カテゴリー「◇国際政治・地政学」の記事

2017/09/18

稲田十一「紛争後の復興開発を考える ‐アンゴラと内戦・資源・国家統合・中国・地雷‐」感想。
国際情勢。2017年08月10日読了。

アンゴラ。2000年代、旅行者にとってこれほどハードルの高い国はなかった。単なる入国ビザはほぼ取得不可能で、アンゴラ在住のアンゴラ国民から「招待状(通称レター)」をもらっていないと、入国ビザの申請すらできなかった。今は少し緩くなったようなのだが、この国は観光客を必要としていないので、詳細は私にはわからない。

1975年-2002年、27年に及ぶ内戦を経て、石油の力でアフリカ屈指の経済大国になったアンゴラ。
2015年のデータでは、国民一人当たりGDPでアフリカ14位である。

1位 赤道ギニア 45,809ドル 人口76万
4位 ガボン    19,931ドル 人口170万
14位 アンゴラ   9,161ドル 人口2000万

その富は、1979年から大統領に君臨するドスサントス大統領一族が独占している。ドスサントスの娘はアフリカ有数の金持ちで、3300億円持っている。(赤道ギニアはンゲマ大統領が1979年から支配。ガボンはオンディンバ一族が1973年から独占支配)

そういうアンゴラが、どうやって国を立て直していったのか、国際社会の支援と、石油による経済発展にがどのような好影響を残し、どのような悪影響を残したのかを考察しているのが本書である。

ピンポイントでアンゴラについて日本語で書かれた本はとても珍しい。ので読んでみた。

大学生・大学院生向けのテキストとしても使えるように編集されているとのこと(前書きより)。個人的には、大学生にはハードルが高いと思うよ。

1974年に(宗主国)ポルトガルで「カーネーション革命」が起こり、保守政権が崩壊し、ポルトガル政府はすべての植民地を放棄することになり、アンゴラは独立した。(そのあと内戦に突入)

(p65)
アンゴラ経済を語るうえで特筆すべきことは、内戦が長く続いたことによって国際金融界から多額の借り入れをすることがなかった(できなかった)ため、借金返済に苦しむことがなく、石油価格高騰の恩恵を受けられた、というものである。

(p103)
旧宗主国ポルトガルがカトリックを普及させたことにより、(著者の体感として)他のアフリカ諸国より近代的思想が根付いているとのこと。


開発経済学を学ぶ人は、読んで損のない一冊です。


7点/10点満点


参考
2016年のフォーブスに載っていたアフリカのビリオネア(10億超ドル長者)のリスト。末尾の数字に億円を付けた金額が彼らの資産ですよ。(15,700=157億ドル≒1兆5700億円)

1位のダンゴート氏(ナイジェリアのセメント屋さん)の資産は157億ドル。1兆円を超えていますね。

エジプトのSawiris一族とMansour一族はものすごいことになっております。アルジェリアとかモロッコの大財閥もすごいことになっております。

9位の女性イサベル・ドスサントスは、1979年からアンゴラを支配する独裁大統領ドスサントスの娘。株式投資で儲けてビリオネアになったらしいのですが、元金はどうやって作ったんでしょうかねー(棒)

