カテゴリー「◇パソコン関連図書」の記事

2010/10/05

佐々木俊尚「本当に使えるウェブサイトのすごい仕組み」感想。
パソコン関連書。2010年09月30日読了。

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。


本当に使えるウェブサイトのすごい仕組み

プーペガール、アトリエ、アットコスメ、食べログ、Alike、おとりよせネット、Shufoo、クックパッド、スマイティ、リビングスタイル、TSUTAYA DISCAS、filmo、本が好き、ニコニコ動画、まぐまぐマーケット、SPIDER、一休、ポイ探、フォートラベル、iコンシェル、QLife、OKWave、ALL ABOUT、マニュアルネット、発言小町、ウェブポ、エキサイト恋愛結婚

の特長と使い方を書いた雑誌連載をまとめた本。

お役立ち度は高いけど、それだけ。


4点/10点満点


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/29

「DVDコピー 超速マスター」で実践してみる……イライラする。


にほんブログ村 本ブログへ←左のバナーを押し給え。

DVDコピ-超速マスタ-for Windows ― 最新コピ-プロテクトに完全対応映画DVD&地デジC 100%ムックシリ-ズ


この手のムックはたくさん出ているので、私にしては珍しく本屋で立ち読みして、厳選して買ったつもりだったんだけど。

同じようなことが何度も何度も書いてあるから、どれが本当に重要なことなのかイマイチわかりにくい。

まあレンタルDVDを字幕付きで圧縮してパソコンに取り込む、という本来やりたいことは出来そうだからいいんだけどさ。


4点/10点満点


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/06

SNAP!別冊「トイデジLOVERS!」感想。
デジカメムック。2009年03月20日読了。

トイデジLovers!
インフォレスト 2009/03 ¥1,470 (税込)

◆普段はデジカメ一眼でバシャバシャ写真を撮っているけど、トイカメラもけっこう好き。2006年にケニアに行ったとき、4色分解撮影できるカメラを持っていった。ただ、ケニアの大自然みたいな景色の綺麗なところでは、トイカメラの良さはまったく発揮しなかったけど。

◆最近はフィルを使うトイカメラは廃れて来つつあるらしい。まあフィルムがだんだん生産されなくなってきて、手に入らないかつ値段が高くなってきているから、当たり前だけど。そのかわり、トイデジタルカメラ略してトイデジというのが流行ってきているとか。昔買った子供向けの30万画素のデジカメとか、今使えばトイデジっぽく写るのかも。
こんど試してみよう。

◆本書の内容はトイデジブロガーの写真が多数掲載されているのでトイデジ(で撮ること)の魅力もわかり、トイデジテクニックも載ってるし、いま買えるいろんな機種が紹介されている。トイデジに興味があるなら入門書として文句なし。ただこの手の趣味本の宿命として、興味がないならどうでもいい本。しかしこの本、字が小さくて読むのが厳しい。というか、この本の文字が読めないほど急激に老眼が進行してしると思うと悲しくなってくる。


5点/10点満点


にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007/08/16

ひろゆき「2ちゃんねるはなぜ潰れないのか?」感想。
インターネット関連本。2007年08月15日読了。

2ちゃんねるはなぜ潰れないのか?―巨大掲示板管理人のインターネット裏入門
西村博之 /扶桑社 2007/07出版 255p 18cm ISBN:9784594053888 ¥777(税込)


2ちゃんねるの創設者ひろゆきのインタビューを、本人が書いたようにゴーストライターが書いた本。あとがきでひろゆき本人がそうやって書かれた本であることを書いているので、ゴーストライターとは言わないかもしれないけど。

Web2.0ってマイナスイオンと同じ。ちぃとも意味がわからん。
グーグルはたいした技術じゃありません。
ミクシィの株価は高すぎ。
セカンドライフは操作が面倒で苛ついてつまらない。つか、ハビタットと同じ。

など、実に共感できることが書かれている。

くだらない内容が8割、共感できる優れたご意見が2割。
この程度の内容を本にする必要があるのかな。
どこぞのWebマガジンに無料で載せた方が良かったんじゃねえの?


