
2008年01月19日(土) ・ 1710円
2008年02月02日(土) ・ 1710円
2008年02月17日(日) ・ 1710円

シーズン計7回購入11,790円

◆2008-09シーズン
※12月後半までエアコン暖房を試みるが、エアコンのパワー不足で断念。
2008年12月23日(祝) ・ 1170円
2009年01月11日(日) ・ 1170円
2009年01月24日(土) ・ 1170円
2009年02月22日(日) ・ 1170円

シーズン計4回購入4,680円

◆2009-10シーズン
※会社を辞めて世界一周旅行に出たので灯油を買わず。
2009年11月04日より世界一周旅行開始。
2010年1月に一時帰国(欧州極寒)、2週間後再出発。
2010年3月に再び一時帰国(肝炎)。治療に2ヶ月。
前年シーズンは3月に入るとそこそこ暖かかったが、2009-10年シーズンは4月まで寒い日々が続いた。結局灯油を買いそびれエアコンで過ごした。

◆2010-11シーズン
噂では18リットル1500円台と聞いたので、今シーズンはエアコンだけで乗り切れるか試してみる。だいたい、ひと冬6回購入するので、1500円×6=9000円以内のアップ幅であれば、エアコンで暖房でも問題なしである。(ちなみに私はいい歳こいて世界一周したツケで現在無職・ひとり暮らし・一日中自宅にいることが多い)

          2008-2009年   2010-2011年
10月の電気代 4036円(155kwh) 4365円(180kwh) ほぼ例年並み
11月の電気代 4585円(179kwh) 4596円(193Kwh) ほぼ例年並み
12月の電気代 4310円(167kwh) 5336円(229kwh) アップ幅1026円
01月の電気代 5322円(199kwh) 7305円(323kwh) アップ幅1983円
02月の電気代 5201円(194kwh) 8411円(374kwh) アップ幅3210円
03月の電気代 4497円(165kwh) 7387円(327kwh) アップ幅2890円(ここで大震災)
04月の電気代 4272円(159kwh) 6725円(294kwh) アップ幅2453

アップ幅合計11,562円 →灯油ストーブの方が安かったじゃねーか。

◆2011-12シーズン
※この年の9-10月はフィリピン・セブ島に短期英語留学していた
※この年も途中までエアコンで過ごしていたが、寒くて無理。2月になってストーブを出す。
※近所に出来たセルフスタンドに、セルフ灯油販売あり。細かな買い方ができるようになった。
2012年02月02日(木) ・ 1600円(但し19.52リットル/1リットル82円)
2012年02月13日(月) ・ 1470円
2012年03月01日(木) ・ 1500円(但し15.96リットル/1リットル94円)
2012年03月20日(火) ・ 600円(但し6.39リットル/1リットル94円)

シーズン計4回購入5,170円

◆2012-13シーズン
※このシーズンは無職の引き籠もり。
2012年11月19日(月) ・ 1548円
2012年12月14日(金) ・ 1548円
2013年01月03日(木) ・ 1692円
2013年01月17日(木) ・ 1692円
2013年02月03日(日) ・ 1692円
2013年02月14日(木) ・ 1692円

シーズン計6回購入9,864円

◆2013-14シーズン
※働き始めたので、平日昼間の暖房費がかからなかった。
2013年11月23日(祝) ・ 1674円
2013年12月29日(日) ・ 1728円
2014年01月18日(土) ・ 1728円
2014年02月11日(祝) ・ 1728円
2014年03月16日(日) ・ 1000円(但し、10.42リットル、1リットル96円) 

シーズン計5回購入7,858円

◆2014-15シーズン
2014年12月07日(日) ・ 1566円
2015年01月25日(日) ・ 1206円(安くなったなあ)(&例年より明らかに暖かいぞ)

シーズン計2回購入2,772円

◆2015-16シーズン
2015年12月02日(水) ・ 1062円
2016年01月23日(土) ・ 756円
2016年03月11日(金) ・ 792円

シーズン計3回購入2,610円

◆2016-17シーズン
2016年11月10日(木) ・ 990円
2016年12月07日(水) ・ 1170円
2016年12月28日(水) ・ 1314円
2017年01月21日(土) ・ 1350円
2017年02月12日(日) ・ 1350円
2017年03月15日(水) ・ 1000円

シーズン計6回購入7,174円

◆2017-18シーズン
2017年11月29日(水) ・ 1350円
2017年12月24日(日) ・ 1404円
2018年01月21日(日) ・ 1458円
2018年02月23日(金) ・ 1530円

シーズン計4回購入5,742円

◆2018-19シーズン
2018年10月14日(日) ・ 1638円
2018年12月24日(月) ・ 1602円
2019年02月16日(土) ・ 1000円(但し、12.5リットル、1リットル80円) 

シーズン計3回購入4,240円

◆2019-2020年シーズン
2019年11月17日(土) ・ 1602円
2020年01月05日(日) ・ 1638円

シーズン計2回購入3,240円

◆2020-2021年シーズン
※コロナで在宅ワークになった。今冬は暖房費がかかるだろう。

2020年11月07日(土) ・ 1170円

2021年01月01日(金) ・ 1350円

2021年01月31日(日) ・ 1440円

 

◆弐瓶勉の「人形の国」。シドニアの騎士より分かりやすいかなあ↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2021/01/01

わたくしの読書量 月別の推移

赤と黒は私的に読書量が少ないアラートである。

1994年-2017年で3回しかアラートが出ていないのに、

2018年に2回、2019年に3回、2020年には10回もアラートが出た。我が読書人生最大の危機である。

 

