カテゴリー「◇ノンフィクション」の記事

2017/09/17

ジーン・マリー・ラスカス/田口俊樹訳「コンカッション」感想。
ノンフィクション。2017年08月07日読了。

脳震盪は今まで思われていた以上に、脳に深刻なダメージを与える。

脳震盪で脳にダメージを受けた人は、奇行が目立ち、死後に脳を解剖すると、特定の痕跡がみられる(CTEと呼ばれる)

本書は、ナイジェリアからアメリカに医学留学し、その後アメリカに定住、検視官の職を得、数多くの遺体を解剖してきたベネット・オマルが、偶然NFL(アメフト)のスーパースター(引退後奇行が目立った)の脳を解剖したところ、顕著な特徴がみられたことから、従来ボクシングのパンチドランカー特融と思われていた脳障害は、実は脳震盪によって引き起こされるということを突き止めた実話を、ベネット・オマルを主人公に据え、オマルの半生を描きながら、脳震盪が引き起こす様々な悪影響を解明したノンフィクション。

脳震盪に関する部分は面白いのだが、主人公があまりにも変人(人と接することが嫌いな鬱病持ちの異邦人)なので、イマイチのめりこめない。

悪くはないのだが。


6点/10点満点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/10

加藤文元「ガロア 天才数学者の生涯」感想。
ノンフィクション。2017年08月04日読了。

1811年10月25日、パリ郊外で生まれたエヴァリスト・ガロア
公立学校の校長から町長になった父、教養がしっかり身についてラテン語が得意だった母、その母から教育を受け、11歳にはラテン語で読み書きができる賢い子であった。12歳の時、パリの寄宿制の学校に入学。校風が気に入らず反抗的だったガロアは2年生をやり直すことに(留年)。そこで補講として受けたのが幾何学。これに夢中になってしまったガロアは、2年分の教科書を2日で読んでしまった。

そこから、学校の授業はほったらかしにして、数学と、そして政治活動に熱中しだした。

数学の習得能力、発想能力は異常なまでに高まり、1829年に最初の論文「循環連分数に関する一定理の証明」を発表。

後、父親が政治闘争に巻き込まれ自殺。これに憂いたガロアはますます政治にのめりこみ、ついには政治犯として逮捕収監されるにいたる。

そんな中、1931年1月17日に論文「方程式の冪根による可解条件について」を書く。この論文はあまりにも難解で、当時の著名な数学者からも理解されず、その重要性が数学界に認識されるのはガロアの死から50年も後のことである。この論文こそ、現代数学の重要な「ガロア群」の元となる論文であった。

1832年5月31日、ガロアは(女に関する名誉を賭けた)決闘に負けて死ぬ。まだ20歳であった。

歴史に「たられば」は禁物であるが、20歳で「ガロア群」を構築したガロアがせめて40歳まで生きていれば、数学会がどれだけ発展したことだろうか(数学は他の学問と異なり、経験よりも発想力がものをいうので、数学者のピークは35歳前後と言われている)

わずか20歳で数学史に残る偉業を成し遂げながら、生前は、あまりにも最先端をいきすぎていたため正当な評価を受けることがなく、決闘で死ぬという劇的な人生を送ったガロア。

ガロアの人生を書き記した伝記・ノンフィクションは、フランスを中心に何冊も書かれている。

本書は、数学者でガロア理論を研究している(でいいのかな?)著者加藤文元氏が、それら伝記や、原典をたどり、日本人向けに書かれたガロアの伝記である。

数学うんちくを増やしたい人は、ぜひとも手に取るべき一冊である。


8点/10点満点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/06

溝口敦「闇経済の怪物たち グレービジネスでボロ儲けする人々」感想。
ゴシップ。2017年07月25日読了。

第1章 「裏」情報サイトの先駆者
第2章 出会い系サイトの帝王
第3章 堅気のデリヘル王
第4章 危険ドラッグの帝王
第5章 日本一のイカサマ・カジノディーラー
第6章 FXの帝王、仮想通貨に挑戦
第7章 六本木の帝王と関東連合
第8章 詐欺の帝王の新事業
第9章 ヤクザ界の高倉健

