カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の記事

2021/01/31

灯油価格の推移(千葉県柏市・1997-2020年11月) 追記:エアコン暖房だと?

千葉県柏市豊四季→柏市柏に移り住んだ柏在住30年の一人暮らし男の暖房費推移(1997-2020NOW)
備忘録として過去の灯油18リットルの価格推移を記す。(千葉県柏市在住)

※さらに近況を延々毎年更新(2021年1月現在更新中)

 

◆2DK鉄骨モルタルアパート暮らし(6畳+4畳半+DK4畳半) だった頃
石油ファンヒーターは4リットルタンクの小型のもの。

◆1997-98シーズン
1997年11月24日(祝) ・ 800円
1997年12月27日(土) ・ 800円
1998年02月08日(日) ・ 800円
1998年03月07日(土) ・ 800円

シーズン計4回購入3,200円

◆1998-99シーズン
1998年11月22日(日) ・ 760円
1998年12月12日(土) ・ 670円
1998年12月30日(水) ・ 660円
1999年01月15日(祝) ・ 660円
1999年02月07日(日) ・ 660円
1999年02月28日(日) ・ 670円

シーズン計6回購入4,080円

◆1999-2000シーズン
1999年12月04日(土) ・ 735円
1999年12月25日(土) ・ 570円
2000年01月09日(日) ・ 680円
2000年01月29日(土) ・ 740円
2000年02月05日(土) ・ 610円
2000年03月11日(土) ・ 740円

シーズン計6回購入4,075円

◆2000-01シーズン
2000年11月07日(祝) ・ 950円
2000年11月25日(土) ・ 890円
2000年12月16日(土) ・ 870円
2001年01月10日(祝) ・ 950円
2001年01月20日(土) ・ 700円
2001年02月03日(土) ・ 840円
2001年02月17日(土) ・ 830円
2001年03月04日(祝) ・ 950円

シーズン計8回購入6,980円

◆2001-02シーズン
2001年11月24日(土) ・ 790円
2001年12月22日(土) ・ 700円
2002年01月12日(土) ・ 680円

シーズン計3回購入2,170円

◆2002-03シーズン
※石油ファンヒーターを9リットルの中型に買い換える。
2002年11月10日(日) ・ 880円
2002年12月07日(土) ・ 780円
2002年12月21日(土) ・ 750円
2002年12月28日(土) ・ 790円
2003年01月11日(土) ・ 790円
2003年01月25日(土) ・ 790円
2003年02月08日(土) ・ 790円
2003年02月22日(土) ・ 800円
2003年03月15日(土) ・ 790円

シーズン計9回購入7,160円

◆2003-04シーズン
2003年11月15日(土) ・ 900円
2003年11月29日(土) ・ 820円
2003年12月20日(土) ・ 790円
2003年12月30日(火) ・ 850円
2004年01月10日(土) ・ 780円
2004年01月24日(土) ・ 750円
2004年02月07日(土) ・ 750円
2004年02月21日(土) ・ 700円
2004年03月20日(土) ・ 750円

シーズン計9回購入7,090円

◆2004-05シーズン
2004年11月20日(土) ・ 1080円
2004年12月11日(土) ・ 1080円
2004年12月30日(木) ・ 1080円
2005年01月15日(土) ・ 1000円
2005年01月29日(土) ・ 1050円
2005年02月12日(土) ・ 1050円

※3月・3LDKマンションに引っ越し(10畳リビング+6畳和室+6畳+4畳半)
※石油ファンヒーターは相変わらず9リットルタイプを使用中。

2005年03月06日(日) ・ 850円

シーズン計7回購入7,190円

◆2005-06シーズン
2005年12月18日(日) ・ 1170円
2005年12月25日(日) ・ 1260円
2006年01月08日(日) ・ 1350円
2006年01月29日(日) ・ 1390円
2006年02月11日(土) ・ 1390円
2006年03月04日(土) ・ 1386円

シーズン計6回購入7,946円

◆2006-07シーズン
2006年11月23日(祝) ・ 1350円
2006年12月10日(日) ・ 1350円
2006年12月30日(土) ・ 1350円
2007年01月06日(土) ・ 1350円
2007年01月27日(土) ・ 1350円