天野才蔵 読書量月別推移 2020年12月末まで
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020 3 1 1 0 0 1 1 1 0 1 0 4
2019 5 7 4 2 3 3 3 1 2 1 2 1
2018 4 8 3 2 7 4 3 3 0 1 6 6
2017 6 5 6 4 4 6 9 8 4 5 8 5
2016 4 4 5 8 4 2 3 7 6 4 7 6
2015 8 6 3 2 5 8 9 5 9 5 4 4
2014 6 8 5 10 5 5 6 7 4 8 6 3
2013 7 5 10 8 4 8 9 8 6 10 11 5
2012 13 7 9 8 7 7 5 6 12 8 6 10
2011 8 6 2 5 2 3 9 8 2 5 8 11
2010 3 1 4 2 3 0 10 13 5 8 5 5
2009 9 6 9 6 9 9 11 4 11 3 2 1
2008 12 7 10 10 9 11 10 13 9 8 10 10
2007 8 15 13 16 14 15 15 12 5 10 11 11
2006 9 8 8 6 7 7 12 8 8 14 7 11
2005 9 6 8 6 10 19 5 13 5 10 7 9
2004 4 3 3 13 8 12 5 11 6 6 7 7
2003 6 5 6 8 2 6 7 5 3 14 3 6
2002 6 8 6 6 5 7 6 6 6 11 6 6
2001 4 5 5 3 3 6 7 10 5 5 6 6
2000 5 4 5 5 6 4 6 4 5 6 4 3
1999 5 6 2 7 6 8 5 6 3 3 6 7
1998 11 6 5 6 4 5 8 4 6 4 8 5
1997 8 4 6 9 7 8 11 8 3 9 4 11
1996 10 9 6 11 4 8 7 3 9 4 5 5
1995 2 6 4 7 5 4 9 4 6 8 7 11
1994 8 8 11 5 5 6 8 4 6 4 4 7

 

人生オールタイムベストに入るかもしれない傑作ルポ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

わたくしの読書累計一覧表 1994年~2020年末まで。

1994-1997の間は、非小説をあまり読んでいなかったのでジャンル分けしていない。

合計2049冊/27年(年平均75.8冊)

 

天野才蔵 2020年末マデの読書総括
西暦 SF系 冒険系 歴史系 純文学 小説計 ルポ 新書 旅モノ 実用書 非小説計 合計
2020 0 2 0 0 2 8 1 0 1 11 13
2019 0 1 0 0 1 9 8 4 12 33 34
2018 2 2 0 0 4 21 15 2 5 43 47
2017 5 12 2 0 19 36 8 4 3 51 70
2016 0 0 0 0 0 32 11 6 11 60 60
2015 0 1 1 0 2 42 14 2 8 66 68
2014 0 6 1 0 7 37 12 15 2 66 73
2013 1 1 2 0 4 17 44 17 9 87 91
2012 0 7 22 5 34 32 7 10 15 64 98
2011 4 2 0 0 6 34 6 12 11 63 69
2010 1 4 0 0 5 20 13 13 8 54 59
2009 4 8 4 3 19 16 13 24 8 61 80
2008 6 11 22 5 44 19 18 23 15 75 119
2007 12 8 6 6 32 21 30 41 21 113 145
2006 11 15 6 8 40 23 12 9 21 65 105
2005 11 14 9 4 38 11 2 41 15 69 107
2004 13 14 32 0 59 5 0 17 4 26 85
2003 20 26 3 6 55 4 1 3 8 16 71
2002 17 22 20 12 71 0 0 2 6 8 79
2001 15 19 16 6 56 1 0 0 8 9 65
2000 14 18 11 4 47 1 0 0 9 10 57
1999 20 11 11 3 45 5 0 4 10 19 64
1998 18 20 3 2 43 8 0 2 19 29 72
1997 16 34 21 2 73       15 15 88
1996 23 36 7 0 66       15 15 81
1995 9 50 0 3 62       11 11 73
1994 19 45 0 5 69       7 7 76

 

◆我が人生オールタイムベスト5に入る超良書↓

| | コメント (0)

2020年の読書総括。わずか13冊

2020年の読書総括を表にまとめました。

 

昨年の読書総数はなんとわずか13冊。過去27年で最小記録。前年に引き続いて最少記録更新。
すさまじい勢いで本を読めなくなってきている。
通勤電車で本を読む、というのが私の読書スタイルだったが、2020年はコロナで通勤しなくなってしまった。2021年以降、コロナが収まったとしても、通勤が復活するとも思えない(現勤務先では、リモートワークでも売り上げは落ちていない)。

 

天野才蔵 2020年の読書総括
  ジャンル 国内 海外 合計数
         
小説 SF・ファンタジー・ホラー 0 0
小説 冒険・ミステリ 0 2 2
小説 歴史・時代・武侠 0 0 0
小説 純文学・青春 0 0 0
  小説小計 0 2 2
         
その他 ノンフィクション・ルポ 7 1 8
その他 新書・ブルーバックス 1 0 1
その他 紀行文・旅・エッセイ 0 0 0
その他 ビジネス・経済他 2 0 2
  その他小計 10 1 11
         
  総合計 10 3 13

 

らーめん発見伝、らーめん才遊記で大活躍した芹沢達也が戻ってきたぞ!

| | コメント (0)

« 2020年12月 | トップページ | 2022年1月 »