カテゴリー「◎美術書・アートブック」の記事

2012/04/18

蔵前仁一「わけいっても、わけいっても、インド」感想。
インドアート探求紀行エッセイ。2012年04月17日読了。

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。

わけいっても、わけいっても、インド

インドの奥地に住む先住民アディヴァシが描くミティラー画。
それを見るため、観光地じゃないインド各地を旅する蔵前仁一夫妻。蔵前氏は出版社「旅行人」の経営者で、雑誌「旅行人」の編集長で、イラスト紀行エッセイスト。

出版社「旅行人」に掲載されている本書の案内

日本にある「ミティラー美術館」公式ホームページ。そこに掲載されているミティラー画と、もう一つの先住民アートワルリー画


世界一周旅行に出発する前に買った本なのに、2年半もほったらかしの積ん読。ようやく読んだ。

本書は半分が写真で、半分がミティラー画のルーツを辿ったりする紀行エッセイ。

インドのコルカタから列車に乗ってビハール州のサマステプルという街に行き、リキシャでバス停に行って、マドゥバニ行きのバスに乗ったけど、川が増水でバスは渡れないから小さなフェリーボートに乗り変え川を渡り、対岸で待っていた乗り合いオートリキシャでラリアスリという街に行き、ここからまたバスに乗ってマドゥバニと言う、ミティラー画発祥の地に着いたのだった。コルカタから19時間の旅だった。

なんていうのを最初の2ページでさらりと書いている。

ビハール州というのはインドの中でも貧しい地域で、マドゥパニでは電線が切れて停電になっても数ヶ月は放っておかれるらしい。でもマドゥパニは停電になれるだけましな地域ともいえる。

と、マドゥパニの人は言っていた。

という、ユーモア溢れる感じで、蔵前夫妻はインドの奥地を「ずんずんずんずん」進んでいく。


本書自体は、インド旅の達人蔵前仁一ですら知らなかった新たなインド(勝手に道案内をしてチップを受け取らない親切なインド人がいるインド)を、魅力たっぷりに紹介されていて、とても面白かったのである。

ただ私はミティラー画という絵画自体にあまり興味を持てなかったため(個人的にはアフリカンアートの方が好みである)、点数をちょっとだけマイナスしてしまったが、インドが好きな人なら堪能できるだろう。


8点/10点満点


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/02

emi nakayama 作品集「RIVET」

★

emi nakayama さんという日本人イラストレーターの作品集。
これを手にしたのは3年くらい前だったのだけど、それ以来、私の一番のお気に入りイラストレーターです。
この人の描く味のある絵を見たらもうぶっ飛んじゃいます。
もっと売れて欲しいんですけどね。

MISCHIEVOUS(ミスチバス)というホームページを主催しているので興味ある人は見てみて。

9点/10点満点



にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/06

「PAPER IN DESIGN」紹介。
紙を紹介する本

PAPER IN DESIGN
ピエ・ブックス 2002/05出版 184p 31cm ISBN:4894441969 ¥16,800(税込)

紙をデザインにどう活かすか、を実例紹介するとともに、実際に紙のサンプルをつけちゃった本。

紙のサンプルは109種類もついており、サンプルと実例を比べながら見ると、デザインの参考になる。とても参考になる。

しかーし、16,800円は高すぎる。会社経費でなく個人の金でこんな本を買う私も私だが、いくら何でも。

で、結局この本を買ってしばらくした後、竹尾(という紙の問屋さん)のミニサンプル集を買ってしまった。こっちは43冊で約4,500の紙サンプルがついていて10,500円。値頃感は十分満腹だが、あまりにもプロ向けすぎて、使い道の判らん紙がようさん入っていて、見ているだけで楽しかったり悩んだり。会社に出入りしている封筒印刷の営業担当に、竹尾の紙扱えるかー、と聞いたら竹尾を知らんとぬかしよった。プロの印刷屋でもそんなもんなのかね。

4点/10点満点(いくら何でも高すぎ)


amazonはこちら

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宣伝会議編「紙とコスト」紹介。
装丁がスバラシイ本

紙とコスト
宣伝会議 2003/10出版 141p 26cm ISBN:4883350932 ¥2,520(税込)

とにかく装丁がスバラシイのです。

シンプルかつ大胆かつ洗練された表紙と帯。
装丁デザインの一つの頂点ではないかと思う。(奥付によると装幀:木下勝弘氏とある)

内容もそれなりに充実しており、奥付には本書に使用されている紙の種類が全て掲載されている。買ってから2年以上経っていると思うのだが、未だ紙は日焼けせず、美本状態のまま。

本好き、装丁好き、紙好きな人たちが、寄って集って採算度外視で作った本、そんな印象を受けます。値段に見合った価値ある本です。

8点/10点満点


amazonはこちら

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「任意の点P」紹介。
レンズ付き3Dイラストブック。

任意の点P
慶応義塾大学/中村至男
美術出版社 2003/04出版 1冊(ペ 20cm ISBN:456850256X ¥2,625(税込)

