カテゴリー「▲貴志祐介」の記事

2004/06/15

貴志祐介「硝子のハンマー」感想。
本格ミステリ。2004年06月15日読了。

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。


硝子のハンマー


本書は、「黒い家」(=私的10点満点)とか「青の炎」(9点)とか「天使の囀り」(9点)を書いた貴志祐介のミステリ小説である。ちょっと期待したのだが、

本格ミステリという代物は、トリックに何の興味もない私のような人間が、話の展開が面白い小説だろうと勘違いして読むと実につまらないものなのだな、ということに気づかせてくれた偉大なる小説であった。


山口雅也「生ける屍の死」は、あまりにつまらなくて読み終えることすら出来なかったから、読み終えることが出来ただけ本書はマシなのかもしれないけどさ。


それにしてもなあ。

いくらトリックが素晴らしいといっても、小説としての完成度が低いものを絶賛するミステリファンを何とかしないと、ミステリリーグは沈没するぞ。(と本書を読んだとき思ったが、予想通りミステリリーグは撃沈状態になっている。当たり前だ)


2点/10点満点

この感想は2010年11月24日に書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1999/11/09

貴志祐介「青の炎」一行感想。
ミステリ。1999年11月09日読了。

青の炎
BookWebはこちら
 amazonはこちら
貴志祐介・きしゆうすけ・あおのほのお
角川書店 1999/10出版 397p 20cm ISBN:4048731955 ¥1,470(税込)

ラスト3頁のために書かれた小説、ではないかと思うのです。
9点/10点満点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1999/04/20

貴志祐介「クリムゾンの迷宮」一行感想。
ホラー(?)。1999年04月20日読了。

クリムゾンの迷宮
BookWebはこちら
 amazonはこちら
貴志祐介・きしゆうすけ・くりむぞんのめいきゅう
角川書店 1999/04出版 393p 15cm ISBN:404197903X ¥672(税込)

面白かったのですが、何だかパワーダウンしてしまいました。残念なことです。
6点/10点満点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1998/11/20

貴志祐介「十三番目の人格(ペルソナ)」一行感想
ホラー小説。1998年11月20日読了。

十三番目の人格(ペルソナ)Isola
BookWebはこちら
 amazonはこちら
貴志祐介・きしゆうすけ・じゅうさんばんめのぺるそな
角川書店 1996/04出版 401p 15cm ISBN:4041979013 ¥693(税込)

流石に荒削りであるという感じは否めないが、貴志祐介を見出した編集者(審査員)に賛辞を送りたい。
5点/10点満点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1998/11/16

貴志祐介「黒い家」一行感想。
ホラー小説。1998年11月16日読了。

黒い家
BookWebはこちら
 amazonはこちら
貴志祐介・きしゆうすけ・くろいいえ
角川書店 1997/06出版 365p 20cm ISBN:4048730568 ¥1,575(税込)

小説を読んで初めて本気で怖くなりました。完璧なホラー小説。
10点/10点満点

文庫版はこちら  amazonはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1998/11/06

貴志祐介「天使の囀り」一行感想。
ホラー小説。1998年11月06日。

天使の囀り
BookWebはこちら
 amazonはこちら
貴志祐介・きしゆうすけ・てんしのさえずり
角川書店 1998/06出版 445p 20cm ISBN:404873122X ¥1,785(税込)

絶賛されている噂を聞いて読んだが、噂に違わず。
9点/10点満点

文庫版はこちら  amazonはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

00◆成田やトランジット(JFK・パリ・マドリッド) | 01◆ブラジル(サンパウロ・サンルイス・レンソイス・マナウス) | 02◆アルゼンチン(イグアス・カラファテ・ウシュアイア・ブエノス) | 03◆チリ(サンチャゴ・イースター島・バルパライソ) | 04◆ボリビア(ラパス・ウユニ) | 05◆ペルー(クスコ・マチュピチュ・リマ) | 06◆エクアドル(グアヤキル・ガラパゴス諸島) | 07◆スペイン(マドリッド・バルセロナ) | 08◆トルコ(イスタンブール・カッパドキア・パムッカレ) | 09◆ヨルダン(ペトラ遺跡・アンマン) | 10◆シリア(ダマスカス・パルミラ遺跡) | 11◆エジプト(カイロ・アスワン・アブシンベル) | 12◆モロッコ(マラケシュ) | 13◆南アフリカ(ヨハネスブルク・ケープタウン) | 14◆ナミビア(ウィントフック・ナミブ砂漠・スワコプムント) | 15◆ジンバブエ(ヴィクトリアフォールズ) | 16◆ザンビア(側のヴィクトリアフォールズ) | 17◆ボツワナ(チョベ国立公園) | 18◆香港・マカオ | 19◆インド | 20◆フィリピン留学記 | 21◆インドネシア・スラウェシ島・マナド10泊旅行 | ■09年11月からの世界一周の小ネタ | ■09年11月から世界一周! | ■09年11月から世界一周!の準備 | ■09年11月から世界一周!の近況 | ■09年11月から世界一周!参考書籍 | ■2006年夏・ケニアに行く | ■2007年夏・アンコール遺跡に行く | ■2008年1月・ボルネオ島に行く | ■2008年4月・週末海外でベトナム | ■2008年9月・週末海外で台湾 | ■アフリカ | □グインサーガ | □スターウォーズ | □三国志 | ▲スティーヴン・キング | ▲京極夏彦 | ▲佐藤賢一 | ▲北方謙三 | ▲夢枕獏 | ▲大沢在昌 | ▲天童荒太 | ▲宮部みゆき | ▲最早才能が枯渇し駄作家に成り果てた真保裕一 | ▲浅田次郎 | ▲熊谷達也 | ▲神林長平 | ▲福井晴敏 | ▲船戸与一 | ▲貴志祐介 | ▲逢坂剛 | ▲金庸 | ▲隆慶一郎 | △サイモン・シン/青木薫訳 | △下川裕治 | △堀田あきお&かよ | △宮田珠己 | △木村元彦 | △松本仁一 | △石井光太 | △船尾修 | △蔵前仁一 | △高木徹 | △高野秀行 | ◆小説・ミステリ系統 | ◆小説・伝奇小説 | ◆小説・冒険小説 | ◆小説・時代小説・歴史小説 | ◆小説・武侠小説 | ◆小説・純文学・青春小説 | ◆小説・経済小説・現代小説 | ◆小説・SFホラーファンタジー | ◇いわゆる新書 | ◇イスラーム他、宗教 | ◇エッセイ・紀行文 | ◇ガイドブック | ◇スポーツ関連書 | ◇テクノロジー | ◇データブック・記録集 | ◇ノンフィクション | ◇パソコン関連図書 | ◇ビジネス書 | ◇ルポ・ドキュメンタリー | ◇世界についての本 | ◇国際政治・地政学 | ◇実用書・ガイドブック | ◇歴史 | ◇科学 | ◇臓器移植・臓器売買・人身売買 | ◇語学などの勉強本 | ◇雑学・蘊蓄 | ◎写真集 | ◎美術書・アートブック | ●海外作品(原著英語) | ●海外作品(原著非英語) | ★惚れ惚れするほどの駄作 | ☆私の読書累計 | ☆私的10点満点 | ☆装丁がスバラシイ本 | アニメ・コミック | 携帯・デジカメ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 時事 | 書籍・雑誌 | 経済・政治・国際 | 音楽