カテゴリー「▲宮部みゆき」の記事

2007/11/01

宮部みゆき「楽園(下)」感想。
ミステリ。2007年10月30日読了。

楽園〈下〉
宮部みゆき /文藝春秋 2007/08出版 361p 20cm ISBN:9784163263601 \1,699(税込)


下巻になっても登場人物に魅力を感じない。

登場する全ての人物に魅力を感じない。

この小説は、私には合わなかった。


3点/10点満点

amazonはこちら

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/13

宮部みゆき「楽園(上)」感想。
ミステリ。2007年10月05日読了。

楽園〈上〉
宮部みゆき /文藝春秋 2007/08出版 413p 20cm ISBN:9784163262406 \1,699(税込)


登場人物に魅力がないなあ。





4点/10点満点

amazonはこちら

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/11

宮部みゆき「ドリームバスター4」感想。
SF小説。2007年07月10日読了。

ドリームバスター〈4〉
宮部みゆき /徳間書店 2007/05出版 361p 20cm ISBN:9784198623272 ¥1,680(税込)



よし、今月は小説回帰月間としよう! と手に取った本書。


「ICO」よりマシ、って程度。


2点/10点満点

amazonはこちら

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/11

宮部みゆき「名もなき毒」感想。
ミステリ。2006年09月08日読了。

名もなき毒
宮部みゆき /幻冬舎 2006/08出版 489p 20cm ISBN:4344012143 ¥1,890(税込)

財閥企業で社内報を編集する杉村三郎は逆玉男。財閥企業グループ会長の妾腹の娘婿。「誰か」の主人公が再び登場。杉村はまた事件に巻き込まれ、よせばいいのに首を突っ込み、それ見たことかの騒動が始まる。。。

相変わらずのストーリーテリングのうまさ、キャラクター作りのうまさに脱帽。脇役がいい感じ。やっぱり宮部みゆきはこうでなくちゃ。

7点/10点満点


細かい感想は他人様のブログでどんぞ、と、いつもながらの手抜き。

amazonはこちら

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/05/30

宮部みゆき「ドリームバスター3」感想。
SF小説。2006年05月29日読了。

ドリームバスター 3
宮部みゆき /徳間書店 2006/03出版 411p 20cm ISBN:419862139X ¥1,680(税込)

ストーリーテラー宮部みゆきが自己満足のために書いている(と思えてしまう)ぬるいSF小説の第三弾。

今作もご多分にもれずぬるい仕上がりとなっている。登場人物がぬるい。設定もぬるい。展開もぬるい。特にマエストロがぬるい。キャラがはっきりしてないし、役割も中途半端。好みの問題かも知れないが。

そればかりか、本作は話の途中で終わっている。つまりは第四巻を読め、と言うことなんだろうけど、四巻出る頃には三巻の内容を忘れちまいそうだ。その第四巻はいつ出るのか全く判らん。すぐ出るのかも知れないし、二巻から三巻までのように3年後かも知れない。

何だかねえ。

4点/10点満点

amazonはこちら

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/08/08

宮部みゆき「孤宿の人・下」感想。
時代小説。2005年08月07日読了。

孤宿の人 下
BookWebはこちら
 amazonはこちら
宮部みゆき・みやべみゆき・こしゅくのひと
新人物往来社 2005/06出版 423p 20cm ISBN:4404032587 ¥1,890(税込)


うーん、どうだろう、結末すっきりしないなあ。
人が死にすぎだ。だから後味がすっきりしない。

この本の金銭的価値:上下で3,000円にして欲しいものです。
5点/10点満点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/28

宮部みゆき「孤宿の人・上」感想。
時代小説。2005年07月27日読了。

孤宿の人 上
BookWebはこちら
 amazonはこちら
宮部みゆき・みやべみゆき・こしゅくのひと
新人物往来社 2005/06出版 405p 20cm ISBN:4404032579 ¥1,890(税込)


伏線なのだろうか、持って回った言い回しが多くて疲れる。
「模倣犯」と同じような手法と思うが、こっちの方が読んでて疲れる。
下巻に期待。

この本の金銭的価値:上下読んでから。
4点/10点満点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/08

宮部みゆき「蒲生邸事件」感想。
SFミステリ。2005年03月08日再読了。

蒲生邸事件
BookWebはこちら
 amazonはこちら
宮部みゆき
文藝春秋 2000/10出版 686p 16cm ISBN:4167549034 ¥900(税込)

新刊で出た時に読んでいるので、9年ぶりの再読か。個人的に宮部みゆきの作品で一番好きである。再読の今回もその評価は変わらない。
が、最初に読んだときは、最後の数ページに涙が出てきたのだが、今回はそこまで感動せず。再読だからしょうがないのかも。