シーズン計5回購入6,750円

◆2007-08シーズン
2007年11月17日(土) ・ 1530円
2007年12月08日(土) ・ 1710円
2007年12月22日(土) ・ 1710円
2008年01月12日(土) ・ 1710円
2008年01月19日(土) ・ 1710円
2008年02月02日(土) ・ 1710円
2008年02月17日(日) ・ 1710円

シーズン計7回購入11,790円

◆2008-09シーズン
※12月後半までエアコン暖房を試みるが、エアコンのパワー不足で断念。
2008年12月23日(祝) ・ 1170円
2009年01月11日(日) ・ 1170円
2009年01月24日(土) ・ 1170円
2009年02月22日(日) ・ 1170円

シーズン計4回購入4,680円

◆2009-10シーズン
※会社を辞めて世界一周旅行に出たので灯油を買わず。
2009年11月04日より世界一周旅行開始。
2010年1月に一時帰国(欧州極寒)、2週間後再出発。
2010年3月に再び一時帰国(肝炎)。治療に2ヶ月。
前年シーズンは3月に入るとそこそこ暖かかったが、2009-10年シーズンは4月まで寒い日々が続いた。結局灯油を買いそびれエアコンで過ごした。

◆2010-11シーズン
噂では18リットル1500円台と聞いたので、今シーズンはエアコンだけで乗り切れるか試してみる。だいたい、ひと冬6回購入するので、1500円×6=9000円以内のアップ幅であれば、エアコンで暖房でも問題なしである。(ちなみに私はいい歳こいて世界一周したツケで現在無職・ひとり暮らし・一日中自宅にいることが多い)

          2008-2009年   2010-2011年
10月の電気代 4036円(155kwh) 4365円(180kwh) ほぼ例年並み
11月の電気代 4585円(179kwh) 4596円(193Kwh) ほぼ例年並み
12月の電気代 4310円(167kwh) 5336円(229kwh) アップ幅1026円
01月の電気代 5322円(199kwh) 7305円(323kwh) アップ幅1983円
02月の電気代 5201円(194kwh) 8411円(374kwh) アップ幅3210円
03月の電気代 4497円(165kwh) 7387円(327kwh) アップ幅2890円(ここで大震災)
04月の電気代 4272円(159kwh) 6725円(294kwh) アップ幅2453

アップ幅合計11,562円 →灯油ストーブの方が安かったじゃねーか。

◆2011-12シーズン
※この年の9-10月はフィリピン・セブ島に短期英語留学していた
※この年も途中までエアコンで過ごしていたが、寒くて無理。2月になってストーブを出す。
※近所に出来たセルフスタンドに、セルフ灯油販売あり。細かな買い方ができるようになった。
2012年02月02日(木) ・ 1600円(但し19.52リットル/1リットル82円)
2012年02月13日(月) ・ 1470円
2012年03月01日(木) ・ 1500円(但し15.96リットル/1リットル94円)
2012年03月20日(火) ・ 600円(但し6.39リットル/1リットル94円)

シーズン計4回購入5,170円

◆2012-13シーズン
※このシーズンは無職の引き籠もり。
2012年11月19日(月) ・ 1548円
2012年12月14日(金) ・ 1548円
2013年01月03日(木) ・ 1692円
2013年01月17日(木) ・ 1692円
2013年02月03日(日) ・ 1692円
2013年02月14日(木) ・ 1692円

シーズン計6回購入9,864円

◆2013-14シーズン
※働き始めたので、平日昼間の暖房費がかからなかった。
2013年11月23日(祝) ・ 1674円
2013年12月29日(日) ・ 1728円
2014年01月18日(土) ・ 1728円
2014年02月11日(祝) ・ 1728円
2014年03月16日(日) ・ 1000円(但し、10.42リットル、1リットル96円) 

シーズン計5回購入7,858円

◆2014-15シーズン
2014年12月07日(日) ・ 1566円
2015年01月25日(日) ・ 1206円(安くなったなあ)(&例年より明らかに暖かいぞ)