本にはこんな活用方法があったのね、と唸ってしまう装丁の本。

本書の表紙に、かなりしっかりしたプラスチックレンズが2枚埋め込まれており、その2枚のレンズを通して本書のイラストを見ると、あら不思議、イラストが全て3D映像になってしまうのです。

3D化されたイラストの驚きは、ステレオグラムとか、目が良くなる3Dイラストとかと大差はないのだけど、目を凝らさなくても3Dに見えちゃう(しかも焦点距離が正確だから、誰でも簡単に)のは画期的アイデア。

そのうち気が向いたときに本書の 読み方を写真に撮ります。

8点/10点満点

amazonはこちら

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

渡辺良重・内田也哉子「BROOCH・ブローチ」紹介。
絵本。

BROACH
渡辺良重・絵/内田也哉子・文
リトル・モア 2004/12出版 1冊(ペ 20cmX27cm ISBN:489815140X ¥1,800(税込)

装丁がステキな本を紹介。

本書は絵本だが、本文ページに使われている紙が、辞書に使っているような薄い紙で、常に次のページの絵が透けて見えるのです。今まで見たことがあるようでなかった斬新な装丁の本。ステキです。

手に取る機会があれば、ぜひ一度見てほしい。

7点/10点満点

amazonはこちら

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

00◆成田やトランジット(JFK・パリ・マドリッド) | 01◆ブラジル(サンパウロ・サンルイス・レンソイス・マナウス) | 02◆アルゼンチン(イグアス・カラファテ・ウシュアイア・ブエノス) | 03◆チリ(サンチャゴ・イースター島・バルパライソ) | 04◆ボリビア(ラパス・ウユニ) | 05◆ペルー(クスコ・マチュピチュ・リマ) | 06◆エクアドル(グアヤキル・ガラパゴス諸島) | 07◆スペイン(マドリッド・バルセロナ) | 08◆トルコ(イスタンブール・カッパドキア・パムッカレ) | 09◆ヨルダン(ペトラ遺跡・アンマン) | 10◆シリア(ダマスカス・パルミラ遺跡) | 11◆エジプト(カイロ・アスワン・アブシンベル) | 12◆モロッコ(マラケシュ) | 13◆南アフリカ(ヨハネスブルク・ケープタウン) | 14◆ナミビア(ウィントフック・ナミブ砂漠・スワコプムント) | 15◆ジンバブエ(ヴィクトリアフォールズ) | 16◆ザンビア(側のヴィクトリアフォールズ) | 17◆ボツワナ(チョベ国立公園) | 18◆香港・マカオ | 19◆インド | 20◆フィリピン留学記 | 21◆インドネシア・スラウェシ島・マナド10泊旅行 | ■09年11月からの世界一周の小ネタ | ■09年11月から世界一周! | ■09年11月から世界一周!の準備 | ■09年11月から世界一周!の近況 | ■09年11月から世界一周!参考書籍 | ■2006年夏・ケニアに行く | ■2007年夏・アンコール遺跡に行く | ■2008年1月・ボルネオ島に行く | ■2008年4月・週末海外でベトナム | ■2008年9月・週末海外で台湾 | ■アフリカ | □グインサーガ | □スターウォーズ | □三国志 | ▲スティーヴン・キング | ▲京極夏彦 | ▲佐藤賢一 | ▲北方謙三 | ▲夢枕獏 | ▲大沢在昌 | ▲天童荒太 | ▲宮部みゆき | ▲最早才能が枯渇し駄作家に成り果てた真保裕一 | ▲浅田次郎 | ▲熊谷達也 | ▲神林長平 | ▲福井晴敏 | ▲船戸与一 | ▲貴志祐介 | ▲逢坂剛 | ▲金庸 | ▲隆慶一郎 | △サイモン・シン/青木薫訳 | △下川裕治 | △堀田あきお&かよ | △宮田珠己 | △木村元彦 | △松本仁一 | △石井光太 | △船尾修 | △蔵前仁一 | △高木徹 | △高野秀行 | ◆小説・ミステリ系統 | ◆小説・伝奇小説 | ◆小説・冒険小説 | ◆小説・時代小説・歴史小説 | ◆小説・武侠小説 | ◆小説・純文学・青春小説 | ◆小説・経済小説・現代小説 | ◆小説・SFホラーファンタジー | ◇いわゆる新書 | ◇イスラーム他、宗教 | ◇エッセイ・紀行文 | ◇ガイドブック | ◇スポーツ関連書 | ◇テクノロジー | ◇データブック・記録集 | ◇ノンフィクション | ◇パソコン関連図書 | ◇ビジネス書 | ◇ルポ・ドキュメンタリー | ◇世界についての本 | ◇国際政治・地政学 | ◇実用書・ガイドブック | ◇歴史 | ◇科学 | ◇臓器移植・臓器売買・人身売買 | ◇語学などの勉強本 | ◇雑学・蘊蓄 | ◎写真集 | ◎美術書・アートブック | ●海外作品(原著英語) | ●海外作品(原著非英語) | ★惚れ惚れするほどの駄作 | ☆私の読書累計 | ☆私的10点満点 | ☆装丁がスバラシイ本 | アニメ・コミック | 携帯・デジカメ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 時事 | 書籍・雑誌 | 経済・政治・国際 | 音楽