カテゴリー「◇科学」の記事

2018/07/02

杵島正洋・松本直記・左巻健男「新しい高校地学の教科書」感想。
地学。2018年03月15日読了。

本書は2006年に出版された。私は法政大学の地理学科(通信)に入学した2010年に購入。以後、必要な箇所だけつまみ読み(特に気象)。

改めて今回きちんと読んでみて、高校地学というのは結構幅広い分野を扱っていると感心させられた。

・地磁気、重力、マントル
・岩石、鉱物
・地震、火山、プレートテクトニクス
・地表の景観を決める堆積物、そこから読み取れる過去
・生物の進化を化石で見る
・大気と気象
・海、海流、
・太陽系、惑星
・恒星、銀河

の9章構成である。

本書は、佐野貴司「海に沈んだ大陸の謎」2018年02月14日読了。の前に読むべきだった。

悔やんでも後の祭り。

以下、面白かったところ抜粋

月食は必ず満月の時に起きる。

・人類が掘った一番深い穴は、ロシアのコラ半島で20年以上かけて掘られた穴で、12km

・高気圧の場所には下降気流が発生し、断熱圧縮で気温が上がり乾燥する

・太陽の起潮力(海洋を引っ張る力)は、月の起潮力の半分。潮に関しては月の影響の方が2倍大きい

・太陽夜数十倍思い恒星の中心部は、核融合の繰り返しにより鉄になる。鉄は極めて安定した物質なので、それ以上核融合しない。中心温度が40億Kを超えると、鉄は分解し、恒星は爆縮する。これを重力崩壊と呼び、その後には原子核同士が密になり、電子は原子核にめり込むため中性子の塊になり、中性子性ができあがる

などなど

良い本であった。


8点/10点満点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/28

藤井旭「始める星座ウォッチング」感想。
天体観測。2018年03月08日読了。

SF小説が好きだったので、宇宙に興味が向いた。1976年(小学4年生頃)から私の宇宙好きは始まった。

で、時々、誠文堂新光社の雑誌「天文ガイド」を買っていた。この雑誌に寄稿していたのが藤井旭氏である。

藤井氏の天体観測入門(雑誌の記事なのか書籍だったのか覚えていない)を読んで、夜空を眺めたりした。しかし、私が生まれ育った町には、天体観測の指導者(今でいうとメンター)がいなかった。なので、夜空を眺めつつ、あの星座は××、この星座は△△、と確認するだけで満足してしまった。

小学生の高学年から中学生の時期に、天体観測の正しい知識を身に着けていればと思う。いまの私は、月の軌道すらわからない。満月は大体同じ方角に現れる。それくらいの知識しかない。

ソフトウェアの力で、天体観測は容易になった。Vixen(純日本メーカー)の天体望遠鏡は、特定の星を自動追随する機能がついて10万円以下である。こういうの、私が子供の頃に欲しかったなあ。


で、本書。

藤井氏が書いた星座ウォッチングの入門書。2008年に出た本。長い間、積ん読だった。「銀河」を読んだ流れで、本書を斜め読んだ。


でもね。私思うに、もはや星座ってあまり意味がないんじゃないかな。「オリオン座の明るい星がベテルギウス」とか、「北極星はこぐま座で一番明るい星」と口頭で言われたところで、そもそものオリオン座とかこぐま座とかを理解するためには「これが××座」と教えてくれるメンターが不可欠であり、メンターがいない場合、独力で星座を学ぶのはかなり難しい。特に都会の場合、本に書かれている星が見えないことが多い。私は20歳まで北海道にいたので、夜空はそれなりにきれいだった(でも石垣島や西表島の方が星が、よりきれいに見える)

いまの天体観測は天球座標なので、スマホで夜空を撮って「この星は何?」→「ベテルギウスです」って回答してくれるアプリがあればそれでいいじゃん。

「オリオン座の一番明るい星がベテルギウスで、目立つから肉眼でも見えるよ。ベテルギウスの直径は太陽の1000倍で、地球の10万倍もあるんだよ」っていう知識は身についても、じゃあ、ベテルギウスってどれ? というのを夜空に指差しできないのが私なのである。

もどかしい。


本書は流して読んだので評点つけず/10点満点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/27

ジェームズ・ギーチ/糸川洋訳「銀河:宇宙140億光年のかなた」感想。
宇宙物理学。2018年03月07日読了。

本書は「銀河」について書かれた入門書で、1/3くらいがカラー写真である。通常、この手の写真が素晴らしい本は、中を読まずに眺めているだけの場合が多い。

似たような本では、マイケル・ベンソン/檜垣嗣子訳「FAR OUT ファー・アウト―銀河系から130億光年のかなたへ」を見て、宇宙の写真を鑑賞した。「FAR OUT」は写真を眺めて堪能する本で(と勝手に思っている)、書かれている文章はほとんど読んでいない。