1 Nigeria Aliko Dangote 15,700
2 SouthAfrica Johann Ruppert 7,400
3 SouthAfrica Nicky Oppenheimer 6,700
4 SouthAfrica Christoffel Wiese 6,300
5 Egypt Nassed Sawiris 6,300
6 Nigeria Mike Adenuga 4,000
7 Egypt Mohamed Mansour 4,000
8 Swaziland Nathan Kirsh 3,900
9 Angola Isabel dos Santos 3,300
10 Algeria Issad Rebrab 3,100
11 Egypt Naguib Sawiris 3,100
12 Egypt Youssef Mansour 2,900
13 SouthAfrica Koos Bekker 2,300
14 Morocco Othman Benjelloun 2,300
15 Egypt Yesseen Mansour 2,300
16 SouthAfrica Patrice Motsepe 2,100
17 SouthAfrica Stephen Saad 2,100
18 Morocco King Mohammed 2,100
19 Egypt Mohammed Al Fayed 2,000
20 Nigeria Folorunsho Alakija 1,900
21 Egypt Onsi Sawiris 1,800
22 Morocco Aziz Akhannouch 1,700
23 SouthAfrica Allan Gray 1,600
24 Morocco Miloud Chaabi 1,300
25 Tanzania Mohammed Dewji 1,300
26 Egypt Samih Sawiris 1,100
27 Uganda Sudhir Ruparelia 1,100
28 Nigeria Theophilus Danjuma 1,100
29 Morocco Anas Sefrioui 1,100
30 Nigeria Femi Otedola 1,000
31 Nigeria Abdulsamad Rabiu 1,000
32 Tanzania Rostam Azizi 1,000
33 Nigeria Tony Elumelu 1,000
34 Nigeria Orji Kalu 1,000
35 Nigeria Jim Ovia 850
36 SouthAfrica Lauritz Dippenaar 730
37 Morocco Mohammed Bensalah 700
38 Kenya Bhimji Depar Shah 700
39 SouthAfrica Desmond Sacco 680
40 Nigeria Mohammed Indimi 670
41 SouthAfrica Gus Attridge 660
42 Nigeria Tunde Folawiyo 650
43 Morocco Moulay Hafid Elalamy 620
44 Nigeria Hakeem Belo-Osagie 600
45 Zimbabwe Strive Masiyiwa 600
46 Morocco Ali Wakrim 600
47 Tanzania Said salim Bakhresa 575
48 Tanzania Reginald Mengi 560
49 Kenya Naushad Merali 550
50 Nigeria Oba Otudeko 550
51 Egypt Ahmed Ezz 520
52 SouthAfrica Jannie Mouton 520
53 SouthAfrica Gerrit Thomas "GT" Ferreira 510

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017/09/03

橘玲「「リベラル」がうさんくさいのには理由がある」感想。
思想分析エッセイ。2017年07月19日読了。

著者の橘玲(たちばなあきら)氏は、ここ数年、私が最も面白いと感じている作家(タックスヘイブン研究家)。氏の書く内容は、興味の対象が私と似ているので、とても参考になる。

氏はオンラインコラムを複数連載しており、私が読んでいるのは下記。
・ZaiONLINE「橘玲の日々刻々」(週刊プレイボーイの転載)
・ZaiONLINE「橘玲の世界投資見聞録」


本書は、日本のリベラルは「戦争反対」「自衛隊は違憲」「脱原発」などと叫んでいるけど、結構自己矛盾しているよ、という内容。

なかなか面白かったのだが、既視感がものすごくあり、奥付を読んだら週刊プレイボーイ連載+加筆で構成されているとのこと。なるほど、すでにオンラインコラムで読んだ話だったのか。


8点/10点満点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/30

ティム・マーシャル/甲斐理恵子訳「恐怖の地政学」感想。
地政学。2017年06月19日読了。

原題は「Prisoners of Geography」なので、「地理学の囚人たち」という意味になる。最近日本では地政学の本が流行っているのでこのようなタイトルになったのだろう。とはいえ、「恐怖の」の意味が分からない。なんでこんな邦題なのだろう?