4点/10点満点

amazonはこちら

にほんブログ村 本ブログへブログランキングに参加しております。
バナーをちょこっと押していただけると恐悦至極なり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

00◆成田やトランジット(JFK・パリ・マドリッド) | 01◆ブラジル(サンパウロ・サンルイス・レンソイス・マナウス) | 02◆アルゼンチン(イグアス・カラファテ・ウシュアイア・ブエノス) | 03◆チリ(サンチャゴ・イースター島・バルパライソ) | 04◆ボリビア(ラパス・ウユニ) | 05◆ペルー(クスコ・マチュピチュ・リマ) | 06◆エクアドル(グアヤキル・ガラパゴス諸島) | 07◆スペイン(マドリッド・バルセロナ) | 08◆トルコ(イスタンブール・カッパドキア・パムッカレ) | 09◆ヨルダン(ペトラ遺跡・アンマン) | 10◆シリア(ダマスカス・パルミラ遺跡) | 11◆エジプト(カイロ・アスワン・アブシンベル) | 12◆モロッコ(マラケシュ) | 13◆南アフリカ(ヨハネスブルク・ケープタウン) | 14◆ナミビア(ウィントフック・ナミブ砂漠・スワコプムント) | 15◆ジンバブエ(ヴィクトリアフォールズ) | 16◆ザンビア(側のヴィクトリアフォールズ) | 17◆ボツワナ(チョベ国立公園) | 18◆香港・マカオ | 19◆インド | 20◆フィリピン留学記 | 21◆インドネシア・スラウェシ島・マナド10泊旅行 | ■09年11月からの世界一周の小ネタ | ■09年11月から世界一周! | ■09年11月から世界一周!の準備 | ■09年11月から世界一周!の近況 | ■09年11月から世界一周!参考書籍 | ■2006年夏・ケニアに行く | ■2007年夏・アンコール遺跡に行く | ■2008年1月・ボルネオ島に行く | ■2008年4月・週末海外でベトナム | ■2008年9月・週末海外で台湾 | ■アフリカ | □グインサーガ | □スターウォーズ | □三国志 | ▲スティーヴン・キング | ▲京極夏彦 | ▲佐藤賢一 | ▲北方謙三 | ▲夢枕獏 | ▲大沢在昌 | ▲天童荒太 | ▲宮部みゆき | ▲最早才能が枯渇し駄作家に成り果てた真保裕一 | ▲浅田次郎 | ▲熊谷達也 | ▲神林長平 | ▲福井晴敏 | ▲船戸与一 | ▲貴志祐介 | ▲逢坂剛 | ▲金庸 | ▲隆慶一郎 | △サイモン・シン/青木薫訳 | △下川裕治 | △堀田あきお&かよ | △宮田珠己 | △木村元彦 | △松本仁一 | △石井光太 | △船尾修 | △蔵前仁一 | △高木徹 | △高野秀行 | ◆小説・ミステリ系統 | ◆小説・伝奇小説 | ◆小説・冒険小説 | ◆小説・時代小説・歴史小説 | ◆小説・武侠小説 | ◆小説・純文学・青春小説 | ◆小説・経済小説・現代小説 | ◆小説・SFホラーファンタジー | ◇いわゆる新書 | ◇イスラーム他、宗教 | ◇エッセイ・紀行文 | ◇ガイドブック | ◇スポーツ関連書 | ◇テクノロジー | ◇データブック・記録集 | ◇ノンフィクション | ◇パソコン関連図書 | ◇ビジネス書 | ◇ルポ・ドキュメンタリー | ◇世界についての本 | ◇国際政治・地政学 | ◇実用書・ガイドブック | ◇歴史 | ◇科学 | ◇臓器移植・臓器売買・人身売買 | ◇語学などの勉強本 | ◇雑学・蘊蓄 | ◎写真集 | ◎美術書・アートブック | ●海外作品(原著英語) | ●海外作品(原著非英語) | ★惚れ惚れするほどの駄作 | ☆私の読書累計 | ☆私的10点満点 | ☆装丁がスバラシイ本 | アニメ・コミック | 携帯・デジカメ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 時事 | 書籍・雑誌 | 経済・政治・国際 | 音楽