シーズン計2回購入2,772円

◆2015-16シーズン
2015年12月02日(水) ・ 1062円
2016年01月23日(土) ・ 756円
2016年03月11日(金) ・ 792円

シーズン計3回購入2,610円

◆2016-17シーズン
2016年11月10日(木) ・ 990円
2016年12月07日(水) ・ 1170円
2016年12月28日(水) ・ 1314円
2017年01月21日(土) ・ 1350円
2017年02月12日(日) ・ 1350円
2017年03月15日(水) ・ 1000円

シーズン計6回購入7,174円

◆2017-18シーズン
2017年11月29日(水) ・ 1350円
2017年12月24日(日) ・ 1404円
2018年01月21日(日) ・ 1458円
2018年02月23日(金) ・ 1530円

シーズン計4回購入5,742円

◆2018-19シーズン
2018年10月14日(日) ・ 1638円
2018年12月24日(月) ・ 1602円
2019年02月16日(土) ・ 1000円(但し、12.5リットル、1リットル80円) 

シーズン計3回購入4,240円

◆2019-2020年シーズン
2019年11月17日(土) ・ 1602円
2020年01月05日(日) ・ 1638円

シーズン計2回購入3,240円

◆2020-2021年シーズン
※コロナで在宅ワークになった。今冬は暖房費がかかるだろう。

2020年11月07日(土) ・ 1170円

2021年01月01日(金) ・ 1350円

2021年01月31日(日) ・ 1440円

 

◆弐瓶勉の「人形の国」。シドニアの騎士より分かりやすいかなあ↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2020/12/31

2020年

13冊しか本を読みませんでした。 以下愚痴。 12月に焦って4冊読みましたが、信じられないくらい少ない。 コロナの心理的影響が大きいです。 私はもっぱら通勤電車内で本を読んでいましたが、通勤しなくなったことが大きすぎる。そして、本を読まなくなってしまったことに気づいていながら、何ら対策を打つことなくダラダラ毎日昼から酒を飲んでいた自分に絶望です。 と書いたところで自分の生態をそんな簡単に変えることはできないので、悩みまくりです。

| | コメント (0)

2020年11月、読書ゼロ

毎日昼から酒飲んでます

| | コメント (0)

2020年09月、読書ゼロ

コロナでリモートワークになり、仕事がエンドレスになる。

 

昼飯時にビール飲んでも文句言われない。
ビール飲んだので眠くなって寝ても文句言われない。
酒量が明らかに増えた。
これでいいわけないよな、と思いつつも、グダグダなリモートワークが続く。

 

私の場合、頭を使う仕事ではなく、差配がメインなので、下請さん孫請けさんがうまくやってくれれば何の問題も起きない。私は作業当日に現場に立ち会うだけ。

 

リモートワークでグダグダになった気がするのに、売り上げは落ちていないらしい。
この売上構造は何なのだろう。

 

そういえば会社から、「最近若い社員を中心に鬱や行方不明が多発しています」と連絡がきた。そりゃそうだろう。他国と比べる必要はない。日本的会社中心の社会で、会社に出社しなくてもいいってのは会社から見放されたような気分になるのは当たり前だし、それに気づかない人事部門は解体すべきだよ。

| | コメント (0)

2020年05月、読書ゼロ

システム不具合が収まらない。 原因究明⇒作業手順書作成⇒夜間作業で改修⇒不具合治らず⇒原因究明に戻る で、5月も読書ゼロ。 この心の余裕の無さはいったいなんだろう。

| | コメント (0)

2020年04月、読書ゼロ

3月末に納品するシステム(億円案件)が、クライアントのごり押しで3月14日に仕様変更。
ネットワーク構築工事も遅れて、現地テストの実施が3月30日。
テストなしで納品しろという指令が下り、未テストで納品。

 

当然不具合多発。
そんな中コロナ爆発。
そんな中、私が37.5度の発熱、連続3日。
保健所に電話繋がらない、どこも診察してくれない。

 

4日目で熱が下がる。なのでクライアントに「これから行って不具合対応します」と言ったら、
「まだコロナ疑いだろうが、来るなボケ」

 

