« 廣瀬陽子「ハイブリッド戦争」感想。2021年6月15日読了。 | トップページ | 北岡伸一・細谷雄一編「新しい地政学」感想。2021年10月26日読了。 »

2022/01/03

橘玲「無理ゲー社会」感想。2021年8月6日読了。

 

親が貧乏だったら、そもそも大学進学ができないじゃないか。
親がバカだったら、それを遺伝している自分は賢くなれないじゃないか。
親が怠惰だったら、自分も怠惰な人生を送るに決まっているじゃないか。

 

これらが親ガチャの例。

 

親の経済的状態や、親から遺伝された資質で、自分の今の境遇が悪い。悪いのは自分ではない。

 

というようなことを含め、今の社会を生きるのは「無理ゲー(攻略するのが無理なゲーム)」と定義づける。

 

橘氏の着眼点はいつも良い。時に世間の2周か3周先に行っているため、世間から理解されない部分もあるが、本書に限って言えば「親ガチャ」「人生は無理ゲー」という極めて分かりやすい言葉を使っているため、容易に理解できる。

 

私は橘信者に近い状態にあり、Webコラムはほとんど目を通している。そういう意味では新鮮味はなかった(たぶんどこかのWebコラム、Web記事で書いたことの集大成なのだと思う)。

 

だが良い。

 

7点/10点満点

|

« 廣瀬陽子「ハイブリッド戦争」感想。2021年6月15日読了。 | トップページ | 北岡伸一・細谷雄一編「新しい地政学」感想。2021年10月26日読了。 »

◇いわゆる新書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 廣瀬陽子「ハイブリッド戦争」感想。2021年6月15日読了。 | トップページ | 北岡伸一・細谷雄一編「新しい地政学」感想。2021年10月26日読了。 »