しかし本書「銀河」は、中に書かれている文章を全部読んだ。

「FAR OUT」の原著は2009年に出版され、本書「銀河」の原著は2014年に出版された。
この2冊に大きな違いがある。副題を見ればわかるのだが、「FAR OUT」は130億光年、本書「銀河」は140億光年の宇宙を現している。原著5年の歳月で、宇宙は10億光年広がった(観測できる範囲が増えた)。

本書は天文学者による、宇宙物理学の入門書である。宇宙の入門書ではなく物理の入門書なので、やや難しい記述が多々ある。

本書を読んで「へえー」と思ったことは、太陽系の惑星起動がほぼ水平に並んでいることに関する説明。

Planet

上図は、国立天文台のプロジェクト(国立天文台4次元デジタル宇宙プロジェクト)である4D2Uが無償公開している天文ソフトMITAKAで作ったものである。

ざっくり書くと、
・恒星が作られる前段階では、星間ガスが円盤状に集まって渦になる
・垂直方向にはジェットが噴出していて、垂直方向の星間ガスは吹き飛ばされる
・何億年という年月を経て、水平方向にのみ星間ガスが凝縮し渦を形成する
・渦の中心部は恒星になり、渦の腕に当たる部分でそれなりの大きさの塊になったものは恒星の質量に引っ張られることなく惑星になる
・渦の中心(最終的には恒星になる)と水平に位置しているのが、エネルギー的に一番安定している。そのため、惑星の軌道はどれも似たような軌道になる
・水平からずれた軌道を取った原始惑星は、公転軌道を一周するたびに中心部(原始恒星)の重力によって周囲が削り取られ、十分な質量をもたない原始惑星は崩壊する(それが今、火星と木星の間にある小惑星と考えられている)
・垂直方向のジェット噴射に引きずられることがないほど中心部から遠いと、冥王星のようないびつな軌道を生むことがある
・冥王星が準惑星になったのは、大きさもさることながら、軌道が歪だったことも関係している


本書には天体観測(プロ)の技術的なことも書かれている。
地球上から宇宙の最奥部を除くためには、空気(大気)の揺らぎが非常に邪魔であるが、今の天文台は、何十トンにもなる望遠鏡を1マイクロ秒ごとに1ミクロン単位で前後上下左右に動かして、空気の揺らぎに完璧に同期させているのだそうだ。すごい技術だ。


というような話が本書に書かれている。非常に良い。


繰り返す。非常に良い。


8点/10点満点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/23

高松正勝/マンガ鈴木みそ「マンガ 化学式に強くなる―さようなら、「モル」アレルギー」感想。
化学。2018年02月26日読了。

鈴木みそセンセの漫画が大好きである。たぶん紙の本で出版されているのは全部持っている。

本書は2001年に出版された。そのころに買った。だが読んでいなかった。

2017年に鈴木みそ講演会に行った。テーマは電子書籍。鈴木みそセンセは、既存の漫画単行本の電子書籍化権を、出版社と交渉して自分の手に戻し、自分でAmazon電子書籍として売ったら、年間売り上げが1000万円を超えたという、マンガの電子書籍化の先駆者となった人である。

で、電子書籍と関係なく、今までの漫画の中で一番売れたのは何ですか?という参加者からの質問に、本書です、と答えていた。

学習コンテンツはロングセラーになります。とのこと。

最近、私は宇宙物理学の本をよく読むようになったので、モルについておさらいするため本書をようやく読んだ。

マンガなので3時間くらいで読める。

非常に良い。モルを理解した気になれる。本当にモルを理解するためには、本書を10回くらい読まないとならないが、今は1回読んだだけでいいや。


8点/10点満点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/22

佐野貴司「海に沈んだ大陸の謎」感想。
地学。2018年02月14日読了。

ムー大陸は実在したのか?
アトランティス大陸は実在したのか?