というやり取りがあり、4月は読書ゼロ。

| | コメント (0)

2020/11/06

バイデンが勝ちそうだ 2020/11/6 22:00

「トランプは嫌だ!」というアメリカ人は思っていたより多かったみたいで、
10/27の私の予測は外れたっぽい(11/6 22:00現在、大統領はまだ確定していないし、トランプは再集計要請の訴訟をしまくるだろうから確定までまだ時間がかかるっぽい)

 

既視感が満載なんですよ。

 

「自民党は嫌だ!」
「だから鳩山が総理でも構わないから民主党政権樹立!」
「やらせてみたらダメダメじゃんかよー」

 

ってことがバイデン政権では起こります。
上院の改選結果次第ですけど、上院が共和党優勢で終わったら、バイデンは何もできず(議会案件は何も通過しない)。

 

まあそもそもバイデンが4年後も生きているのか分かりませんけど。

 

で、4年後。
「トランプが嫌だ!」で一致団結した改革派は、
・社会主義寄り(サンダース派≒金持ち個人&儲け過ぎ企業から取れるだけ税金取れ)
・そいういうことじゃなくて、まずは福祉を充実させましょうよ(オバマ的な政策)
に分かれ、

 

米国が二大政党から、一大(共和党)二弱(もともとの民主党とサンダース派)政党に分裂し、共和党の天下となるのであった。

 

となったら、日本の後追いだね。という既視感が湧いてくるのです。

 

11/7 18:55追記

民主党が割れる。というのは比較的近い過去にあったらしい。1968年にニクソンが大統領になったケース

1968年アメリカ合衆国大統領選挙

代理人301人:ニクソン(共和党)

代理人191人:ハンフリー(知らん)(民主党)

代理人 46人:ウォレス(知らん)(アメリカ独立党)

| | コメント (0)

2020/01/04

あと9冊

2019年は我が人生的に記録的なほど本を読みませんでした。
あと9冊です。
正月休みが終わる明日1/5には、全部アップします。

| | コメント (0)

2019/01/11

韓国と北朝鮮の融合について、ふと思うこと。

某韓国(人口だいたい5000万人)の現大統領は、
北朝鮮(人口だいたい2500万人)と朝鮮半島を統一を目的としている。
人口比は2:1である。
(「某韓国」と表記しているのは文字数を揃え桁をきれいに見せるためである)

経済力は、
某韓国(国民一人当たりGDP41,000ドル)
北朝鮮(国民一人当たりGDP 1,700ドル)である。24倍ほど差がある。
(日本は国民一人当たりGDP44,000ドル、アメリカは59,000ドル、1位はカタール12万ドル)

その昔、といっても大した前じゃない1989年に東西ドイツが再統一した。
旧西ドイツ(人口だいたい6300万人)
旧東ドイツ(人口だいたい1600万人)である。
人口比は4:1である。
(再統一というのは、歴史上最初のドイツ統一はプロイセンの頃だから)

当時の東西ドイツ経済力は分からない(調べたらわかるが、調べるのが面倒なので割愛)

東西ドイツと再統一後、ドイツは深刻な経済不況に陥った。
旧西ドイツの賃金水準に対し著しく低い賃金水準でも喜んで働く旧東ドイツの労働者が流れ込んできて、旧西ドイツの採用相場が「低賃金労働者大歓迎」になり、旧西ドイツの単純労働者が軒並み解雇され旧東ドイツの労働者に置き換わってしまい、しかし、だからと言って急に雇用が増えるわけでもないので、旧西ドイツの単純労働者は無色無職に陥り、でもドイツ政府は彼らに失業手当を給付し、財政が急激に悪化したのである(うろ覚え)


さて、朝鮮半島の統一である。同様のことが起きる。

しかし、東西ドイツ再統一と全く異なることが二つある。

旧東ドイツの労働者は、
高学歴(高卒以上)で、
最低限の衣食住は得ていた。
(ソ連支配下の国々では、教育は充実していた)

