« ダリル・ブリッカー/ジョン・イビットソン「2050年 世界人口大現象」感想。2021年11月17日読了。 | トップページ | 2021年の読書総括。わずか、わずか10冊。 »

2022/01/03

10人共著「SDGsの不都合な真実」感想。2021年12月25日読了。

 

「地球温暖化でいったい誰が設けているのか」

 

ま、その通り。

 

「地球温暖化」説で設けている奴がいる。筆頭はクリントン政権時のアメリカ副大統領だったアル・ゴア。
世界規模の「世論のうねり」を作り出せば、それはイコール儲けにつながる。先に手を出した奴ほどもうかる。

 

分かっているのに、マスコミがミスリード(誤った誘導)する。ミスリードすればするほど、先行者利益は計り知れない。
理系だったらサルでもわかる。
電気エネルギーは小売りが悪いことを。
その声はマスコミは拾わない。

 

地球温暖化の原因が二酸化炭素「だけ」になっているのも、先行者利益を得たい企業とマスコミのミスリード。

 

「二酸化炭素」の排出量を減らしたいのだったら、原子力発電にするのが最も賢い選択。

 

ということを本に著してくれただけマシなのかな。内容はイマイチだけど。

 

7点/10点満点(共著なので各論が「とても」薄い)

|

« ダリル・ブリッカー/ジョン・イビットソン「2050年 世界人口大現象」感想。2021年11月17日読了。 | トップページ | 2021年の読書総括。わずか、わずか10冊。 »

◇世界についての本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダリル・ブリッカー/ジョン・イビットソン「2050年 世界人口大現象」感想。2021年11月17日読了。 | トップページ | 2021年の読書総括。わずか、わずか10冊。 »