一昔前は、ムー大陸をまじめに語ると馬鹿扱いされた。
雑誌の「月刊ムー」はそれを逆手(?)に取り、ありとあらゆる超常現象を扱う雑誌として1979年に創刊した。(「ムー」の発行会社が学研ってところがミソ)

で、本書。

ムー大陸やアトランティス大陸は実在したのか?! を、最新の地学を用いて解説した良書。

世の中の様々なものを計測する計測技術の発展は、凄い勢いで進んでいる。世の中の大半の人々が知らない、専門家しか知らないニッチな技術であるが、滅茶苦茶発展している(※)。

※石油関連の本を読むと出てくるのだが、今の石油発掘は「石油が出そうなところに穴を掘る」なんて山勘的なことはせず、地中に向けて様々な種類の音波を発信し、その反射波を解析することで「この位置に油田を思しき液体が詰まった空洞がある」ということが分かる。らしい。

本書は、そういう計測技術の発展に伴って、地球表面の7割を占める海中の地形観測が、今までと比べ物にならないくらい詳細にわかるようになってきて、そこからムー大陸やアトランティス大陸の原型となる大陸があったのかなかったのかを、最新現代科学に基づいて解説した本である。

したがって、キャッチーなタイトルに相反して、普通に地学の本である。


で、45歳になってから法政大学(通信教育)地理学科に入学した程度に地理好きな私は、本書の内容に興奮したのである。

細かいことを書いても、私の文章力では伝わらないので、内容を知りたければ本書を立ち読みしてください。かなり良いです。

良書です。


8点/10点満点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/20

ジャンナ ・レヴィン/田沢恭子・松井信彦訳 「重力波は歌う―アインシュタイン最後の宿題に挑んだ科学者たち」感想。
ノンフィクション。2018年02月10日読了。

この本は、長年通っている病院に行く途中、本を忘れてきたことに気づき、途中にある新星堂(2018年5月末に閉店)で買った。

原著は2016年に出版され、邦訳単行本も同年6月に出て、文庫版が2017年9月に出た。

重力波が初めて検出されたのは2015年9月で、厳密な検証を経てその事実(検出したこと)を2016年2月に発表した。そして検出に重大な貢献をした3人の物理学者が2017年のノーベル物理学賞を受賞した。

本書は重力波検出の直前までの取材に基づいている。(エピローグで、検出されたことに触れている)


重力波の検出方法の創出は、1970年代から始まっている。
検出の原理(干渉計)を考案した人、
それを発展させた人、
まったく異なるアプローチで大失敗してしまった人、
干渉計の大型化を考案した人、
大型化のための大型予算(数千億円)を獲得するために尽力した人、
場所の提供に尽力してくれた政治家、
プロジェクトに馴染めなくてはじき出された人、

本書はそいいうういろんな人(主に物理学者)の話の集合体である。

人物に軸を置いて章立てしているため、年代が行ったり来たりする。

Aさんは1970年代から2000年代までこういうことをしました。
Bさんは1990年代から現在に至るまで主要メンバーでした。
Cさんは1970年代の先駆者でしたが、間違ったアイデアを突き進めていたため主流から消えてしまいました。

という感じで、時代の前後関係を理解するのに、非常にストレスがたまる本だった。

テーマ自体は面白かったんだがなあ。


4点(個人の感想です)/10点満点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/07

エドワード・フレンケル/青木薫訳「数学の大統一に挑む」感想。
数学ノンフィクション。2017年08月01日読了。

本書は数学の本ではなく、現代最先端の数学者が挑んでいる「数学の大統一」とは一体何なのか、それに挑もうとしている著者の生い立ちから始まり、著者を数学に導いた数学者たちの話、そして最先端の数学者はどのよう大統一に取り組んでいるのか、について書かれた本。

とはいえ、数学についての記述も多々ある(数式はあまり出てこない)

◆本書の概要(Amazonより)
xのn乗 + yのn乗 = zのn乗

上の方程式でnが3以上の自然数の場合、これを満たす解はない。
私はこれについての真に驚くべき証明を知っているが、ここには余白が少なすぎて記せない。

17世紀の学者フェルマーが書き残したこの一見簡単そうな「フェルマーの予想」を証明するために360年にわたって様々な数学者が苦悩した。

360年後にイギリスのワイルズがこれを証明するが、その証明の方法は、谷村・志村予想というまったく別の数学の予想を証明すれば、フェルマーの最終定理を証明することになるというものだった。

私たちのなじみの深いいわゆる方程式や幾何学とはまったく別の数学が数学の世界にはあり、それは、「ブレード群」 「調和解析」 「ガロア群」 「リーマン面」 「量子物理学」などそれぞれ別の体系を樹立している。しかし、「モジュラー」という奇妙な数学の一予想を証明することが、「フェルマーの予想」を証明することになるように、異なる数学の間の架け橋を見つけようとする一群の数学者がいた。