について、それぞれインタビューを行い、一冊の本にまとめたもの。

まあ、なんだ、アサヒ芸能(著者がかつて在籍していた雑誌)に載っている闇経済記事をまとめたような読み物。


5点/10点満点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/04

ダニエル・カーネマン/村井章子訳「ファストアンドスロー(下) あなたの意思はどのように決まるか?」感想。
行動経済学。2017年02月25日読了。

下巻も非常に面白かった。読むのに時間がかかったが、とても有意義な時間を過ごせた。

この本(上下巻)は内容が詰まっている。詰まっているというのは、余計なことがあまり書かれていなく、斜め読みをすることができない状態のことである。一言一句、かみしめるように読み進めないと、次に書かれていることが理解できなくなるのである。

翻訳に関しては、無理に日本語化した部分が悪目立ちしたが、これだけの内容を伝えたという点では良い翻訳と言える。


下巻のポイント(ほぼ私的メモです。分かりづらくてすみません)

p53
アメリカでスタートアップ企業の存続率は35%である。しかし、スタートアップ(起業)する人のほとんどは、自分が成功すると信じ、失敗する側(65%である)になると思っていない。

p67
所属している会社で、ある新規事業を始めるとする。事業を進めたがる人たちは概ね自信過剰に陥っているので、そういう人たちに「いまが1年後だと想像してください。私たちは、先ほど決めた計画を実行し、大失敗しました。なぜ失敗したのか、簡潔に答えてください」と問うと、新規事業への楽観は消える。

これを「死亡前死因分析」という。


これから後は、ギャンブルをベースにした問いが増える。これこそがノーベル経済学賞を獲ったプロスペクト理論。

問1:あなたはどちらを選びますか
・確実に900ドル貰える。
・90%の確率で1000ドル貰える。

問2:あなたはどちらを選びますか
・確実に900ドル失う。
・90%の確率で1000ドル失う。

たいていの人は、問1では確実にもらえる方を、問2では損をしない可能性が少しでもある方を選ぶ。(期待値の考え方なら、どちらの選択肢も同じである。問1なら+900ドル、問2なら-900ドル)

これは問題の内容をいろいろ変えても同じ結果になり、得をするときは確実な方を、損をするときは少しでも損する額が小さくなる方を選ぶ。


これは株式の売買にも通じ、

あなたは資産をすべて株で運用しています。突然1万ドルが必要になりました。現在儲かっている株を売りますか(利益確定)、それとも損している株を売りますか(損切り)?

多くの人が利益確定に走る。

人間の心理的に、損を確定させることは「自分の失敗を認めることになるので苦痛」に対し、利益確定は「自分の勘が正しかった確かめる作業なので精神的に楽」ということである。


p147
100万ドル貰えるかもしれない確率について、5%ずつ上昇するときの気分の変化
A) 0%から5%に上がる
B) 5%から10%に上がる
C) 60%から65%に上がる
D) 95%から100%に上がる

このうち最も嬉しいのはAであり、次に嬉しいのはDである。

Aは簡単に言うと宝くじ。当たる確率は低いけど、買わなければ絶対に当たらない。買えば買うほど当籤確率は上がる

Dの例は遺産相続。普通に考えたら遺産を全額相続できる立場にいるが、万が一、自分の知らない親族がいて、遺産の相続権を要求してきたら困る。そんな時、あなたの遺産相続権を満額の90%で買い取りますよ!と言ってくる弁護士が居たら、弁護士に権利を売る可能性が高い。


というようなことが満載で書かれている本書は、とにかく面白かった。


9点/10点満点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/03

ダニエル・カーネマン/村井章子訳「ファストアンドスロー(上) あなたの意思はどのように決まるか?」感想。
行動経済学。2017年02月15日読了。

本書の著者ダニエル・カーネマン氏は、心理学者でありながらノーベル経済学賞を受賞した(2002年)。氏の受賞により行動経済学という学問は一躍脚光を浴びるようになった。

本書はノーベル経済学賞を受賞した氏の研究「プロスペクト理論」を、なぜそのような研究をすることになったのか前後の研究を含め、一般読者にわかりやすく説明している本である。とはいえ、かなり難しい(例えば確率の計算で、計算式が省かれ答えだけが載っているのだが、その答えに至る式が全く見えてこない→巻末の注記に計算式が載っているのだが、それを見ても理解できない。など)。なお、「プロスペクト理論」の説明は下巻である。


以下、個人的メモ。(要約しようにも盛り込まれている内容が多すぎて…)

人間は、理路整然とした行動をとっているようでも、実はそうではない。


というのを様々な実験を経て立証したのが本書。


著者は本書で一貫して人間の脳の働きを二つのシステムとして表現している。(p41)