本書は下記各章のようにエリア別に、「地形(地図)」が政治や民族構成、紛争に与える影響について、各章おおよそ30ページとコンパクトにまとめられている。

第1章 中国
第2章 ロシア
第3章 日本と朝鮮半島
第4章 アメリカ
第5章 西ヨーロッパ
第6章 アフリカ
第7章 中東
第8章 インドとパキスタン
第9章 ラテンアメリカ
第10章 北極圏

全世界で起こっている紛争の原因を読み解くカギとして、地形がある。

中国とベトナムは何度か戦争をしているが、それは平地で両国がつながっているから。
中国と隣接するラオスやミャンマー、インドやパキスタン、アフガニスタンとの間には、山脈が挟まっている。
インドの侵攻を阻止するため、チベット高原は中国にとって必須の土地である。なので、現在の政治体制が続く限り、チベットが中国(漢民族)から解放されることは無い。

ヨーロッパがロシアに攻め入るには、モスクワまでは行けても、そこから先はウラル山脈に阻まれる。
ロシアはだだっ広い土地を持っているが、不凍港は(日本に近い)ウラジオストクなど数か所だけである。カリーニングラードという飛び地(リトアニアの下)があるが、ここから大西洋に出るには、バルト海を抜け、デンマークとスウェーデンの間にあるエーレスンド海峡を通らなければならない。ウクライナのクリミア半島を強奪したが、ここから大西洋に出るには、トルコのボスポラス海峡とダーダネルス海峡を抜け(ここでようやくエーゲ海)、ここから地中海を通り、スペインとモロッコ(&イギリスの飛び地ジブラルタル)に挟まれたジブラルタル海峡を抜けないと出られない。ちなみにシリア紛争に肩入れしているのは、シリアに借りているタルトゥース港を確保したいからと言われているが、ここも地中海に面しているので、結局のところジブラルタルを抜けない限りロシア海軍の動きは制限されたままどうにもならない。だからロシアがソ連だったころ、アフガニスタンを占領し、その後イランかパキスタンンと同盟を結んでインド洋に面した港を確保したかった。

南アメリカ大陸の沿岸部は浅瀬が多く、水深の深い良質な港がほとんどない。これは貿易を行うのに重大な欠点になる。

現代トルコとイランは今まで一度も仲良くなったことが無い不倶戴天の敵である。


などが結構わかりやすく書かれている。

地政学初心者が読んでも十分理解できると思う。邦題以外は良書。


8点/10点満点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/03

モイセス・ナイム/加藤万里子訳「権力の終焉」感想。
政治・近未来。2017年04月08日読了

世界中のいたるところで、権力は衰えてきている。

政治の世界では、国連はもうあまり機能していない。
国の最高権力者(大統領や首相)も、かつて(第二次世界大戦の頃)ほどの権力はない。
上場企業の経営者は、四半期決算、年度決算、配当に縛られ、かつて(オイルショックの頃か?)ほど自由に商売ができなくなっている。

民主主義が行き過ぎると、小さな主張だけを取り上げる小さな政党が多数生まれ、絶対多数が生まれにくくなる(例として、2009年のインドでは実に35もの政党が議席を得ていたとのこと)

資本主義が行き過ぎると、株主の言うがまま利益を求める無分別な企業が増える。(例外はいる。Amazonのジェフ・ベゾスやテスラのイーロン・マスクなど)

そういうような趣旨のことを膨大な傍証とともに描かれたのが本書であるが、いまいちピンとこなかった。


6点/10点満点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/07

山内昌之・他「中東とISの地政学」感想。
中東分析。2017年03月15日読了。

本屋で立ち読みしたら面白そうに思えたので買った。

18人の中東専門家がバラバラに書いた小論文集。

各執筆者が同時期に原稿を書いたのか、同じようなことが重複して書かれているし、政治分析に関係のないエッセイも混ざっているし、まとまりはないし、うーん。

巻末に載っている35ページの対談
 山内昌之(明治大学特任教授・東京大学名誉教授)
 宮家邦彦(キャノングローバル研究所研究主幹)
 中川恵(明治大学客員教授・羽衣国際大学教授)
が最も有意義な読み物であった。

うーん、中途半端すぎて困る本だ。


6点/10点満点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/16

ピーター・ナヴァロ/赤根洋子訳「米中もし戦わば」感想。
戦力分析。2017年02月02日読了。

著者のピーター・ナヴァロ氏はカリフォルニア大学アーバイン校の教授で、ドナルド・トランプの大統領選選挙アドバイザーになり、現在はトランプ大統領が新設した国家通商会議の初代委員長。