それがフランスの数学者によって始められたラングランス・プログラムである。

この本は、80年代から今日まで、このラングランス・プログラムをひっぱってきたロシア生まれの数学者が、その美しい数学の架け橋を、とびきり魅力的な語り口で自分の人生の物語と重ね合わせながら、書いたノンフィクションである。

◆引用終わり

著者(1968年ソ連生まれ→ゴルバチョフのグラスノスチでアメリカに留学→ソ連崩壊ヒャッハーッ)が数学に魅せられるようになったきっかけ、ユダヤ人差別が残っていたソ連時代の勉強法、モスクワ大学に行けず腐っていた、などの著者自身の話は大変面白い。

しかし、本書後半から大統一の話になり、超高等数学の話になるとほぼほぼ理解できなかった。著者は易しく書いたと「はじめに」で書いているが、そこは超高等数学、易しく書かれていても理解するの無理。

まあ、根性で最後まで読みましたが。


数学ノンフィクションの最高傑作(というより、我が読書人生ベスト10に入る超大傑作)
サイモン・シン/青木薫訳「フェルマーの最終定理」2015年06月11日読了。10点満点

と訳者が同じ。日本語でこれ以上の翻訳は望めないという状態なので、超高等数学は私には理解不能の領域なのだろう(理解できないのが普通だと思うけど)。

著者の人生は面白いので、そこだけでも読む価値あり。


7点/10点満点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/24

沖大幹「水危機 ほんとうの話」感想。
資源論。2017年07月09日読了。

著者は水文学(すいもんがく)を専門としている東大教授。

その著者が、タイトル通り「水危機」について、専門家としての知見を十分に披露した一冊。水文学への理解の低さをネタに、やや自虐的に「水危機」について解説するスタイルは、文章の上手さと相まって私のツボにはまった。

「水危機」に関するデータは信頼するに足るものであり、そこはさすが専門学者というしかない。

地球上にある「水の量」は、水分子が宇宙へ持ち運ばれない限り、不変である。という話を7年前に法政大学(通信教育のスクーリング授業)で聞いた時、かなり驚いた。近未来、人類が月や火星に定住するようになったら、水を運ぶかもしれないとのこと。


以下、本書の抜粋。

(p20)
平地で草原が維持される目安の降水量は年間200mm(エジプトのカイロは35mm、イラクのバグダッドは69mm。どちらも草原が維持できない)

(p27-33)
地球上の水のうち、塩水は97.5%。

淡水が2.5%と書く場合もあるが、それは確かにそうなのだがあっているようで間違っている。
2.5%のうち1.69%は深い地下水で、一度利用すると元の場所には戻らない水(化石水というらしい)。

などということを累積すると、人類が利用できる「循環した淡水」は地球上の水の0.01%

「循環した」というのが重要で、循環(淡水を利用する→排水を川に流す→海に流れる→蒸発して雲になる→雨となって地表に降る→利用できる淡水になる)している限り、この水は利用できる。

(p49)
人間の体は一日にどのくらいの水を必要としているのか?→2~3リットル。

→そこではなく、私が知らなくて驚いたのは、人間はでんぷんや脂肪、たんぱく質を分解する際、代謝水という水を生産している。成人が1日2000kcalのエネルギーを摂取すると、約300gの水(代謝水)を生産する。

水分を全然とっていないのに小便が出るのはこういうことだったのか!

(p84)
イスラエルとシリアがゴラン高原という水源をめぐってドンパチ(戦争)したが、1週間戦争する資金があれば、海水淡水化施設を建設できる。

→海水淡水化施設って意外と安い? まあその後の維持管理費(人件費含む)を考えるとそこまで単純じゃないと思うけど。


ここまでで本書の1/4。

本書は良い。

とても良い。

読むべし。

9点/10点満点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/23

竹村真一「新炭素革命」感想。
科学。2017年07月10日読了。

内容を台無しにする酷い書籍レイアウトにゲンナリ。

2点/10点満点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/12

永田和宏「人はどのように鉄を作ってきたか 4000年の歴史と製鉄の原理」感想。
ブルーバックス。2017年06月05日読了。

立ち読みしてから買ったのだが、ちょっと思っていたのと違う内容だった。

昔日本で使われていた、たたら炉は木炭を用い、ふいごを使って酸素を送り込むことで高温を発生させる。鉄は鉄鉱石ではなく砂鉄を用いるので、砂鉄が良くとれる川岸に近い場所に炉があった。