◆システム1:自動的に高速で働く。努力は全く不要か、必要であってもわずかである。また、自分の方からコントロールしている感覚は一切ない。

◆システム2:複雑な計算など頭を使わなければできない(=システム1ではできない)困難な知的活動を行う。基本的に怠け者で、システム1が導き出した判断に影響される。

音が聞こえた方角を感知する、2+2を計算する、簡単な文章を読む、空いた道を運転する、などはシステム1の仕事。

意外な音を聞いたときそれが何の音なのか記憶をたどる、17*24を計算する、複雑な論旨の妥当性を確認する、狭いスペースに注射する、などはシステム2の仕事。システム2を稼働させるには努力が必要である。努力すると脳が疲れる。


「SO□P」という単語の□に入る言葉を当てなさい。食べ物が目の前にある時や「食べる」という言葉を聞いた後ならSOUP(スープ)という単語を思い付く。風呂に入っている時や「洗う」という言葉を聞いた後ならSOAP(石鹸)を言う言葉を思い付く。

「食べる」はSOUPの、「洗う」はSOAPのプライム(選考刺激)といい、これらの現象をプライミング効果という。

プライミング効果を使えば、人々の思考を誘導できる。一例として、2000年にアリゾナ州で学校補助金の増額に関する投票では、学校が投票所だった場合、他の投票所より賛成票が多かった。学校補助金の増額という題に対し、学校という投票所がプライムになった。


「ニューヨークはアメリカの大都市である」「月は地球の周りをまわっている」「ニワトリの足は4本である」
最初の2つはすぐに正しいと理解できる。これはシステム1の働き。最後の文章はちょっとだけ悩む。システム1はたぶん正しいと思われるが念のため確認が必要であるとしてシステム2を呼び出す。システム2はほんのちょっと悩んだ後、正しいと判断を下す。これが「ニワトリの足は3本である」ならば、システム1が即座に間違いと判断を下せるが、4本の場合はシステム1は即座に判断を下せない。

見覚え、聞き覚えといった感覚は、単純だが強力な「過去性」を帯びていて、人間の脳は慣れ親しんだものが好きとのこと。

おしゃれなレストランで、隣の席の人がスープを飲んで不味そうな顔をした。こういう事態に遭遇したら「えっ?」と驚くが、別の席の客も不味そうな顔をしたら、2度目はそれほど驚かない。既に見覚えのある光景だから。


システム1は騙されやすく、信じたがるバイアスを備えている。疑ってかかり、信じないと判断するのはシステム2の仕事だが、システム2はときに忙しく、大体は怠けている。システム2は自分の信念に一致しそうなデータばかりを探す。

大統領の政治手腕が好きな人は、大統領の養子も声も好きである可能性が高い。これをハロー効果(後光効果)という。

パーティで気さくで感じの良い女性と知り合った。後日、募金を集める際、なぜかこの女性のことを思い出した。気さくで感じの良い女性ということしか知らないのに、なぜかこの女性のことを思い出した。これもハロー効果。

アラン:頭がいい、勤勉、直情的、批判的、頑固、嫉妬深い
ベン:嫉妬深い、頑固、批判的、直情的、勤勉、頭がいい

どちらの人物に好感が持てるか。十中八九、アランに好感を持つ。挙げられている性格は全く同じなのに、語順が違うだけでこうも印象が変わる。

ということを突き詰めていくと、「自分の見たものがすべてだ」(p155)ということになる。


更に突き詰めていくと、これらは数字にすることができる。アンカリング率という。簡単な実験として、10人でやっているプロジェクトがあるとして、ミーティングで10人に自分のプロジェクトへの貢献度を%で書かかせ、一斉に提示させる。まず間違いなく貢献度は100%を上回る。


本書ではヒューリスティックという言葉が(最初から)出てくる。「近道の解決法」という意味になる概念だそうだ。

寡黙で、整理整頓が大好きで、ルーチンワークを苦にしない。

この人の職業は図書館司書でしょうか、それとも農家でしょうか。先入観で図書館司書と答えてしまいそうだが、実際は農家の方が就業人口が多いので、農家である可能性の方が高い。しかし先入観が働く。こういうのをヒューリスティックという。