本書は帯に「大統領補佐官自らが執筆! 防衛省現役組が今読んでいる本」と大々的に煽っている。

実際、巻末の解説は防衛省の主任研究官が書いている。

この手の世界各国の戦力分析に関する書籍は、小川和久・坂本衛「日本の戦争力」2006年02月03日読了。10点満点

を筆頭に、昔から何冊か読んでいる。現代の戦争は空を制して(制空権を握る)、そのあと海を制する(制海権を握る)。それが出来ればほぼ勝つ。

というのだったが、本書は違う。

数は力。それが本書。

本書に書かれている内容は、アメリカ人がこんなに日本と韓国と北朝鮮と台湾のことを知っているのか! と驚きを隠せないほど詳しい。生半可に新聞記事(というかネットに載っているニュース)ばかり読んで知った気になっている私なぞは、著者の知見の深さに驚いてしまった。(とはいえ、年に数万ドル~数十万ドルの賃金をもらっているなら、このくらいの分析をするのは当たり前なのだろうが)

本書を読んでとにかく驚いたのは、アメリカも日本も採用しているイージスシステム(平たく言えば、自国の空母や自国の国土を狙って発射されるミサイルを、イージス艦が次から次へと撃ち落とすシステム)は、イージス艦が搭載しているミサイル数を上回るミサイルを直接イージス艦に向けて撃てば、イージス艦は自分の防衛で手いっぱいになり、自艦に積載しているミサイルが尽きたら一巻の終わり。

つまり、数の多さが勝負のカギ。

これは…「防衛省現役組が今読んでいる本」という帯文句も分かる。

中国が、サルでも作れる格安兵器を大量に戦場にぶち込んだら、アメリカ軍は負ける。

ということが書かれている本である。

恐ろしい。


9点/10点満点

2017/02/17追記
佐藤優氏による本書のレビューが、現代Webに載っていましたのでリンクします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/20

池内恵「中東 危機の震源を読む」感想
中東分析。2016年11月27日読了。

2009年に出版された本。イスラム研究家としての池内センセの知名度が上がり、ISISが台頭してきた2015年に増刷になった。この手の本が出版から6年もたって増刷ってのは珍しいんじゃなかろうか。

本書は、新潮社の月刊誌フォーサイトに2004年から連載されていた「中東・危機の震源を読む」の53回分(約4年半)の原稿を連載順に並べたもの。フォーサイトは以前定期購読をしていたが、今は紙媒体はやめてしまってWebマガジン(基本有料、一部無料記事あり)になっている。国際情勢のエキスパートが数多く執筆していて、日本有数の優れた情報源。

本書を出版にあたって内容を再構成するなどは一切なく、単純に連載順に並んでいる。そのため前半部(書かれた時期が古い)(は「この先、○○国の政権は厳しい局面を迎えるだろう」的な文言が出てくるのだが、後の章(書かれた時期が新しい)で「やはりこのように事が進んだ」的な解説が出てくる。結果が分かっていることなので、読んでいてちょっとムズムズした。

全体的には、池内センセの目線を知る本、という印象。悪くはないんですけど、ムズムズするのです。


6点/10点満点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/17

墓田桂「難民問題 イスラム圏の動揺、EUの苦悩、日本の課題」感想。
国際情勢分析。2016年11月11日読了。

2016年2冊目の10点満点

◆内容(Amazonより)
2015年9月、トルコ海岸に漂着した幼児の遺体は世界に衝撃を与えた。
シリアなどイスラム圏出身の難民を受け入れる輪が、ドイツを中心に広がる。
だが11月のパリ同時多発テロをはじめ、欧州各国で難民と関係した事件が相次いで発生。
摩擦は激化し、EU離脱を決めた16年6月のイギリス国民投票にも影響した。
紛争や弾圧に苦しむ難民を見過ごして良いのか、しかし受け入れる余裕はない――欧州の苦悩から日本は何を学ぶか。