8点/10点満点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/08

宮部みゆき「日暮らし・下」感想。
時代小説。2005年02月07日読了。

日暮らし 下
BookWebはこちら
 amazonはこちら
宮部みゆき・みやべみゆき・ひぐらし
講談社 2005/01出版 374p 20cm ISBN:4062127377 ¥1,680(税込)


弓之助ってのは何でこんなに鋭いのかね。
このシリーズは名探偵弓之助と改題した方がええんちゃうか。
そうはいっても期待を裏切らない宮部みゆきの筆力には脱帽。

7点/10点満点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宮部みゆき「日暮らし・上」感想。
時代小説。2005年02月01日読了。

日暮らし 上
BookWebはこちら
 amazonはこちら
宮部みゆき・みやべみゆき・ひぐらし
講談社 2005/01出版 367p 20cm ISBN:4062127369 ¥1,680(税込)


長編かと思っていたら連作なんだ。ちょっと肩透かし。

5点/10点満点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

00◆成田やトランジット(JFK・パリ・マドリッド) | 01◆ブラジル(サンパウロ・サンルイス・レンソイス・マナウス) | 02◆アルゼンチン(イグアス・カラファテ・ウシュアイア・ブエノス) | 03◆チリ(サンチャゴ・イースター島・バルパライソ) | 04◆ボリビア(ラパス・ウユニ) | 05◆ペルー(クスコ・マチュピチュ・リマ) | 06◆エクアドル(グアヤキル・ガラパゴス諸島) | 07◆スペイン(マドリッド・バルセロナ) | 08◆トルコ(イスタンブール・カッパドキア・パムッカレ) | 09◆ヨルダン(ペトラ遺跡・アンマン) | 10◆シリア(ダマスカス・パルミラ遺跡) | 11◆エジプト(カイロ・アスワン・アブシンベル) | 12◆モロッコ(マラケシュ) | 13◆南アフリカ(ヨハネスブルク・ケープタウン) | 14◆ナミビア(ウィントフック・ナミブ砂漠・スワコプムント) | 15◆ジンバブエ(ヴィクトリアフォールズ) | 16◆ザンビア(側のヴィクトリアフォールズ) | 17◆ボツワナ(チョベ国立公園) | 18◆香港・マカオ | 19◆インド | 20◆フィリピン留学記 | 21◆インドネシア・スラウェシ島・マナド10泊旅行 | ■09年11月からの世界一周の小ネタ | ■09年11月から世界一周! | ■09年11月から世界一周!の準備 | ■09年11月から世界一周!の近況 | ■09年11月から世界一周!参考書籍 | ■2006年夏・ケニアに行く | ■2007年夏・アンコール遺跡に行く | ■2008年1月・ボルネオ島に行く | ■2008年4月・週末海外でベトナム | ■2008年9月・週末海外で台湾 | ■アフリカ | □グインサーガ | □スターウォーズ | □三国志 | ▲スティーヴン・キング | ▲京極夏彦 | ▲佐藤賢一 | ▲北方謙三 | ▲夢枕獏 | ▲大沢在昌 | ▲天童荒太 | ▲宮部みゆき | ▲最早才能が枯渇し駄作家に成り果てた真保裕一 | ▲浅田次郎 | ▲熊谷達也 | ▲神林長平 | ▲福井晴敏 | ▲船戸与一 | ▲貴志祐介 | ▲逢坂剛 | ▲金庸 | ▲隆慶一郎 | △サイモン・シン/青木薫訳 | △下川裕治 | △堀田あきお&かよ | △宮田珠己 | △木村元彦 | △松本仁一 | △石井光太 | △船尾修 | △蔵前仁一 | △高木徹 | △高野秀行 | ◆小説・ミステリ系統 | ◆小説・伝奇小説 | ◆小説・冒険小説 | ◆小説・時代小説・歴史小説 | ◆小説・武侠小説 | ◆小説・純文学・青春小説 | ◆小説・経済小説・現代小説 | ◆小説・SFホラーファンタジー | ◇いわゆる新書 | ◇イスラーム他、宗教 | ◇エッセイ・紀行文 | ◇ガイドブック | ◇スポーツ関連書 | ◇テクノロジー | ◇データブック・記録集 | ◇ノンフィクション | ◇パソコン関連図書 | ◇ビジネス書 | ◇ルポ・ドキュメンタリー | ◇世界についての本 | ◇国際政治・地政学 | ◇実用書・ガイドブック | ◇歴史 | ◇科学 | ◇臓器移植・臓器売買・人身売買 | ◇語学などの勉強本 | ◇雑学・蘊蓄 | ◎写真集 | ◎美術書・アートブック | ●海外作品(原著英語) | ●海外作品(原著非英語) | ★惚れ惚れするほどの駄作 | ☆私の読書累計 | ☆私的10点満点 | ☆装丁がスバラシイ本 | アニメ・コミック | 携帯・デジカメ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 時事 | 書籍・雑誌 | 経済・政治・国際 | 音楽