軍の飛行機の訓練教官は、「素晴らしい飛行をしたので褒めると、次は必ずダメになる」「なので褒めない。失敗したときにめちゃくちゃ怒鳴る」という。

褒めると下手になり、𠮟るとうまくなるというのは間違いである。共感が観察したのは「平均への回帰」という現象である。

褒められるほ上手くできたのは、たまたまその時が良かっただけで、普段はもっと下手。だから次は下手になる。(下手なのが平均)

叱られるほど下手だったのは、たまたまその時が失敗しただけで、普段はもっと上手。だから次は上手になる。(上手なのが平均)


ということで非常に面白かった。下巻の感想は明日。


9点/10点満点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/05

石川直樹「最後の冒険家」感想。
伝記。2016年08月23日読了。

熱気球で太平洋を単独横断する冒険にチャレンジし、そのまま行方不明となってしまった公務員冒険家神田道夫氏の足跡を追ったノンフィクション。

執筆者の石川直樹氏は、第1回目の熱気球太平洋横断にパートナーとして同乗し、太平洋上で墜落、運よく日本郵船のコンテナ船に救助された経歴を持つ。

本書は、熱気球に取りつかれた冒険家神田道夫氏の情熱を過不足なく伝えている。

一気に読み終えた。かなり完成度の高いノンフィクションである。


8点/10点満点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/12/23

ピーター・ピオット/宮田一雄+大村朋子+樽井正義共訳「NO TIME TO LOSE エボラとエイズと国際政治」感想。
自伝ノンフィクション。2016年05月31日読了。

◆内容紹介(Amazonより)

アフリカの熱帯雨林から国際政治のジャングルへ――
元UNAIDS事務局長が綴る、波乱万丈の回想録。

1976年、ベルギーの若き医師ピーター・ピオットは、恐ろしい感染症を引き起こしていた未知のウイルスを調べるためアフリカ・ザイール(現コンゴ民主共和国)に赴いた。死と隣り合わせの任務のなかで、この「エボラ」がどう広がったのかを突き止めるべく現地の文化や風習に深く身を浸した彼は、感染症との闘いに一生をかけようと決意する。

その6年後、彼は再びザイールの地を踏む。もう一つの新たな流行病、「エイズ」の感染が広がろうとしていたためだ。世界的に流行が拡大した80年代から、彼は国際的なエイズ対策を先導する役割を担い始める。その後、UNAIDS(国連合同エイズ計画)の初代事務局長として、国際的な協力体制を築くためネルソン・マンデラ、フィデル・カストロ、温家宝ら世界の名だたる指導者たちと、あるときは盟友関係を結び、あるときはタフな交渉に臨んでいく。国際機関の非効率や官僚的対応に苦しみながらも少しずつ歩を進めていくその過程には常に、有名無名の人びととの力強く、そして広範な「連携」があった――。

21世紀を迎える激動の時代に、世界の仕組みを変える。ユーモアを交えながらもストレートに、そしてスリリングに綴られる三十余年の回想録は、今日もなお世界で猛威をふるう感染症と、個人そして社会がどう対峙すべきか、多くの示唆を与えてくれる。


◆感想

上記のように、UNAIDS(国連合同エイズ計画)の初代事務局長を任命されるなど、公衆衛生の改善に多大な貢献をした著者の自伝である。

自伝なので、自分にとって都合の悪いこと、自分と対立していた者の考え方、についてはあまり触れられていない。自伝だからしょうがないのだが、優秀なノンフィクションライターが対立している側にも取材して、本書と同じようなコンセプトの本を書いたら、もっと面白くなったと思う。(例:第4代世界保健機関(WHO)事務局長、中嶋宏博士は、著者の活動を妨害する国連関連組織内のダースベイダー的に書かれている。私は中嶋博士のことをよく知らないので、著者の見解が正しいのかどうかは判別できない)

また本書は、国連に関する記述も多く、国際政治のど真ん中にいた人による国連という組織が機能不全に陥っている様を表した本ともいえる。

本書は450ページあり、内容の密度が濃く行間を飛ばして読むことはできず、しかし正直なところ翻訳が今一つで、読むのに大変苦労した。私はわりと多読な方と思っているが、本書は読むにに3週間もかかってしまった。


しかし、書かれている内容はエイズやエボラと真正面から戦った医学者の奮闘記であり、一行たりとも読み飛ばすことなくきちんと読了したいという気持ちが勝った。

良書である。


7点/10点満点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/06

サイモン・シン/青木薫訳「暗号解読(下)」感想。
ノンフィクション。2016年01月16日読了。


インターネットの「公開鍵」と「暗号鍵」の意味が分からない人へ。


本書を読めばその理論が全て分かる。ベリサインの存在理由も全て分かる。


私は今までインターネット公開鍵の意味をよく理解できなかったが、


本書を読めば完璧に理解できた!