【目次】
第1章 難民とは何か
1 歴史のなかで
2 保護制度の確立へ
3 21世紀初頭の動向

第2章 揺れ動くイスラム圏
1 アフガニスタンからの連鎖
2 「アラブの春」以降の混乱
3 脅威に直面する人々
4 流入に直面する国々

第3章 苦悩するEU
1 欧州を目指す人々
2 限界に向かう難民の理想郷
3 噴出した問題
4 晴れそうにない欧州の憂鬱
5 問題の新たな展開

第4章 慎重な日本
1 難民政策の実情
2 シリア危機と日本
3 関連する課題と今後の展望

第5章 漂流する世界
1 21世紀、動揺する国家
2 国連の希薄化、国家の復権

終 章 解決の限界


◆感想
読み終わった後Amazonレビューを見たら、けっこう評価が分かれている。総合では★4つだけど、★1つや★2つの評価もある。

私は10点満点をつけた(Amazon基準だと★5つ)。

難民という概念はどこから始まったのか。本書では紀元70年のユダヤ戦争(ローマ帝国vsユダヤ)から説明を始めている。

第一次世界大戦後に、国際赤十字委員会(ICRC)からの要請で国際連盟が難民を保護する活動を開始。国際連盟が国際連合に代わり、現在の国連難民高等弁務官へと発展し、パレスチナ難民への対処が本格的な第一歩となる。

現在のシリアにつながるイスラム圏の動乱に関しては、ソ連のアフガニスタン侵攻(1979年)が端緒であったとし、そこからシリアまで一気に話を持っていく。

イスラム系の難民がなぜEUに行きたがるのか。EUはなぜ大勢の難民を受け入れたのか。EU加盟国間で意思にずれがあるのはなぜか。

そしてそれらを鑑み、日本の過去がどうであったのか(ベトナム戦争のボートピープル)、現在の対応はどうなのか、未来はどうすべきなのか。

これらを新書の枠の中で、削るべきところはばっさり削り、難しすぎず易しすぎない、著者の主張したいところはきちんと主張する。

この手の本を何冊か読んでいる私にとって、復習を兼ねながら新しい知識を得られる、実にちょうど良い本であった。

素晴らしい。


10点/10点満点


のだが、この本を読んだ後の2016年末に、NHK-BS世界のドキュメンタリー「オーストラリア 難民“絶望”収容所」を見たら、ちょっと印象が変わってしまった。

オーストラリア(豪州)は、現在世界で最も過激な難民排除政策をとっている。Newsweekの関連記事

例えばミャンマーのロヒンギャ族(仏教国ミャンマーのイスラム教徒・少数派・アウンサンスーチー政権下でも軍や警察に弾圧されている)が船にすし詰めになってオーストラリアに来る。オーストラリアは難民受け入れを拒絶し、パプアニューギニアのマヌス島または太平洋の島国ナウルに設置した難民センターに強制収容している(両国にはオーストラリア政府から数十億円の金が払われている)。難民の選択肢は自国へ戻るか、難民受け入れ提携をしたカンボジアに移住するかの二択(カンボジアも大金を受け取っている)。拒否すれば難民センターにただ居るだけ。仕事もなく、食事や医療も満足とはいえない環境で、難民の子供に教育すら受けさせない。難民は、いつ難民センターを出られるか分からない(二択を拒否したから)。自分の前途に絶望した難民が自殺しても、オーストラリア政府は対策を取らない。

難民センターで働く職員やボランティアは、難民センターで見聞きしたことを一切口外してはならない。口外すると禁固2年の実刑判決を受ける。このドキュメンタリーは、口外すると実刑判決、という法改正がなされる前に隠し撮りされたものである。