炉の高さは○○cm、幅は〇〇cm、地上から○○cmの所に羽口という空気綱がありそこから空気(酸素)を送り込む。炉が温まってから砂鉄〇gと石灰〇gを入れ、2時間経ったら木炭〇gと砂鉄と石灰を追加投入。これを2時間ごとに繰り返し…

というようなことが書かれている本。

著者が書きたかった内容と、私の知りたいことが異なっていたので評点はつけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

00◆成田やトランジット(JFK・パリ・マドリッド) | 01◆ブラジル(サンパウロ・サンルイス・レンソイス・マナウス) | 02◆アルゼンチン(イグアス・カラファテ・ウシュアイア・ブエノス) | 03◆チリ(サンチャゴ・イースター島・バルパライソ) | 04◆ボリビア(ラパス・ウユニ) | 05◆ペルー(クスコ・マチュピチュ・リマ) | 06◆エクアドル(グアヤキル・ガラパゴス諸島) | 07◆スペイン(マドリッド・バルセロナ) | 08◆トルコ(イスタンブール・カッパドキア・パムッカレ) | 09◆ヨルダン(ペトラ遺跡・アンマン) | 10◆シリア(ダマスカス・パルミラ遺跡) | 11◆エジプト(カイロ・アスワン・アブシンベル) | 12◆モロッコ(マラケシュ) | 13◆南アフリカ(ヨハネスブルク・ケープタウン) | 14◆ナミビア(ウィントフック・ナミブ砂漠・スワコプムント) | 15◆ジンバブエ(ヴィクトリアフォールズ) | 16◆ザンビア(側のヴィクトリアフォールズ) | 17◆ボツワナ(チョベ国立公園) | 18◆香港・マカオ | 19◆インド | 20◆フィリピン留学記 | 21◆インドネシア・スラウェシ島・マナド10泊旅行 | ■09年11月からの世界一周の小ネタ | ■09年11月から世界一周! | ■09年11月から世界一周!の準備 | ■09年11月から世界一周!の近況 | ■09年11月から世界一周!参考書籍 | ■2006年夏・ケニアに行く | ■2007年夏・アンコール遺跡に行く | ■2008年1月・ボルネオ島に行く | ■2008年4月・週末海外でベトナム | ■2008年9月・週末海外で台湾 | ■アフリカ | □グインサーガ | □スターウォーズ | □三国志 | ▲スティーヴン・キング | ▲京極夏彦 | ▲佐藤賢一 | ▲北方謙三 | ▲夢枕獏 | ▲大沢在昌 | ▲天童荒太 | ▲宮部みゆき | ▲最早才能が枯渇し駄作家に成り果てた真保裕一 | ▲浅田次郎 | ▲熊谷達也 | ▲神林長平 | ▲福井晴敏 | ▲船戸与一 | ▲貴志祐介 | ▲逢坂剛 | ▲金庸 | ▲隆慶一郎 | △サイモン・シン/青木薫訳 | △下川裕治 | △堀田あきお&かよ | △宮田珠己 | △木村元彦 | △松本仁一 | △石井光太 | △船尾修 | △蔵前仁一 | △高木徹 | △高野秀行 | ◆小説・ミステリ系統 | ◆小説・伝奇小説 | ◆小説・冒険小説 | ◆小説・時代小説・歴史小説 | ◆小説・武侠小説 | ◆小説・純文学・青春小説 | ◆小説・経済小説・現代小説 | ◆小説・SFホラーファンタジー | ◇いわゆる新書 | ◇イスラーム他、宗教 | ◇エッセイ・紀行文 | ◇ガイドブック | ◇スポーツ関連書 | ◇テクノロジー | ◇データブック・記録集 | ◇ノンフィクション | ◇パソコン関連図書 | ◇ビジネス書 | ◇ルポ・ドキュメンタリー | ◇世界についての本 | ◇国際政治・地政学 | ◇実用書・ガイドブック | ◇歴史 | ◇科学 | ◇臓器移植・臓器売買・人身売買 | ◇語学などの勉強本 | ◇雑学・蘊蓄 | ◎写真集 | ◎美術書・アートブック | ●海外作品(原著英語) | ●海外作品(原著非英語) | ★惚れ惚れするほどの駄作 | ☆私の読書累計 | ☆私的10点満点 | ☆装丁がスバラシイ本 | アニメ・コミック | 携帯・デジカメ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 時事 | 書籍・雑誌 | 経済・政治・国際 | 音楽