プログラマは本書を絶対に読め! というくらいの名著。素晴らしい。脱帽。


原著サイモン・シン、翻訳青木薫 の組み合わせは名著ばかりだ。


10点/10点満点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイモン・シン/青木薫訳「暗号解読(上)」感想。
ノンフィクション。2016年01月12日読了。


プライバシーを守るため、インターネットには暗号化が必須。

ではその暗号化っていったい何?

ということを、暗号の歴史そのものを振り返ることによって、非常に分かり易く説明したノンフィクション。

私の読書人生、生涯ベスト10に入れるべき傑作「フェルマーの最終定理」を書いたサイモン・シンの著書。訳者も同じ青木薫氏。


第1章

紀元前5世紀、ギリシャとペルシャの戦争に関してヘロドトスが記した「秘密の書記法」について。単純に文字を入れ替えてめちゃくちゃな記号の羅列に変換するというもの。
AとZを入れ替えて文章を記す
BとYを入れ替えて文章を記す……

なんの文字を入れ替えたのか、その規則性が分からなければなかなか解けない。規則性を紙に書いたり、同じ規則を何度も使うと内容がばれるので、キーワードを決めるやり方が広まった(キーワードは伝書役の奴隷が相手に伝える)

ジュリアスシーザー JULIUS CAESAR をキーワードにすると、重複語を除いて以下のように置換する。(置換前の文章を平文という)

平文 a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z
暗号 J U L I S C A E R T V W X Y Z B D F G H K M N O P Q (R以降は、アルファベット順に並べる)

この方法で1000年は上手くいった。

が、アルファベットの出現頻度を解析することで解読が可能になった。英語で考えると、普通に書かれた文章で最も多く出てくるものは e 、2番目は t 、3番目は a である。

上記「秘密の書記法(アルファベット換字式暗号)」は、アルファベットを1対1で置換するため、暗号化された支離滅裂な文字列から出現頻度の高い文字を順番に当てはめていけば、いずれ内容ある単語に行き着く。つまり解読が可能になる。このことが記された最も古い文書は、9世紀のアラブの科学者である。

ヨーロッパでは1200年頃まで、まだこの解読方法に到達していなかった。

そんなこんなで(端折ってスマン)、1586年のスコットランド女王メアリーが暗号を使ってイングランドに反旗を翻した廉(かど)で処刑される。


第2章

(ヨーロッパの)暗号作成は新たなステージに突入した。2段換字である。一度換字しためちゃくちゃなアルファベットを、異なる手順で更に換字するのである。

ここで新たな問題が発生した。換字の手順=暗号を復元する手順を受け取り側にどうやって伝えるか、ということである。やがてヴィジュネル方陣という方法が考案され、広まった。

それを解読する側は、出現するアルファベットの冗長性に着目し、同じアルファベットの組み合わせがあるか、ある場合それは何度出現するか、何文字おきに出現するか、同じ組み合わせの文字数は何文字か、などを総合的に分析し、しらみつぶしに調べていったら正解としか考えられないパターンが見つかり、それを手がかりに発信元が同じ人物の機密文書を次から次へと見破っていく。


第3章

なんか暗号が見破られていると気付いた発信者は、機械を使って暗号化と復元を行う暗号機の開発に乗り出した。19世紀終わり頃の話。


第4章

機械化しても見破られる場合があることに気付いたドイツ人は、第二次世界大戦で大活躍したエニグマ暗号機を作り出す。


というような感じで話は進んでいきます。


このブログで本書の魅力が伝わらない場合、それは単に私の筆力不足です。本書はめちゃくちゃ面白い!