このことについて本書ではp224で軽く触れられているが、オーストラリア政府は億円単位の金を使ってまで難民をどうにかしようと思っている(但し自国には入国させない)という見方もある。難民問題のオフショア化(≒アウトソーシング)とのこと。それは確かにそうだな。

難民問題は難しい。なので10点満点の評価は変更なし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/08

国枝昌樹「「イスラム国」最終戦争」感想。
いわゆる新書。2016年09月09日読了。

著者は2006‐2010年在シリア特命全権大使。著者の情報ソースはシリアのアサド政権関係者が比較的多く、著者自身アサド政権寄りの見解を示すことが多い。そのため、一部のジャーナリスト(アサド政権がIS壊滅作戦と称して反政府ゲリラおよび一般市民を攻撃しているのは政府による虐殺である、と主張している人たち)からとても嫌われている。

国際情勢を知る上で、片方だけの見解で物事を知った気になるのはよろしくない。シリアは「アラブの春」の流れでアサド政権下ろしが始まったが、アサド政権が倒れた後の具体的な出口戦略が無いまま内戦をたきつけた欧米政府や西側マスコミの責任はどうなのよ? と私は思うのである。

アサド政権(先代の父親から息子現大統領まで1971年からずっと続いている)下では言論の自由はなく、住民同士による監視社会だったが、旅行者にとって世界で一番安全な国と言われ、世界中のバックパッカーが安心安全な旅をできた国だったのに。

結果論でいうと、「アラブの春」での政権転覆が曲がりなりにも成功したのは、最初に起きたチュニジアだけ。

・エジプト→ムバラク政権崩壊、選挙でムスリム同胞団が第一党になるもイスラム寄りの憲法改正を強引に進めて軍部がクーデターを起こし、現在は軍政

・リビア→カダフィ政権崩壊、その後国を東西に分けて士族による石油利権分捕り合戦が始まり内戦勃発。そのすきにISが勢力拡大中

・イエメン→サーレハ政権崩壊、その後ハディ副大統領が暫定大統領に就くも、フーシがクーデターを起こし内戦勃発。

・バーレーン→反政府勢力が政権打倒を目指して集会を企画した段階で政府による武力弾圧、アメリカ黙認(アメリカ軍が駐留しているから)、反政府派撃沈。


アサド政権が良いとは言わないが、アサド政権だけを批判しているジャーナリストはあまり信用できない。というのが私のスタンス。


で本書。

地域的に著者の専門外であるナイジェリアのボコハラムまで盛り込んだ(なーんか上っ面の解説に終始している)のは失敗だったんじゃないかなあ。と思う次第。

(とはいえ著者は在カメルーン特命全権大使も務めていたので、ナイジェリアが全くの専門外というわけではないのだが)


5点/10点満点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/12/24

近藤大介「パックス・チャイナ 中華帝国の野望」感想。
国際情勢。2016年06月21日読了。

著者は週刊現代の編集次長で、現代ビジネス(Webメディア)に中国関連のコラムを連載している人。たぶん中国語がペラペラ。今、いちばん勢いのある中国ウォッチャー。(ちょっと前まで富坂聰氏を推していましたが)

さて感想を書こうと半年ぶりに本書を手に取ってみると、内容をあまり覚えていない。

これは本書の内容が良い悪いという話ではなく、中国は頻繁に政治情勢が変わり、私はWebメディアで毎日いろいろ追いかけているため、本書で読んだ内容なのか、現代ビジネスで読んだ近藤氏の直近コラムなのか、他のWebメディアに載っていた話なのか、こんがらがってしまうのです。