対して北朝鮮の労働者は、
学校に通っていても、教育水準はかなり怪しい。
生まれた時から飢饉続きで、体力の無い人が多い(推測含む)。
(北朝鮮の軍人は、配給で食料を優先的に割り当てられるので、それなりに体力がある)

である。

朝鮮半島が統一したら、地獄の阿鼻叫喚である。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/14

ブログ再開します

今週末(9/15-16)から当ブログ再開します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

00◆成田やトランジット(JFK・パリ・マドリッド) 01◆ブラジル(サンパウロ・サンルイス・レンソイス・マナウス) 02◆アルゼンチン(イグアス・カラファテ・ウシュアイア・ブエノス) 03◆チリ(サンチャゴ・イースター島・バルパライソ) 04◆ボリビア(ラパス・ウユニ) 05◆ペルー(クスコ・マチュピチュ・リマ) 06◆エクアドル(グアヤキル・ガラパゴス諸島) 07◆スペイン(マドリッド・バルセロナ) 08◆トルコ(イスタンブール・カッパドキア・パムッカレ) 09◆ヨルダン(ペトラ遺跡・アンマン) 10◆シリア(ダマスカス・パルミラ遺跡) 11◆エジプト(カイロ・アスワン・アブシンベル) 12◆モロッコ(マラケシュ) 13◆南アフリカ(ヨハネスブルク・ケープタウン) 14◆ナミビア(ウィントフック・ナミブ砂漠・スワコプムント) 15◆ジンバブエ(ヴィクトリアフォールズ) 16◆ザンビア(側のヴィクトリアフォールズ) 17◆ボツワナ(チョベ国立公園) 18◆香港・マカオ 19◆インド 20◆フィリピン留学記 21◆インドネシア・スラウェシ島・マナド10泊旅行 ■09年11月からの世界一周の小ネタ ■09年11月から世界一周! ■09年11月から世界一周!の準備 ■09年11月から世界一周!の近況 ■09年11月から世界一周!参考書籍 ■2006年夏・ケニアに行く ■2007年夏・アンコール遺跡に行く ■2008年1月・ボルネオ島に行く ■2008年4月・週末海外でベトナム ■2008年9月・週末海外で台湾 ■アフリカ □グインサーガ □スターウォーズ □三国志 ▲スティーヴン・キング ▲京極夏彦 ▲佐藤賢一 ▲北方謙三 ▲夢枕獏 ▲大沢在昌 ▲天童荒太 ▲宮部みゆき ▲最早才能が枯渇し駄作家に成り果てた真保裕一 ▲浅田次郎 ▲熊谷達也 ▲神林長平 ▲福井晴敏 ▲船戸与一 ▲貴志祐介 ▲逢坂剛 ▲金庸 ▲隆慶一郎 △サイモン・シン/青木薫訳 △下川裕治 △堀田あきお&かよ △宮田珠己 △木村元彦 △松本仁一 △石井光太 △船尾修 △蔵前仁一 △高木徹 △高野秀行 ◆小説・ミステリ系統 ◆小説・伝奇小説 ◆小説・冒険小説 ◆小説・時代小説・歴史小説 ◆小説・武侠小説 ◆小説・純文学・青春小説 ◆小説・経済小説・現代小説 ◆小説・SFホラーファンタジー ◇いわゆる新書 ◇イスラーム他、宗教 ◇エッセイ・紀行文 ◇ガイドブック ◇スポーツ関連書 ◇テクノロジー ◇データブック・記録集 ◇ノンフィクション ◇パソコン関連図書 ◇ビジネス書 ◇ルポ・ドキュメンタリー ◇世界についての本 ◇国際政治・地政学 ◇実用書・ガイドブック ◇歴史 ◇科学 ◇臓器移植・臓器売買・人身売買 ◇語学などの勉強本 ◇雑学・蘊蓄 ◎写真集 ◎美術書・アートブック ●海外作品(原著英語) ●海外作品(原著非英語) ★惚れ惚れするほどの駄作 ☆私の読書累計 ☆私的10点満点 ☆装丁がスバラシイ本 アニメ・コミック 携帯・デジカメ 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 時事 書籍・雑誌 経済・政治・国際 音楽