9点/10点満点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/11/22

ジョージ・ジョンソン/水谷淳訳「量子コンピュータとは何か」感想。
科学。2015年10月27日読了。

本書の内容はタイトルの通りで、量子コンピュータとは如何なる物なのかを、コンピュータに関する知識がない人でもわかるように解説した科学ノンフィクションである。

原著は2003年に、邦訳単行本は2004年に、文庫版は2009年に出た。


本書はまず2進数とは何か、という説明から入る。

そして、コンピュータの原理である論理演算、AND/NAND/OR/NORの説明。

その次に、原子はスピンする、という大学生以上の物理学(量子力学)の説明を始める。

そして、コンピュータの限界とは、途方もなく大きな数の「因数分解」には途方もない時間がかかること。

「因数分解」を利用しているのが暗号化であり、

「因数分解」を手早くできる装置が量子コンピュータである等々が書かれている。


とてつもなく説明が下手である。読むのが苦痛だった。


1点/10点満点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

00◆成田やトランジット(JFK・パリ・マドリッド) | 01◆ブラジル(サンパウロ・サンルイス・レンソイス・マナウス) | 02◆アルゼンチン(イグアス・カラファテ・ウシュアイア・ブエノス) | 03◆チリ(サンチャゴ・イースター島・バルパライソ) | 04◆ボリビア(ラパス・ウユニ) | 05◆ペルー(クスコ・マチュピチュ・リマ) | 06◆エクアドル(グアヤキル・ガラパゴス諸島) | 07◆スペイン(マドリッド・バルセロナ) | 08◆トルコ(イスタンブール・カッパドキア・パムッカレ) | 09◆ヨルダン(ペトラ遺跡・アンマン) | 10◆シリア(ダマスカス・パルミラ遺跡) | 11◆エジプト(カイロ・アスワン・アブシンベル) | 12◆モロッコ(マラケシュ) | 13◆南アフリカ(ヨハネスブルク・ケープタウン) | 14◆ナミビア(ウィントフック・ナミブ砂漠・スワコプムント) | 15◆ジンバブエ(ヴィクトリアフォールズ) | 16◆ザンビア(側のヴィクトリアフォールズ) | 17◆ボツワナ(チョベ国立公園) | 18◆香港・マカオ | 19◆インド | 20◆フィリピン留学記 | 21◆インドネシア・スラウェシ島・マナド10泊旅行 | ■09年11月からの世界一周の小ネタ | ■09年11月から世界一周! | ■09年11月から世界一周!の準備 | ■09年11月から世界一周!の近況 | ■09年11月から世界一周!参考書籍 | ■2006年夏・ケニアに行く | ■2007年夏・アンコール遺跡に行く | ■2008年1月・ボルネオ島に行く | ■2008年4月・週末海外でベトナム | ■2008年9月・週末海外で台湾 | ■アフリカ | □グインサーガ | □スターウォーズ | □三国志 | ▲スティーヴン・キング | ▲京極夏彦 | ▲佐藤賢一 | ▲北方謙三 | ▲夢枕獏 | ▲大沢在昌 | ▲天童荒太 | ▲宮部みゆき | ▲最早才能が枯渇し駄作家に成り果てた真保裕一 | ▲浅田次郎 | ▲熊谷達也 | ▲神林長平 | ▲福井晴敏 | ▲船戸与一 | ▲貴志祐介 | ▲逢坂剛 | ▲金庸 | ▲隆慶一郎 | △サイモン・シン/青木薫訳 | △下川裕治 | △堀田あきお&かよ | △宮田珠己 | △木村元彦 | △松本仁一 | △石井光太 | △船尾修 | △蔵前仁一 | △高木徹 | △高野秀行 | ◆小説・ミステリ系統 | ◆小説・伝奇小説 | ◆小説・冒険小説 | ◆小説・時代小説・歴史小説 | ◆小説・武侠小説 | ◆小説・純文学・青春小説 | ◆小説・経済小説・現代小説 | ◆小説・SFホラーファンタジー | ◇いわゆる新書 | ◇イスラーム他、宗教 | ◇エッセイ・紀行文 | ◇ガイドブック | ◇スポーツ関連書 | ◇テクノロジー | ◇データブック・記録集 | ◇ノンフィクション | ◇パソコン関連図書 | ◇ビジネス書 | ◇ルポ・ドキュメンタリー | ◇世界についての本 | ◇国際政治・地政学 | ◇実用書・ガイドブック | ◇歴史 | ◇科学 | ◇臓器移植・臓器売買・人身売買 | ◇語学などの勉強本 | ◇雑学・蘊蓄 | ◎写真集 | ◎美術書・アートブック | ●海外作品(原著英語) | ●海外作品(原著非英語) | ★惚れ惚れするほどの駄作 | ☆私の読書累計 | ☆私的10点満点 | ☆装丁がスバラシイ本 | アニメ・コミック | 携帯・デジカメ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 時事 | 書籍・雑誌 | 経済・政治・国際 | 音楽