とりあえず、本書が出版された2016年5月までの中国総括としては、とてもよくまとまっていると思います。

また近藤氏は週刊現代という大衆誌で鍛えられているため、全体構成の上手さ、文章の平易さ、(中国の人名など)誤読を避けるテクニックが上手いです。

読んで損はない本です。

7点/10点満点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

00◆成田やトランジット(JFK・パリ・マドリッド) | 01◆ブラジル(サンパウロ・サンルイス・レンソイス・マナウス) | 02◆アルゼンチン(イグアス・カラファテ・ウシュアイア・ブエノス) | 03◆チリ(サンチャゴ・イースター島・バルパライソ) | 04◆ボリビア(ラパス・ウユニ) | 05◆ペルー(クスコ・マチュピチュ・リマ) | 06◆エクアドル(グアヤキル・ガラパゴス諸島) | 07◆スペイン(マドリッド・バルセロナ) | 08◆トルコ(イスタンブール・カッパドキア・パムッカレ) | 09◆ヨルダン(ペトラ遺跡・アンマン) | 10◆シリア(ダマスカス・パルミラ遺跡) | 11◆エジプト(カイロ・アスワン・アブシンベル) | 12◆モロッコ(マラケシュ) | 13◆南アフリカ(ヨハネスブルク・ケープタウン) | 14◆ナミビア(ウィントフック・ナミブ砂漠・スワコプムント) | 15◆ジンバブエ(ヴィクトリアフォールズ) | 16◆ザンビア(側のヴィクトリアフォールズ) | 17◆ボツワナ(チョベ国立公園) | 18◆香港・マカオ | 19◆インド | 20◆フィリピン留学記 | 21◆インドネシア・スラウェシ島・マナド10泊旅行 | ■09年11月からの世界一周の小ネタ | ■09年11月から世界一周! | ■09年11月から世界一周!の準備 | ■09年11月から世界一周!の近況 | ■09年11月から世界一周!参考書籍 | ■2006年夏・ケニアに行く | ■2007年夏・アンコール遺跡に行く | ■2008年1月・ボルネオ島に行く | ■2008年4月・週末海外でベトナム | ■2008年9月・週末海外で台湾 | ■アフリカ | □グインサーガ | □スターウォーズ | □三国志 | ▲スティーヴン・キング | ▲京極夏彦 | ▲佐藤賢一 | ▲北方謙三 | ▲夢枕獏 | ▲大沢在昌 | ▲天童荒太 | ▲宮部みゆき | ▲最早才能が枯渇し駄作家に成り果てた真保裕一 | ▲浅田次郎 | ▲熊谷達也 | ▲神林長平 | ▲福井晴敏 | ▲船戸与一 | ▲貴志祐介 | ▲逢坂剛 | ▲金庸 | ▲隆慶一郎 | △サイモン・シン/青木薫訳 | △下川裕治 | △堀田あきお&かよ | △宮田珠己 | △木村元彦 | △松本仁一 | △石井光太 | △船尾修 | △蔵前仁一 | △高木徹 | △高野秀行 | ◆小説・ミステリ系統 | ◆小説・伝奇小説 | ◆小説・冒険小説 | ◆小説・時代小説・歴史小説 | ◆小説・武侠小説 | ◆小説・純文学・青春小説 | ◆小説・経済小説・現代小説 | ◆小説・SFホラーファンタジー | ◇いわゆる新書 | ◇イスラーム他、宗教 | ◇エッセイ・紀行文 | ◇ガイドブック | ◇スポーツ関連書 | ◇テクノロジー | ◇データブック・記録集 | ◇ノンフィクション | ◇パソコン関連図書 | ◇ビジネス書 | ◇ルポ・ドキュメンタリー | ◇世界についての本 | ◇国際政治・地政学 | ◇実用書・ガイドブック | ◇歴史 | ◇科学 | ◇臓器移植・臓器売買・人身売買 | ◇語学などの勉強本 | ◇雑学・蘊蓄 | ◎写真集 | ◎美術書・アートブック | ●海外作品(原著英語) | ●海外作品(原著非英語) | ★惚れ惚れするほどの駄作 | ☆私の読書累計 | ☆私的10点満点 | ☆装丁がスバラシイ本 | アニメ・コミック | 携帯・デジカメ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 時事 | 書籍・雑誌 | 経済・政治・国際 | 音楽